気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

本物になりたいと思ったら、気をつけること。

アイキャッチ画像

「本物」になりたいと思ったら、気をつけること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No.58 楽しむ」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

楽しむ

本物の上達は、それでどれだけの楽しみを得られるかによって測ることができるのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

「本物」になりたい!

 

誰しも何かを習得したいときに思うことは、これです。

はやく「本物」になりたいねん!kirakira_man

ギターを習い始めたときは「早くプロ並みにうまくなりたい!」と思います。

スケートを習い始めたときは「早くフィギュアスケートの選手のようにクルクル回りたい!」と思うものです。

 

でもです。

必ずぶち当たる壁はこれなのです。

 

うまく上達できひんねん!hair_nukege_stress

あまりにも上達できないと、だんだんとやる気もなくなって来るもんです。

ふくカエル

ほんま、モチベが下がるねん

ふくネコ

やめたろか!とも思うねん。

 

どうしたら、

うまく上達して、はやく「本物」になれるのでしょうか?

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときにアラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

 

と、いろいろと想像してみました。

どうしたら、

「本物」になれるのか?

って尋ねているのかい。

ふむ。では、

とっておきの方法を

教えてあげよう。

それは「楽しむ」ことだ。

「本物」になりたい!

思っていることを

心の底から

楽しんでみることだ。

そして夢中になることだ。

気づけば、

「本物」になれているぞ。

どのように

努力するのかを

考えること

よりも

楽しみを追求する

ことだ。

気をつけることとは、これ!

「本物」になるために、気をつけることとは?

 

ずばり、これです!

楽しむこと

楽しむことが、何よりも大事なのです。

なぜ、楽しむことが大事なのかな?

能力のある証拠だから

 

まず、楽しむことができるのは、「能力」がある証拠になるからです。

 

ここでの「能力」とは、「本物」になるために必要な「能力」のことです。

figure_ta-da

長く続けられるから

 

次に、楽しむことができると、どんな難しい「課題」でも長く続けられるからです。

 

何度も何度も飽きずに「課題」に挑戦することができると、それだけ上達も早くなります。

ふくカエル

だんだんと得意になってくるねん。

探求心が消えないから

 

そして、何よりも楽しむことができると、「探求心」が消えないからです。

探求心は、

  • ドキドキする興奮
  • ワクワクする好奇心

などをどんどん生み出すきっかけになります。

 

モチベーションが下がらないので、上達も早くなるのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

興味を持つ

 

まず、「本物」になりたいと思っていることに興味をもつことです。

 

どんなに「本物」になりたくても、興味がなくなり白けてしまったら上達しません。

 

 

上達できなくて困ってる人は!

 

上達できなくて困っている人は、

自分は、本当に興味を持っているのか?

を今一度自問自答して、チェックしてみるといいです。

 

たとえば、こんな自分を気にしてみる

  • 本当に大好きなのか
  • ワクワク興奮しているか
  • 夢中になっているか
  • 空腹を感じないほど、没頭しているか
  • どこでも、いつも考えてるか

むずかしく考えない

 

次に、目の前にある「本物」になるための「課題」を

あまりむずかしく考えないことです。

 

むずかしく考えると必ず苦痛が出てくるからです。

 

ふくカエル

苦痛になると、楽しまれへんから、要注意だよ!

 

とにかく楽しいことを探す

 

そして、とにかく楽しいことを探すようにします。

 

一番お勧めなのは、いままでの成果を振り返ることです。

 

 

わたしは、苦手な課題を一つ一つクリアーしていくたびに、

 

「成果」を目に見えるカタチにしていました。

 

たとえば、一つ一つクリアーしていくたびに、カレンダーにお気に入りのシールを貼ってました。

 

そして、シールが10個たまるたびに、それまで我慢していたケーキやプリンをご褒美に食べてました。

 

あっ!これも食べたよ!
food_chukaman

出来なかったことを振り返ることも大事ですが、出来て楽しかったことも振り返るのも大事です。

そうすると、どうなるのかな?

もちろん、「本物」になれる!

 

興味をもって、楽しみながら課題をクリアしていくと、

 

ある日「本物」になっている自分に気づきます。

ふくカエル

「好きこそ物の上手なれ」を体現できるねん。
好きこそ物の上手なれ

どんなことがあっても、人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ。

誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、

それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。

【出典】故事ことわざ辞典

音楽を楽しんで習得し、ずっと楽しんでいる人は「音楽家」になってます。

 

絵画を楽しんで習得し、ずっと楽しんでいる人は「画家」になってます。

 

政治を楽しんで学び、ずっと楽しんでいる人は「政治家」になってます。

「本物」になるための秘訣が分かる

 

また、「本物」になるための秘訣が分かります。

 

実は「本物」になれるかどうかは、「楽しさ」をどれだけ積み重ねることができたか?で決まるのです。

tanosisa-tumikasane

 

  • どれだけ楽しむことができたか?
  • どれだけ楽しみを集めることができたか?

などをチェックすると、自分の上達のレベルが分かります。

成功体験が活かせる

 

そして、楽しみながら「本物」になれるという成功体験を活かすことができます。

 

どんなに難しい「課題」でも楽しみを見つけられる体験は、

 

苦しさの中に楽しさをみつける」という「人生の課題」に活かすことができます。

 

ふくネコ

これは、人生の困難を乗り越える「秘訣」になるねん。

 

なると思うよ!pose_ganbarou_man

まとめてみたkerokero

 

  • 「本物」になりたいときは、「楽しむ」ことが大事になってきます。
  • 楽しければ、自然と努力しますし、集中して継続することができるからです。
  • 楽しさを早く見つけて夢中になることができると、早く「本物」になれます。

 

嫌々するから上達しないのです。うまく上達するコツは「楽しむこと」です。

 

楽しめば、どんなに難しい「課題」でもクリアできます。

 

それに、「課題」に「苦しむ」よりも、

「楽しむ」ほうが「本物」になるのが断然早いと思います。

 

もう一つ言うなら、

「苦しむ」ことさえ「楽しむ」余裕がある人が、早く上達し「その筋の本物になるのだ」と思うねん。

 

ふくカエル

むずかしいけど、これは真実だよね。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。