気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

本物の愛情は、自分で作り出す。

アイキャッチ画像

本物の愛情は自分で作る!

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No.56 本物の感情は自らつくりだす」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

本物の感情は自らつくりだす

本当の礼儀正しさとは、なにをすべきかを自ら感じとることだ。

アラン先生「幸福論」より引用

愛は直感なのかい?

よく、

「一目惚れなの~!」kirakira_man

と言っている人を見かけると、

はっ?
さよか、ようございましたな。

と冷めて感じるときがあります。

そもそも、一目惚れってやつは「愛」なのですか?

と思っちゃう。

 

人生の大先輩に

「愛は直感よ!」とおっしゃっている方がいますが、

 

そもそも、直感ってやつは「愛」なのですか?

と、真剣に悩むことがあります。

 

「一目惚れ」や「直感」が、

そのまま「永遠の愛」「本物の愛」になるわけないじゃろ?

 

んなぁ~わけないやろう?pose_ayashii_man

と思うのです。

ふくカエル

そんな考え方、ちょっと傲慢じゃね?

とも思っちゃう。

途中で事件が起きたら、どうするのかい??

 

「途中で『事件!』が起こったらどうすんだ?」とも思うのです。

ふくカエル

途中でもっと好きな「別の人」が現れることって、普通にあるやん?

ふくネコ

別の「一目惚れ」や「直感」が出てきたらどうするねん。

と思っちゃう。

間に、なんかあるのかな?

 

「一目惚れ」や「直感」と「本物の愛」の間に、なんかあるんじゃないの?

思うのです。

介在するもの

カエル風アラン先生の言葉

 

もんもんとしているときに、アラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

と、いろいろ想像してみました。

 

そうやねん。

「一目惚れ」や「直感」という

たしかに「一時的な衝動」

もあるねん。

でもな「本物の愛」は、

そんな衝動とは

ちょっと違うねん。

そもそも、本物の愛は何が違うのかな?

違うところとは、これ!

本物の愛は自分で作り出すもの!

「本物の愛」は、ある日突然目の前に出てきて、ぶち当たるものではないのです。

 

一つ一つ作り出すものなのです。

なぜ、作り出さないとダメなのかな?

自然にあるものじゃないから

 

実は、「本物の愛」は自然にあるものじゃないからです。

 

山や川、草、木などの自然じゃないのです。

ふくカエル

「本物の愛」というものが、最初からあるわけじゃないねん。

「本物の愛」は、既製品のようにあらかじめ作られているのではなく、

 

一つ一つ自分で作り出さなければならないオリジナルなものです。

誰も作ってくれないから

 

次に、「本物の愛」は誰も作ってくれないからです。

 

自分で作り出さないといけないし、作り出さないといつまでも存在しないことになります。

「愛は金で買える」という豪語する人もいます。

 

たしかに、お金で相手の興味を引くきっかけがつかめたとしても、

 

自分の愛を「本物の愛」を育て上げるのは、やっぱり自分自身です。

本物の感情(喜怒哀楽)も、また同じ

 

また、自分で作り出すべきものは、なにも「本物の」だけじゃないです。

 

「本物の感情」もまた同じです。

 

喜んだり

怒ったり

悲しんだりhyoujou_text_woman_shikushiku

楽しんだりkafun_sukkiri_woman

とずい分と自然なものと考えがちですが、これらは全部自分で意識して作り出している感情なのです。

 

自分がいる状況に「一番適した感情」を作り出して当てはめています。

 

自分の最適な感情を当てはめることで、自分を安心させているのです。

自分のあるべき姿を
見つけて安心するの!
pose_anshin_girl

じゃあ、「本物の愛」を作り出すにはどうすればいいのかな?

「何をすべきか?」を感じる

 

まず、自分が「今すべきことは何か?」を感じとることです。

 

そして、礼儀正しく接します。

  • できるだけていねいであろう
  • 控え目にいよう
  • 正しくあろう

と心がけて、正しく愛したり、感情を表現します。

 

自分があるべき「正しい愛」を作り出していきます。

一時的な衝動を克服する

 

次に、たとえ一時的な衝動が芽生えたとしても、努力して克服するようにします。

 

一時的な衝動とは、

ふくカエル

ぶっちゃけ、浮気心とか、誘惑とか、魔が差すことだよ!

衝動に駆られちゃうと、善悪の判断がつかずにむちゃくちゃになって突き進んでしまいます。

akuma_shadow

なので、一時的な衝動に突き動かされそうになっても、克服するのです。

何度も努力する

 

また、何度も何度も努力します。

 

何度も何度も努力して、克服するのです。

 

そら、こんな感じになる!tachiagaru_man

このような努力(克服)を積み重ねることで、「本物の愛」を作り上げていくのです。

 

ふくカエル

偉そうなことを言われへんけど、

ふくネコ

本物の愛は、日々の克服の上にあるみたいやねん。

本物の愛

みたいです。

誠実さを身につける

 

そして、「誠実さ」を身につけます。

 

「誠実さ」とは、どんなことがあっても「本物の愛(感情)」に必ず戻るという気持ち・意志です。

 

この「誠実さ」が、一時的な衝動や欲望を克服する原動力になります。

 

「誠実さ」があれば、たとえ一時的な衝動や欲望に駆られても、打ち消してくれます。

tenshi_akuma_man

「正しい愛(感情)」へ戻ることができます。

そうすると、どうなるのかな?

愛は、自然なものじゃないことに気づく

 

まず、「本物の愛(感情)」は自然にあるものではないことに気づきます。

ふくカエル

どこにも落ちとらんねん。

自分が今現在、手に入れている「愛(感情)」は、

 

自分が

必死で作り出したもの

であることに気づきます。

ふくカエル

人工的なものやねん。汗と涙の結晶やねん。

欲望は、長続きしないことを理解できる

 

次に、「人間の欲望」は、決して長続きしないことを理解できます。

 

「人間の欲望」というものは満たされると一気に冷めることに気づきます。

ふくネコ

欲望は、薄情やねん。

直感じゃないと気づく!

 

さらに、「本物の愛」は「一目惚れ」でも「直感」でもなく、自分が作り出したものであることに気づきます。

 

「一目惚れ」や「直感」は、「本物の愛」への橋掛かり、きっかけにすぎないのです。

実は、みんな必死であることに気づく!

 

そして、

つまるところ、

  • 「一目惚れ」だの
  • 「直感」だの

と、どんなにその時は言っても、

「本物の愛(感情)」を作り出して、それを維持することに、

みんな必死に努力している

ことに気づきます。

1本物の愛

「本物の愛」を作り出すために、日夜努力して

  • 誠実さ
  • 忍耐力
  • 意志力

を必死に鍛え上げているのです。

まとめてみたkerokero

 

  • 「本物の愛」は自然にあるものじゃないです。自分で一つ一つ作り出すものです。
  • 「一目惚れ」や「直感」はきっかけにすぎないのです。
  • みんな、日夜必死に努力して作り出しています。

ふくカエル

たしかに、誰にでも愛せるわけではないもんね。

ふくネコ

世の中には、相性の悪い人も、嫌いな人もいるもんね。

 

自分の「本物の愛」は自分で作り出す!

これは鉄則やねん!


みんなあ~
わかった~~?涙で訴える女性

本物の愛って、キラキラ清らかで美しい面ばっかしが注目されるけど、

 

その裏には、ドロドロギトギト必死で努力して克服する面もあるねん。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。