気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

深刻な状況になったときほど、したほうがといいこと。

アイキャッチ画像

深刻な状況になったときほど、したほうがといいこと。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No49 あくびをする 2」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

あくびをする 2

反対にあくびは、命の叫び、言うなれば健康を回復することであり、深刻な状況への拒絶反応のあらわれである。

アラン先生「幸福論」より引用

深刻な状況は、伝染するねん!

 

  • 慎重な態度
  • 不安な感情
  • 心配そうな態度

これらって、み~~んな病気のように伝染します。

 

インフルエンザみたいやねん!
sick_kansensyou

ふくカエル

たしかに伝染するねん。

ふくネコ

発表会の時とか、誰かがドキドキすると、み~んな緊張してくるねんよ。

でも、これが非常に深刻な状況になったときは困ります。

カエル風アラン先生の言葉

 

深刻な状況に陥ったときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

と、いろいろ想像してみました。

君にも、

深刻な状況が起きたのかい?

そりゃ、大変だ。

そんなときには

したほうがいいことがある

いたって簡単な方法だが、

つい忘れてしまうものだ。

だが、効果はあるぞ!

したほうがいいこととは?

ずばり、これです!

あくびをする!

ふくネコ

「あくび」でっか?

ふくカエル

はい!そうです。

なぜ、「あくび」をするといいのかな?

健康を回復できるから

 

まず、「あくび」は、その場ですぐに健康を回復することができるからです。

 

「あくび」によって酸素を取り込み、それを全身に行き渡らせることで、ある程度の健康を回復することができます。

 

ふくネコ

血液の循環を良くするよね!

ふくカエル

コツをつかめば、即座にリラックスすることができるねん。

拒絶反応になるから

 

次に、「あくび」は拒絶反応になるからです。

 

深刻な状況へ陥りそうなときに、

 

あっつ!貴重してるやんか!
これはヤバイ!dame_man早く緊張を解かなアカン!
あくびやあくび

といった感じで、緊張が状況をますます悪化しそうなときに、「あくび」が反応して身体の力を抜いて緊張を解くようにします。

ふくカエル

緊張するのをやめろ~!という警告でもあるねん。

アピールになるから

 

それに、「あくび」は次のようなアピールになるからです。

 

これ以上状況を悪化しないようにするために、

  • 神経質になる
  • 大げさになる
  • 極度に緊張する

ことを一切やめて「全く気にかけないで平気でいます!」というアピールです。

 

みんなよく聞いてな!
ぼくは一切動揺し~ひんで!
pose_kiri_man

ふくカエル

言葉なき「あくび」による宣言です。

周囲の人たちは、

あの人すごい、こんな状況で
「あくび」できるなんて、
だだもんじゃない!bikkuri_me_tobideru_woman

ってなる。

じゃあ、どうすればいいのかな?

とにかく、あくびをしてみる

akubi_utsuru調子が悪いときや深刻な状況になりつつあるときこそ、とにもかくにも、まずは「あくび」をしてみます。

 

たしかに、無理やり「あくび」をすると最初は不自然ですが、

 

だんだんと本物の「あくび」になってきます。

 

すると、本当に力の入りすぎた身体の緊張がとけてくるので、身につけておくと損はないです。

そうすると、どうなるのかな?

深刻な状況を断ち切れる効果

 

まず、「あくび」をすることで深刻な状況が伝染するのを抑えることができます。

 

たとえば、「緊張」「不安」「恐怖」などの「負の感情」「負の態度」は人に伝染します。

 

なので、これらの伝染を遮断できる効果は非常に大きなものです。

安堵感の効果

 

次に、「あくび」をすることで安堵感を覚えることができます。

 

この安堵感を覚える効果もまた非常に大きなものです。

 

安らぎは、新たな「勇気」や「活力」を自分から奮い立たせることができるからです。

それに人にも伝染する

 

さらに、「あくび」による次の2つの効果は、他人の伝染します。

  1. 深刻な状況の遮断効果
  2. 安堵感の効果

「あくび」が実際に伝染するように、この2つの効果も伝染していきます。

 

「笑い」が伝染して笑顔が増えるように、「あくび」が伝染して、深刻な状況を撃退して安堵感が増えます。

まとめてみたkerokero

 

  • 深刻な状況に陥ったときには「あくび」をしたほうがいいです。
  • 「負の状況」「負の感情」「負の態度」を断ち切ってくれます。
  • 安堵感を与えてくれます。

 

緊張した状態では、なかなか「あくび」をすることに思いつかないですが、

やると効果があります。

 

深刻な状況を断ち切って、安堵感を手に入れたいのなら、最初から「あくび」で乗り切るのも一つの手やねん。

 

緊張した場面で「あくび」をしている人を見つけたら、

 

「あり得へんわ~!」

「ふざけとんちゃう?」

 

と思うのはやめて、自分も「あくび」に伝染してみるのがいいです。

 

「あくび」して涙が出たりすると、本当に緊張しているのがアホらしくなるんねんよ。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。