気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

悲劇から確実に脱出する方法とは?

アイキャッチ画像

悲劇から確実に脱出する方法とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.45 幸福を演じる」

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

幸福を演じる

それは幸福を演じるチャンスであり、こうした喜劇のおかげで悲劇から確実に救われるのである。

アラン先生「幸福論」より引用

毎日が悲劇は、苦しい

 

  • 激しい怒り
  • 反抗心
  • 悲しみ

などが充満して「毎日が悲劇」になっているときは苦しいですよね。

 

思春期の反抗心を思い出してみると、本当に苦しいものでした。

 

成長期でホルモンのバランスが崩れまくって、いつもイライラしていました。

 

なんでもかんでも突っかかってました。pose_sugoi_okoru_woman

まったくもって自分をコントロールできないのです。

 

さらに、

なんでもかんでも事に触れては、自分を「悲劇の主人公」にしてました。

businesswoman4_cry

今から思うと、自分自身が実に不可解で不思議すぎる存在でした。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんな「毎日が悲劇」でたまらないときに、もしアラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!kirakira_woman

と、いろいろと想像してみました。

生きていれば

悲劇に遭遇することがある

人生、思い通りにならないことが

多いからだ。

人生は、

悲劇の方が多いかもしれない。

でもだ。

悲劇ばかりでは、

自分の人生を

台無しにする。

撃退したほうがいいぞ。

ここにいい方法がある。

確実に悲劇から脱出できるぞ!

確実に脱出できる方法とは?

方法とは、これ!

幸福を演じる(喜劇を演じる)

ことです。

へっつ?shinpai_woman

「こんなんで悲劇から脱出できるの? 」「それも確実に?」って思いますよね。

 

でもです。できるのです。

幸福を演じるとは?

 

ちなみに、幸福を演じるとは礼儀正しくふるまうことです。

 

礼儀正しくふるまうには、幸福で心に余裕がないとできないふるまいだからです。

 

自分自身のことでいっぱいいっぱいで余裕のない人は、

 

たいがい不機嫌で、礼儀を忘れていることが多いもんです。

なぜ、脱出できるのかな?

強い影響力があるから

 

まず、礼儀正しくふるまうこと自体に、強い影響力があるからです。

  • 効果
  • 利点

があります。

この効果と利点が、考え方をガラリと変えます。

まず、こんな効果

 

まず、不機嫌を撃退する効果があります。

 

礼儀正しくふるまうためには、優しく親切にならないとダメです。

 

優しく親切になろうとすれば、これに相反する「自分の不機嫌」を必然的に追い払うことになります。

ふくカエル

優しさや親切と「不機嫌」は、同時に表現できひんねん。

 

たしかに「ぶっきらぼう」という状態もありますが、

でも「ぶっきらぼう」には、礼儀正しさがないのです。

次に、こんな利点

 

次に、強力なストッパーになるという利点があります。aisatsu_arigatou

柔らかい物腰やニッコリ笑うという礼儀正しい仕草が、

  • 激しい怒り
  • 反抗心
  • 悲しみ

などを表現するスキを与えないのです。

ふくカエル

表現するスキを与えてくれないのです。

 

そもそも、礼儀正しく、優しく親切にふるまっている最中に、イライラしたり、激高するなんてことはできないです。

ふくネコ

あり得へんよね。

 

そのような言動は、「礼儀の道」から外れて非常に無礼なことになりご法度だからです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

幸福を演じるためには・・・

 

まず、「幸福を演じるとは、礼儀正しくふるまうことだ!」とお知らせしました。

 

礼儀正しくふるまうとは、具体的には、

  • 優しくする
  • 親切にする
  • 相手のことを思いやる余裕をもつ
  • 物腰柔らかにする
  • 穏やかな言葉をつかう
  • 何ごとに対しても動揺しない・慌てない
  • ニッコリ笑う、など

のことです。

別に、「これこれで、成功してん!」な~んて自慢したり、大風呂敷を敷くのではないのです。

 

幸せじゃないとできない、気持ちに余裕がないとできない、ふるまいをするのです。

 

たとえ、少々ツイてなくて不機嫌であっても、幸福であるかのように演じちゃうのです。

ふくカエル

ほんまはツイてなくても、「そんなことないよ!」と楽しいフリをする!

ふくネコ

ちょっと喜劇が入るけどね、気にしない。

ふくカエル

喜劇が悲劇を追い出すねん!と考えれば大丈夫!

チャンスをつくる

 

次に、幸福を演じる場所チャンスを積極的に作ります。

たとえば、

  • 社会活動
  • 雑談
  • 行事
  • パーティー

などに積極的に参加してみます。

場数をこなす

 

そして、幸福を演じるチャンスを増やし、場数をこなしていきます。

そうすると、どうなるのかな?

悲劇から確実に脱出できる

 

できるだけ幸福を演じて、また演じるチャンスをつくることで、悲劇から確実に脱出することができます。

 

フリをすることで、本物になっていく感じです。

幸福を演じる行動が、習慣になって、

いつの間にかその習慣が、自分の考えや性格になっていきます。

自分の考え方が変われば、おのずと幸福がやってきます。

ふくカエル

習慣が運命になるねん。

ふくネコ

マザー・テレサさんもおっしゃってます。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

 

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

 

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

 

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

 

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

まとめてみたkerokero

 

  • 悲劇から確実に脱出する方法は、幸福を演じることです。
  • 幸福を演じることには強い影響力があるからです。
  • 不機嫌を撃退する効果と激しい怒り・反抗心・悲しみなどの感情を排斥する利点があるからです。
  • 幸福を演じていると、本当に幸福になってきます。

 

たしかに、自分が不機嫌なのに幸福を演じることについて、最初は違和感を感じます。

 

わざわざ嘘をつくような、偽りを演じているように感じるからです。

 

でも、幸福を演じることで、だんだんと本当に自分に余裕が出てきて、

気づくと自分が本当に幸福になっています。

嘘だと思うでしょう?

ほんとやねんよ~~~。ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァートゥエンティワン)によりました。