気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」不機嫌なときにすること。

不機嫌なときにすること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.192 不機嫌なときにすること」

 

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

幸せになることを望み、それに取り組む

不機嫌をちょっと放ったらかしにしておくと、それはすぐに悲しみや怒りに変化する。

アラン先生「幸福論」より引用

不機嫌になること

 

人間は誰でも、生きていれば不機嫌になることもあります。

それが普通です。

 

食べ過ぎたり、寝不足になったり、疲れ切っていたり、病気になったりするからです。

 

でもです。そんな不機嫌な状況を放ったらかしにしているとエライ目に合うようです。

アラン先生の言葉

 

アラン先生はこんな風なことを言っているようです。

 

不機嫌になったら、

することがあるぞ。

これを怠るとエライ目に合う。

あっ!今不機嫌だ!

と思ったら

すぐに思い出して

実践することだ。

不機嫌なときにすることとは、これ!

 

不機嫌なときにすることとは、これです!

不機嫌を放ったらかしにしないこと!

これをないがしろにするとエライ目に合います。

なぜ、放ったらかしがダメなのかな?

すぐ悲観するようなるから

 

不機嫌な状態をそのままにして放ったらかしにしていると、間違いなくそのうち悲観するようになるからです。

 

悲観のループにハマってしまうのです。

ふくカエル

明けても暮れてもネガティブのオンパレードです。

あれ見ても、これ見ても悲観するようになります。

business_minus_man

悲しみに変わるから

 

たとえば、不機嫌を放っておくと悲しみに変化するからです。

hyoujou_text_woman_shikushiku

不機嫌でつらい状況ばかりを気にするので、「どうしてわたしばかり?」と被害妄想が出てくるのです。

 

身の周りを見渡してみると、そうでもないことなのに「そうに違いない!」と決めつけたりします。

妄想ちゃんになるのです。businesswoman4_cry

いくら「そうじゃないよ!」となだめても、脳みそが妄想で汚染されているので効き目がありません。

ふくカエル

強力な洗浄効果のある洗剤で洗わんとムリです。

怒りに変わるから

 

たとえば、不機嫌を放っておくと怒りに変化するからです。

不機嫌でしんどい状況やだるい状況ばかりを気にするので、だんだんイライラしてきます。

 

いっこうに改善されない不調に我慢できなくなって、ついに怒りが爆発するのです。

 

人に八つ当たりをします。

八つ当たりちゃんになるのです。kotoba_bouryoku_mm2うあ、やっ、やめて~な~。

 

どんなに「それ八つ当たりやん!やめて~!」と言っても、エンドレス八つ当たりをぶちかまし続けます。

owareru

ふくネコ

もう逃げるしかありません!

じゃあ、放ったらかしにせず、具体的にすればいいのかな?

希望を持つ

 

こんな不機嫌を放っておくと、そのうち自分を失います。

 

なので、不機嫌を払拭するために希望を持ちます。

 

幸せになることを強く望みます。

 

そして、自分の機嫌がよくなりそうなものを片っ端から見つけて集めます。

それらに取り組む

 

そして、機嫌がよくなりそうなものを見つけてら、すぐに取り組みます。

 

5秒ルールを使うのがお勧めです。

5秒ルールを使う!

 

5秒ルールとは、2017年にメル・ロビンス(Mel  Robbins)さんが提唱した方法で「5Second Rule」といいます。

「何かやらなきゃならない!」と思った瞬間から5秒以内に行動する!

という方法です。

 

「やる気」が出ないときにこの方法を使うと、すぐに行動できます。

 

脳みそは「何かをやらなくては!」と思った瞬間から5秒後に「やらなくてもいい理由や言い訳」を考え出します。

 

脳みそが勝手に理由や言い訳を作り出してくれるのです。

 

脳みそは「やりたい!」と感情のみで動くと危険な場合が多いことを知ってるからです。

 

失敗するとどれだけ自分が傷つくことを記憶しているので

 

今すると後悔するから、しばし待て!」と行動にストップをかけて、危険な場所から自分を守ろうとするのです。

 

なので、ここはシンプルにシンプルに考えます。

 

つまり、脳みそが理由や言い訳を考えるにやってしまうのです。

 

ふくカエル

脳みそが行動にブレーキをかけてしまう前にやっちゃう!

 

STEP.1
すぐにやる!
「さあ、やるぞ!」と思ったら、すぐに行動します。
STEP.2
気をつけることは5秒以内!
このときに気をつけることは、とにかく5秒以内に行動することです。脳みそが理由や言い訳を考える前に行動します。脳みそが作動よりも早く肉体を使って行動します。
STEP.3
ツライのは最初だけ!
どんなに行動するのがツラくても、本当にツライのは最初の5秒だけだと割り切ります。
STEP.4
悩みから解放れる!
やれば、行動しなかったことで後悔にさいなまれ、モンモンとするつらい状態から解放されます。
STEP.5
5秒ルールを習慣化する
この 5秒ルールを続けると習慣化します

 

たしかに、やるまでの5秒は大変ツライですが、行動すれば楽です。

やりたい!

 

と思ったら、5秒以内ですぐ実行すると結構成功します。

【出典:You Tube  TEDx Talks】

 

そうすると、どうなるのかな?

不機嫌が払しょくされる

 

不機嫌が払しょくされるので、機嫌が良くなってきます。

傍観者はダメなことに気づく

 

そして、傍観者の立場でいてもダメなことに気づきます。

 

何もせずそばでただ見ているだけの人には、幸せは舞い込んでこないのです。

 

幸せはそんなに働き者ではないからです。

主役になる方がいいことに気づく

 

むしろ、自ら進んで主役になって幸せに自分の存在をアピールしたほうがいいことに気づきます。

 

幸せになることを望んで、しっかりとそれに取り組めば、自分の中から幸せが湧いてきます。

 

自分の中の幸せが目覚めてきます。

幸せは寛大であることに気づく

 

そして、幸せは寛大であることに気づきます。

 

ちょっとやそっとの不機嫌ぐらいで幸せは逃げたりしません。

 

いつまでも自分の中にいます。

ふくカエル

っていうか、怠けて眠り込んでいます。

ふくネコ

幸せは、眠るのが大好きです。

ふくカエル

叩き起こされるまでずっと眠り呆けているのです。

まとめてみたkerokero

 

  • 不機嫌なときにすることは、いつまでも不機嫌を放ったらかしにしないことです。
  • 不機嫌はすぐに悲しみや怒りに変化してしまいます。
  • ここは幸せになることを望み、すぐそれに取り組むことです。

人間は、生きていれば心身の不調期があるので、不機嫌になることは普通にあります。

 

 

何も不機嫌になるのを「一切やめろ~!」「断固反対!」と言っているわけではないのです。

 

 

ただ、不機嫌になったら、放ったらかしにしてると「エライ目に合うよ!」というお知らせです。

 

うふふ。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。