気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

感情の「恐ろしい罠」があります。気づいてますか?

幸福論アイキャッチ1

感情には「恐ろしい罠」があります。気づいてますか?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.32 感情の口車に乗らない」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

感情の口車に乗らない

想像より頭の中で生みだされた悩みや感情は、いつも疑ってかかること。

アラン先生「幸福論」より引用

悩みが大きくなったとき

 

最初はちょっとした悩みだったのに、bikkuri

いろいろなことを考えていると、どんどん悩みが大きくなって不安になることがあります。

 

考えなきゃいいのに、さらにどんどん考えちゃうのです。

悩みが深くなって
いくねんよ~~!sick_panic_man

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

と、こんな風に想像してみました。

 

大事なことを知らせるぞ。

感情の罠」にはまるな。

それは恐ろしい罠だ。

失望や不安の底なし沼に

引きずり込まれるぞ。

用心したほうがいい。

恐ろしい罠とは?

それは、これ!

 

恐ろしい罠とは、これです。

 

自分の想像力が生み出す

「不安や感情の罠」です!

実に、おっそろしい罠なのです。

ふふふ・・・kaidan実は、あるんですよ。

どんな罠なのかな?

ドロ沼に引きずり込む

 

感情の罠は、おっそろしい「悩みや不安の底なし沼」に引きずり込むのです。

numa_hamaru_man

底なし沼ですから、一旦ハマると簡単には脱出できません。

 

ふくカエル

とにかくたちが悪いねん

よく、「容姿のコンプレックス」の沼にハマって脱出できない人がいるよ。

ふくネコ

いつも、ため息ばかりの妖怪になるよね。

一番キツイ罠は「絶望の罠」!

 

「不安や感情の罠」の中で一番キツイ罠が「絶望の罠」です。

 

これは、実におっそろしい罠で、よ~~くハマってしまいます。pose_zetsubou_woman

「絶望の罠」は絶えず悪化し、気力を消耗させるので、一度ハマりこむと精神を病みます。

ふくカエル

もう、ボロボロになるよ!

罠にハマると、どうなるのかな?

振り回される

 

まず、想像力が生み出したが不安や感情の罠にハマると、自分自身が振り回されてしまいます。

まともな判断ができなくなる

 

次に、感情の罠にハマって振り回されると、次第に常軌を逸して、まともな判断が出来なくなってきます。

sick_panic_man

人生を損する

 

そして、人生を損することが多くなります。

想像力が生み出した不安や感情の罠が、本当の人生のチャンスを潰していくからです。

 

本当は自分の体調がちょっと悪いだけなのに、

不吉な感じがする
気持ちが悪い
不安だ!sick_samuke

などとこじつけて、絶好のチャンスをドブに捨てたりするのです。

ふくネコ

チャンスを失うから、デメリットが非常に大きいねん。

なぜ、想像力が罠になるのかな?

いろいろ生み出すから

 

想像力は、次から次からといろいろと多種多様な不安や感情を生み出すからです。

そしてどんどん積み上げていきます。

ふくカエル

疲れることを知らないねん。

何度も、何度も生み出しては積み上げることで「大きな罠」を作り出すのです。

ふくネコ

ポコポコ生んでは、ドッサドッサ積み上げるねん。

盛る傾向が強いから

 

それに、想像力は、不安や感情を大げさに盛る傾向が強いからです。

 

大げさに盛ることによって、本体である自分自身を正当化できるからです。

 

たとえば、必死に悩むことで、実は現実逃避している自分を正当化する場合です。

genjitsu_touhi

なので、調子のいい嘘が多分に含まれてきます。

あおるように仕向けるから

 

また、想像力は、不安や感情をあおるように仕向けてくるからです。

 

悲しみは、いっそう深刻になるように仕向けて、悲しむばかりにさせます。

 

後悔は、いっそう大きくなるように仕向けて、再起不能にさせます。

 

悩みは、いっそう闇深くなるように仕向けて、人格を破壊させます。

ふくカエル

どんどん大げさになってくるねん。

そして、説き伏せてくるから

 

そして、常識から外れている言動をとるように説き伏せてくるのです。

 

たとえば、少し頭痛がしているだけなのに、ちょっと調子が悪いだけなのに

 

これは悪い兆候に違いない!urami_woman

と決めつけて「異常な行動」をとるように説き伏せてくるのです。

じゃあ、ハマらないようにするには、どうする?

いつも疑ってみる

 

まずは、「ちょっと不安や感情が不安定だなあ?」と感づいたら、

 

このナーバスな感情は、想像が生み出した「不安や感情の罠」ではないかと疑ってみます。

 

実は自分の体調や状態がすぐれないだけじゃないかと冷静になってみることが大事です。

感情にたやすく乗らない

 

次に、自分の想像力が生み出した悩みや感情にたやすく乗らないことです。

 

乗ると、思い込みがいっそう深くなる「感情の罠」にまっしぐらになります。

敏感になり、我慢する

 

そして、自分の体調不良や状態に敏感になり、少々の痛さや不調は悩むほどではないと深刻にならないようにします。

 

そして、あまり神経質にならずに静観して、痛みが去るのを我慢します。

 

ふくネコ

激痛は我慢しちゃダメだよ!ちゃんと病院に行ってね!
同じ頭痛でも!

同じ頭痛でも、手足のしびれや嘔吐をともなったり、

ろれつが回らなかったりしたら、速攻救急車ですよ!

tsuuhou_119_kyukyu

そうすると、どうなるのかな?

絶望せずにすむ

 

自分の想像力が生み出した不安や悩みや感情の罠にハマらずに過ごせると、無駄な絶望せずにすみます。

まとめてみたkerokero

 

  • 想像力が生み出す悩みや不安などの感情には「恐ろしい罠」があります。
  • 「恐ろしい罠」にハマると簡単には抜け出せず、悩みや不安が深刻なことになります。
  • すべては、自分の想像力が生み出していることに気づいて、罠にハマらないようにするのが肝心です。

 

自分の想像にすぎないのに、

絶望するほど無駄なことはないと思うのです。

 

架空のことで絶望する暇があったら、そこからチャレンジするほうが人生のメリットがあります。

 

たとえ、現実に絶望するぐらい失敗したとしても、

 

その失敗を活かすことで、人生立て直したほうがいいです!

 

そのほうが、失敗のデメリットを少しでも帳消しできると思うねん。

 

想像にすぎないアホらしい絶望するより、チャレンジだよ!

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァートゥエンティワン)によりました。