気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

悲しみの中に美しさを求めてはいけないのです。

幸福論アイキャッチ1

悲しみの中に美しさを求めちゃダメです。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.37 嘆きも悲しみも、すぐに消えてなくなる」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

悲しみを尊ばない

「悲しみはけっして崇高なものでも、美しいものでも、有用なものでもない」と。

アラン先生「幸福論」より引用

悲しみは美しいのか?

 

人は「悲しみ」の中に美しさを求める傾向があるみたいです。

 

美談として語り継がれていくのは、たいてい悲劇です。

onono_komachi

日本語にも「もののあわれ」という言葉があります。

 

「悲しみ」やしみじみとした情感の中に「美しさ」を見つけて、深く感動することです(ちなみに、これはふくカエルの解釈です)。

 

いろいろな悲しいことを「なんとまあ!」と感じ入るのです。

「源氏物語」を読むと、「あっぁ~何でこうなるん!」「なんでこうなん?」「あ~」ってなるよね。

ふくカエル

たしかに日本独特の感性かもしれません。

 

また、チャップリンさんも名言を残しています。

「美しさの中には、必ず悲しみがある」

 

どうやら、「悲しみ」と「美しさ」はとても近いようです。

 

でもです。

 

だからと言って、自分が本当に悲しいときに、そこに美しさを求めるのは、なんとなく不健康な気がしませんか?

 

ふくカエル

「悲しみ」でお肌がボロボロやのに、どこが美しいねん!と思てまうねん。

ふくネコ

きっと美しいのは、ドラマの女優だけやで!

 

問題なのは、自分の「悲しみ」に酔ってしまって、

ふくカエル

ドラマの見過ぎなのか、

自分を女優か何かのように振舞ってしまうことです。

ふくネコ

悲劇のヒロインになり切ってしまうねん。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

interview

と、想像してみました。

 

悲しいときに

美しいなんて言っとったら、

エライ目にあうで。

どんどん「悲しみ」を尊ぶと

「悲しみ」が増えてしまって

簡単に消し去ることが

できなくなるねん。

舐めとったらアカンで。

昔から偉くて賢い人は、

そんなことせえへんねん。

「悲しみ」に美しさを

求めるなんて

自分の希望の光を

消し去ることやからね。

なぜ、悲しみに美しさを求めちゃダメなのかな?

離れられなくなるから

 

まずは、「悲しみ」に美しさを求めるようになると、どんどん「悲しみ」から離れられなくなるからです。

 

たしかに、最初は悲劇のヒロインになり切って、うっとりしてしまいますが、

 

そのうち、どんどん「悲しみ」にどっぷり浸かってしまい、終いには抜け出せなくなります。

 

これは、精神的にツラい状況です。

前向きな気持ちが消滅するから

 

次に、「悲しみ」に美しさを求めるようになると、どんどん前向きな気持ちが消滅するからです。

 

どんどん後ろ向きな思考パターンになり、思考のバランスが崩れてきます。

 

いざ正念場になって

前向きな気持ちを奮い立たそうとしても、すぐには出てこなくなるのです。

 

「悲しみ」を手放さない状態がこのように続くと、

 

「悲しみ」が、前向きな気持ちを自分から根こそぎ吸い取ってしまいます。

 

そんなことあらへんやろ!bakanisuru

な~~んて言っていると、とんでもない目にあいます。

 

のほほんと構えていると、

 

希望など前向きな気持ちを全部吸い取られて、相当に干からびてから、やっと気づくのです。

 

こうなったら、
時すでに遅しやからね。tamashii_nukeru_woman

じゃあ、どうすればいいのかな?

自分に言い聞かせる

 

まず、「悲しみ」に美しさを求めないように自分に言い聞かせます。

ふくカエル

とことんね!

悲劇のヒロインを気取っても何の得にもならないことをこんこんと言い聞かせるのです。

ふくカエル

悲劇のヒロインになったからと言って、美人になるわけないねん。

そして、次の3点を頭の中に叩き込みます。

  • 「悲しみはけっして崇高なものではない」
  • 「美しいものでもない」
  • 「有用なものでもない」

喜びの美しさを探す

 

そして、「悲しさ」の美しさよりも、「喜び」の美しさを探すようにします。

 

たとえば

「死」の悲しさに美しさを求めるよりも、

「生きる」喜びに美しさを求めます。

「不安」の悲しさに美しさを求めるよりも、

「希望」の喜びに美しさを求めます。

そして、自分の喜びを育んで、自分にとっての「明日の希望の光」を絶やさないようにするのです。

 

悲劇のヒロインを気取るよりも、希望のヒロインを気取ったほうが、絶対にいい人生を歩むことができます。

 

これって、
偉大で賢い人が伝えてきた
秘訣なのです。pose_kiri_man賢い人はみんな
こうしているらしいねん。

そうすると、どうなるのかな?

喜びが、悲しみを消し去ることに気づく

 

  1. 「悲しみ」に美しさを求めないようにして
  2. 悲劇のヒロイン気取りにならないように努めて、
  3. 代わりに「喜び」に美しさを求めるように心がけていると、

 

「喜び」が、自分の「悲しみ」が消し去っていることに気づきます。

ふくカエル

「悲しみ」を完全に突き放すことができるねん!

ふくネコ

これが一番有益なことやと思います。

内向きから外向きになる

 

それに、内向きな思考パターンが、外向きの思考パターンになってきます。

 

つまり、ネガティブからポジティブになってくるのです。

 

これは、自分の関心事が「悲しみ」から「喜び」に変わるからです。

まとめてみたkerokero

 

  • 「悲しみ」の中に美しさを求めたくなりますが、やめたほうがいいです。「悲しみ」の呪縛から抜け出せなくなるからです。
  • 「悲しみ」に美しさを求めるよりも「喜び」に美しさを求めるのがいいです。これは偉大な賢人の秘訣です。
  • 「喜び」は明日の希望の光になります。

 

jewelry_tiara

「悲しみ」を宝石にしたくなる気持ちはよく分かります。

実際に美しい部分もあるからです。

 

でもです。

「悲しみ」を宝石にしてはダメです。

「悲しみ」は、すぐに宝石にはならないからです。

ふくカエル

長い年月がかかります。

 

これに対して、今すぐ宝石にできるものは「喜び」です。

 

「喜び」は、ほとんどのものがすぐに宝石になります。

 

「人生の喜び」をすべて宝石に変えてどんどん集めるのがいいです。

ふくネコ

これはお勧めね!

 

そして、そして「喜び」の宝石を集めている間に

「悲しみ」をこっそり熟成させておいて、

最後に「大きな宝石」にするのが正解のような気がします。

 

と思うねんよ。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァートゥエンティワン)によりました。