気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

怒りで我を忘れそうなあなたへ、お知らせしたい「たった1つの方法」

幸福論アイキャッチ1

怒りで我を忘れそうなあなたへ、お知らせしたい「たった1つの方法」

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.3 感情に身をまかせない」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

感情に身をまかせない

つまり、感情が問題を悪化させているのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

怒りはコントロールできないよね

 

怒りって、本当にコントロールできないです。

いったん封を切ってしまうと、止めどめもなく怒りが湧いてきて、どうしようもできないのです。

 

アラン先生は、怒りまくって我を忘れている人は、咳を出るに任せている人と同じだと言っています。

怒りと咳は同じ.

怒りや咳は、自分の意志や思考とは無関係に出てしまう、同じ「反射的な運動だ!」と言っているようです。

 

とは言ってもです・・・。

 

抑えようとしてもできない状態に陥っているのはツライです。

 

やっぱり怒りはよくない感情ですし、

我を忘れるほどの状態なるのは、どうにかしてコントロールしたいものです。

そこで・・・。

カエル風アラン先生の言葉

 

怒りで我を忘れそうなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!kirakira_man

という言葉を想像してみました。

 

アカンぞ~~!

怒りにフォーカスしたらアカンよっ

怒りは、

ほんまに厄介やねん。

 

その怒りが

目の前の問題を

悪化させているかもしれんよ!

 

ここに、

いい方法があるねん。

怒りをちょっと

無視する方法やねんけど。

 

めっちゃ簡単やし。

おすすめ。

この方法を身につけて

「アカン怒りそうや!」

と思ったときに

思い出したらいいよ。

なぜ、怒りに身をゆだねないほうが、いいのかな?

問題を悪化させるから

computer_keyboard_yatsuatari_woman

怒りに身をゆだねて、感情的になると目の前の問題を悪化させる傾向があるからです。

 

怒りによって、冷静さを失うので、

 

問題の解決策や妥協点が、どこなのかを正しく判断できなくなるのです。

 

ふくカエル

怒りで、人生を棒に振ることもあるよね。怖いよ。

周りの人達に伝染するから

 

それに、怒りの感情は周辺の人達に伝染するからです。

ふくネコ

これは誰もが実感するよね。

自然な反応を邪魔をするから

 

また、怒りの感情は、自分の「身体の自然な反応」を邪魔してしまうからです。

 

「身体の自然な反応」とは、

身体が、怒りなどのストレスにさらされると、

なんとかストレスを解消して、回復しようとする身体のメカニズムのことです。

たとえば、こんな反応!

  • 休息・リラックスしようとする
  • エネルギーを取り込もうとする
  • 身体の中のホルモンなどのバランスをとろうとする、など

 

このように、身体が自然に反応して、治癒しようとしているのに、怒りが妨害するのです。

 

ほんまめっさ迷惑よね!pose_ayashii_man

じゃあ、どうすればいいのかな?

 

そこで、です!

 

お知らせしたい「たった1つの方法」があります。

 

それは・・・・、

「正しい所作」を身につけて、思い出す!

ことです。

 

正しい所作を身につけて、怒りで我を忘れそうな状態になったら思い出すようにします。

 

ふくカエル

はい、これだけです!

ところで、正しい所作とは?

 

「正しい所作」とは、身のこなし、振舞い、マナーのことですが、

 

ここでは、自分の怒りを「サラッと上手に受け流す」身のこなし、振舞い、マナーになります。

具体的には、こうしてみる

 

具体的には、理性的な行動をすることです。

 

もちろん、何でもかんでも理性で感情を抑え込むのではないです。

 

ふくネコ

そんなのは無理です。

理性的な自分なら、
どう行動をコントロールするか?

を思い出すことです。

 

怒っていないときの
「普段の自分」だったら、
こんな風にするよな!bikkuriってすぐに気づくことです。

 

そして、怒りで我を忘れそうになるのを思いとどまるのです。

 

まてよ。
普段は、
こんな風じゃ、ないよな!pose_ayashii_manと思いとどまることです。

もっと、平たく言うと・・・

 

もっと平たく言うと、

自分の「怒り」を

「無視する所作」を

身につけることになります!

こんな感じです。

STEP.1
まず、感情を認めてみる
「あっ! 今、自分は怒っているな」と自分の怒りの感情を認めます。 
STEP.2
それ以上触らない!
認めたら、怒りの感情をそっとそのまま放置しておきます。

それ以上、自分の怒りの感情に触れないようにします。

これが非常に大事です。

STEP.3
火に油を注がない!
そして、どんな小さなことでも、怒りの感情をひっかき回すようなことは、徹底的に避けます。

できるなら、さらに、4つのポイントに気をつける!

4つのポイントも気をつけてみる!

 

「怒りを無視する所作」を身につける上で、

できるのなら、さらに、

次の4にポイントに気をつけると、なおいいです。

  1. 余裕を持つ
  2. 普段を意識する
  3. 俯瞰(ふかん)する
  4. 悪い方向へ流さない

1.余裕をもつ

 

まず、自分の怒りに自分の「思考のすべて」を支配されないように余裕を持つようにします。

 

怒りごときで
支配されてたまるか!
口笛吹いている女性と、口笛ふいちゃう!

