気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

悲しみの翼はもぎとるに限るのです。

幸福論アイキャッチ1

悲しみの翼はもぎとるに限る

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.35 悲しみの翼はもぎとる」

悲しみの翼をもぎとる

そんな翼はもぎとってしまえばいい。

そうすれば悲しみはもう這いつくばるしかない。

アラン先生「幸福論」より引用

悲しいとき

 

とんでもなく悲しいときがあります。

 

たとえば、絶望したときです。悲しい気持ちがとめどなく溢れてきます。

pose_zetsubou_man

まるで泉のように。

 

あなたはどうやってこの「悲しみ」に対抗していますか?

カエル風アラン先生の言葉

 

悲しいときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

と、想像してみました。

 

人生を生きていれば、

悲しいことが必ずあるよ。

ツライよね。

 

人は、

悲しみを感じると

ついつい悲しみに翼を

与えてしまうんだ

悲しみ翼

そして、

悲しみを美しく仕立てて、

空に舞い上がらせようとする

イヤイヤでも目に入る。

だから

悲しみに

翼を与えてはいけない。

翼はもぎとるに限るよ。

なぜ、翼をつけるとダメなのかな?

まず、捕まえられないから

 

まず、「悲しみ」に翼をつける解き放つと、簡単に捕まえることができないからです。

 

翼をつけて自由になった「悲しみ」は、あちこち飛び回ってしまい、簡単にコントロールできなくなります。

ふくカエル

収拾つかなくなるのです。

次に、いやいやでも目に入るから

 

「悲しみ」に翼をつける解き放つと、いやいやでも目に入るからです。

 

どれほど見ないようにしても、顔を上げれば空に「悲しみ」が舞い上がっているので目に入ってしまうのです。

 

否応なしに「悲しみ」意識してしまいます。

ふくカエル

目の前でバタバタ羽ばたかれてしまうと、

ふくネコ

どうしても目についちゃうねん。

 

ちなみに、空を「意識の空」として考えると、次のような感じになります。

悲しみの翼2

じゃあ、どうすればいいのかな?

考えすぎない

 

まずは、「悲しみ」を考えすぎないようにします。

 

考えすぎると「悲しみ」に翼が生えてしまうからです。

美化しない

 

次に、「悲しみ」を美化しないようにします。

 

「悲しみ」にいろいろな色をつけて脚色してしまったり、

enogu_colorful

「悲しみ」を美しいヒロインに仕立て上げることを止めます。

 

人はどうしても、悲しみを美化してしまいがちになるのですが、一切やめます。

翼をもぎとって、ダンゴムシにする!

 

さらに、「悲しみ」から翼をもぎとって、「悲しみ」を空に舞い上がらせないようにします。

 

ふくネコ

すぐさま翼をもぎとって虫にしちゃいましょう!

 

こうなったら、ダンゴムシにするのです。bug_dangomushiダンゴムシにすれば、

下を向いて見ない限り、視界から消えます。

ダンゴムシが苦手な人は、意識して避けるので永久に見なくなります。

 

このダンゴムシにする方法ですが、「悲しみ」を忘れるには、持ってこいの方法なのです。

そうすると、どうなるのかな?

視界から消える

 

まず、翼をもぎとってしまえば、「悲しみ」は足元にいるけれども、自分の視界から消えます。

忘れることができる

 

視界から消えれば、徐々に「悲しみ」を意識しなくなるので、いつの間にか「悲しみ」を忘れることができます。

 

「悲しみ」の束縛から解放されて、「自分の時間」が自由になります。

まとめてみたkerokero

 

  • 「悲しみ」に翼をつけて、空に羽ばたかせて美化しないことです。
  • 「悲しみ」の翼はもぎ取るに限ります。
  • いろいろな苦手な虫にして地上を這いつくばるようにしたほうがいいです。
  • 視界から消え、忘れることができます。

今回は「悲しみの翼」としてお知らせしましたが、

 

人は、自分の「悲しみ」にいろいろな装飾をつけて、美化しちゃうことがあります。

ふくカエル

悲劇のヒロインぶっちゃうねん。

 

自分が、「悲しみ」に酔っているな!

あたし、可哀そうなの!
pose_burikko

と思ったら、

今、えげつない翼が
生えてきてる!変な翼

と思って、「悲しみ」を全部ダンゴムシにしちゃいましょう。

bug_dangomushi

「悲しみ」に囚われないようにする最初の行動として最適です。

 

バカにせず、「悲しみ」は全部ダンゴムシにする!
これが一番よ~~~~~!

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。