気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

仕草には、自分の感情や内面がハッキリと現れるので注意してね。

アイキャッチ画像

仕草には、自分の感情や内面がハッキリと現れるので注意してね

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No.47 仕草には、自分の感情や内面がハッキリと現れるので注意してね」

しぐさには感情があらわれる

しぐさには、一時の感情のすべてがさらけだされてしまうのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

意外に周囲は敏感

 

何かをするときに、

ちょっとした「動作」「身のこなし」「仕草」に、その人の「感情」や「内面」がハッキリと見て取れて、

 

その人の「動作」や「身のこなし」、「仕草」にドッキリして感動したり、

キュン!heart_inuku_man

逆にイライラしたりします。

むっか~!モヤモヤ男性

たいがいの人は、自分の「動作」「身のこなし」「仕草」に無頓着なのですが、

 

意外に意外に周囲は、敏感な反応を示すことが多いのです。

 

アラン先生の言葉

 

この「仕草」ですが、アラン先生は次のように注意喚起してます。

 

仕草をバカにしちゃいけない。

仕草にはその瞬間の

「生の感情」「自分の内面」が

もろに現れているぞ。

 

自分のいやらしい

「感情」や「内面」が

さらけ出していることに

気づいたほうがいいぞ。

 

自分が想像していたより

仕草が自分の陳腐さを

暴露していることに

早く気づいたほうがいい。

なぜ、注意したほうがいいのかな?

ハッキリと現れているから

 

「動作」「身のこなし」「仕草」には、その人の、その時々の「生の感情」や「内面」がハッキリと現れているからです。

 

中には、本来隠さなければならない「敵対心」「嫌悪感」もハッキリと表面化してたりします。

 

これは
「敵対心」通り越して、
「藁人形」になっちまってます。urami_womanくぬ~、許さん!

 

自分のアタマの中では、うまく隠しているつもりでも、

 

口角や頬の筋肉、動作などの「仕草など」にハッキリと表れているのです。

 

たのしい感情であればハッキリと現れてもいいですが、

 

次のような顔は、相手をただただ不愉快にするだけなのです。

 

これはあかんやつ。

どや顔をする男性

相手を見下している感情が
モロ見えなのです。

 

その他のハッキリ現れている例

 

無意識にする「仕草など」に、自分の「感情」や「内面」がハッキリと現れているその他の例があります。

 

たとえば、生理的嫌悪感を感じたときは、思いっきり「吐きそうな仕草」として、現れています。

 

うっつ!吐きそう!sick_hakike_kimochiwarui_woman

 

たとえば、怒りで震えているときも、どんなに隠そうとしても「メラメラ仕草」として、ハッキリと現れてしまうのです。

 

くぬぬぬ~!pose_sugoi_okoru_woman

 

さらに、驚いたときもそうです。

 

くわっつ!
リアクション芸人のように
驚いちまった。

 

こんな風に目は出ませんが、口は大きく開いてたりします。

 

さらに、不味(まず)い食事をしたときも、「のの字マークの仕草」として、ハッキリと現れちゃいます。

 

予想以上に表情にハッキリと出ているのです。知らないのは本人だけです。

 

うっ。ぐぇ~。まずい少女

本人は無頓着だから

 

このように周囲に「自分の感情」「内面」をハッキリとさらけ出しているのですが、

 

意外と本人は、「仕草など」に無頓着であることが多いからです。

 

気づかれていないと思っている人も中にはいます。

 

ふくカエル

本人だけが知らないのよね。

 

なので、「仕草など」には注意したほうがいいのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

動作や身のこなしに気をつける

 

まず、何気なく普段とっている自分の「動作」「身のこなし」「仕草」に気をつけることです。

 

特に気を抜いているときこそ、注意したほうがいいです。

 

瞬間の「自分のいやらしい感情」が表に出ていないかに注意します。

 

注意すること

  • 目つき
  • 顔の表情
  • 手の仕草
  • 声や使う言葉
  • 所作、動作など

 

 

こんな感じになってない?

  • 人を見下している目つきをしてない?
  • 「しっ、しっ」というような横柄な態度をとっていない?
  • 恐ろしくて怖い、おどろおどろしい声になっていない?
  • モノを投げ置いたり、粗末な扱いをしていない?など

 

常日頃からチェックしておく

 

次に、常日頃から自分の「動作」「身のこなし」「仕草」をチェックして、修正しておくことです。

 

自分が想像していた「仕草など」と

 

世間が感じる「印象」とでは、かなり食い違うことがよくあるからです。

 

本人で良かれと思って振舞っていた「仕草など」が、世間では、非常に滑稽で陳腐なことがあるのです。

 

たとえば、好感度をもたれようとして、ワザとらしくなっていないかチェックしてみます。

 

いやだ~。うふ。pose_burikko世間では

これは、すごく
うっとおしいやつです。

 

たとえば、人を非難する態度にも、内面の浅ましさが出ていないかチェックしてみます。

 

口で言っている以上に「おのれのいやしい内面」が出ていないかに注意してみます。

 

おめえ、アホだろう?

おめえさんのほうが、
もっとアホじゃねえのか?
いやしさ満開だぞ。

 

人を見下している目つきは、直ぐにできる目つきではありません。

 

実は、板につくまでに何年もかかる目つきです。

 

今まで、自分の「仕草」をチェックして直さなかったツケがまわってきている感じです。

仕草をチェックしていくと、どうなるのかな?

さらけ出さないようになる

 

「仕草など」をチェックして修正していくと、だんだんと「自分の感情」や「内面」をさらけ出さないようになってきます。

 

「生の感情」や「内面」が周囲にバレバレだった「仕草など」を封印することができるからです。

 

こんな恥ずかしいことは、
すぐ直すに限るよ。sekimen_man

内面も洗練されてくる

 

また、「仕草など」をチェックして修正することによって、「自分の内面」も洗練されてきます。

 

でん!
どうだ、この内面の美しさfigure_ta-da

まとめてみたkerokero

 

  • 仕草には、自分が想像している以上に「自分の感情」や「自分の内面」が現れています。
  • 自分だけが気づいてないことが多々あります。
  • 仕草には注意したほうがいいのです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。