2.普段を意識する!

 

次に、怒りがないときの普段の身体の動きを意識するようにします。

 

普段の自分に戻れる「ルーティン」を決めておくのもいいです。

普段なら、
ここでお茶を一服すよな!
sadou_school_girl

と、実際にお茶を飲んでみる。

3.俯瞰する

 

また、自分を俯瞰(ふかん)して見る目を持つようにします。

自分を客観的に、
さめ~~た目で見てみる!
sense_gokan_man1_shikakuうわ~怒っとるで!
めっちゃ怒っとるやんか!
と言ってみる

4.悪い方向へ流さない

 

さらに、怒りの感情をなるべく悪い方向へ流さないように気をつけるようにします。

 

アカンで、
怒りを悪い方向へ流すのは
ストップじゃ!
job_kouji_stop2良い方向だけ
流すようにするねん。

 

この4つのポイントを忘れずにいれば、OKです。

たとえば、こんなとき・・・・

怒りで問題を深刻化しそうなとき

 

たとえば、自分の怒りで、目の前の問題を深刻化しそうなときは、

 

怒りそのものを認めつつも、怒りを無視して、問題のみにフォーカスするように努めます。

 

あっつ!今、怒りそうだ!
と思ったらmark_manpu14_aseru

頭の中で、「怒り」を想像上の葉っぱに乗せて、

ikari-happa1

川に流すイメージをするのがおすすめです。

 

「怒りさん達」バイバイ~~~!ikari-happa2

怒りが周りの人達に伝染しそうなとき

 

たとえば、自分の怒りが、周辺の人達に伝染しそうなときは、

 

くしゃみ咳き込みそうになったときと同じことをします。

つまりです。

「心のマスク」をするのです。

 

自分の咳が、できるだけ周りに飛び散らないようにマスクをするように、sick_seki_etiquette4

ふくカエル

公衆でのエチケットです。

 

怒りで我を忘れそうになったときは、

自分の怒りの感情が、周りに飛び散って、伝染しないように、「心や感情」にマスクをするのです。

ふくネコ

「心のマスク」がすぐできるように、いつも「マスク」を持ち歩いておくと安心。

 

具体的には、どんなに怒り心頭に達していても、

 

目の前に他人がいれば、礼儀正しく接するようにします。

 

冷静な自分ならどうするか?

という「正しい所作」を忘れずにいれば、

 

怒りを周囲にまき散らすことは避けられます。

 

そうすると、どうしても怒りが爆発しそうなときには、

 

今、感情的になりそうなので、
一人になりますね。
yokokara_shitsurei2_man

という一言が言えようになります。

ふくカエル

この一言が言えるがどうかで、だいぶん「その後の環境」が変わってきます。

自然な反応を邪魔しそうなとき

 

たとえば、自分の怒りが自然な反応を邪魔しそうなときは、

 

「自分を守るためだ!」と強く意識することで、怒りを無視し続けることができます。

 

せっかく眠れそうなのに、わざわざ怒りを思い出して、

 

目が冴えてギンギンするような「愚の骨頂」をやめることができます。

 

目がギンギンじゃ!sleep_nemurenai_man

どうしても思い出したい衝動に駆られたら、

 

先ほどの「葉っぱに乗せて川に流す」を試みてみます。

 

それでもダメな場合は、「ぐっすり寝てから、明日思い出しても遅くない!」と思うのがおすすめです。

そうすると、どうなるのかな?

自分を守れる

 

まず、このような「正しい所作」を身につけ、

怒りで我を忘れそうなときに思い出すように心がけると、

 

怒りで我を忘れそうな状態から自分を守ることができます。

新鮮な怒りは、暴れることが分かる

 

次に、生まれたてホヤホヤの新鮮な怒りほど、よく暴れることが理解できます。

yancha_itazura_boy

怒りが、生温かいうちは無視して、

 

サラッと流すのが、お利口であることに気づきます。

良い方向へ流すことができる

 

そして、怒りの感情を良い方向へ流すことができます。

 

もちろん、取り方次第によっては、怒りや不安それ自体は有害な感情ではありません。

 

人生の教訓にもなるし、人生を豊かに、味わい深くする感情でもあります。

 

でも、有害になるかもしれない可能性が高い感情なので、注意した方がいいだけなのです。

 

なので、出来るだけ自分の人生を悪い方向へ流れるようなことを避けるのがいいです。

 

有益な感情や反応だけを大切にし、良い方向へ流れるようにすれば、

 

一時の怒りで、人生を粗末にせずにすみます。

まとめてみたkerokero

 

  • 怒りで自分を忘れそうになったら、身を任せないようにしましょう。
  • 怒りは問題を深刻にし、周りの人達に伝染します。
  • 怒りに我を忘れそうになったら、たった1つの「正しい所作」、すなわち、「理性的な自分ならどうするか」を思い出すことです。
  • 具体的には、自分の怒りを無視する方法を身につけ、怒りの感情が悪い方向へ流れないようにします。

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。