気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」まず、克服すべき敵とは?

アイキャッチ画像

まず、克服すべき敵とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第2章 自分自身について」

「No.63 楽観主義をつらぬく」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

楽観主義をつらぬく

怒りと悲観こそ、まず克服すべき敵である。

アラン先生「幸福論」より引用

ほんまに困る!

 

ちょっとしたことで、すぐに凹むことないですか?

ため息ついて、
直ぐに落ちこむねん。darui_woman

ほんまに困りますよね。

ちょっとしたことなのに、ガラスのような心ですぐに壊れちゃうのです。

ふくカエル

悲観する癖です。

ふくネコ

めっさ困るねん。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

と、いろいろと想像してみました。

 

すぐに落ちこむのかね?

まあ、人間というものは、

すぐに悲観するものだ。

 

でもだ。

もうそろそろ気づいた方が

いいぞ。

悲観は「宿敵」だぞ。

毎日倒していく「宿敵」だ。

克服すべき敵とは?

克服すべき敵とは、これ!

 

怒りと悲観すること

怒りと悲観することこそ、まず克服すべき「宿敵」なのです。

なぜ、「宿敵」なのかな?

すぐに悲観するから

 

まず、人は油断すると、すぐに悲観してしまう傾向があるからです。

 

体調が思わしくないときなどにダメージを受けると、必要以上に悲観してしまうのです。

もうダメだ!fusagikomu_businesswoman

これは怒りも同じです。

 

頭痛で朝からイライラしているときに、ちょっとしたことでトラブルが起きると、必要以上に怒りで爆発することがあります。

人生は荒波が多いから

 

それにです。

business_syakai_aranami

人生は、幸せで平穏な波よりも、荒波の方が多いからです。

 

自分の思い通りになるときよりも、思い通りにならないときの方が多いのです。

ふくカエル

これは、みんな胸に手を当ててみると思い当たるよねっ!

思い通りにならないことが多いので、

怒りを覚えたり、悲観に暮れる機会がそれだけ多くなるのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

悲観する習慣をやめる

 

まずは、悲観する習慣をやめます。

なんでかんでもネガティブに考える思考パターンを捨てます。

no_woman

たとえば、次のようなことをやめてます。

  • 「もう、どうにでもなれ!」とやけくそになる
  • 「きっとダメだ!」とすぐに失望する
  • 必要以上にしょげかえる
  • 努力せず、すぐに自信をなくす
  • トライしてないのに、やる気を失う
  • 悪い結果を必要以上に落ち込む、など

言葉に注意する

 

次に、自分が普段から使う言葉に注意してみます。

 

ネガティブな言葉よりもポジティブな言葉を使います。

  • どうせダメ!
  • やっても無理!

なんて言葉などは絶対に使わないことです。

 

代わりに

  • ひょっとしたら上手くいくかも!
  • やってみるだけの価値あるやん!
  • やってみなくちゃ分からんやん!
  • チャンスをつかめるかも!

という言葉を使います。

 

ふくカエル

これ、ほんまに大事やねん。

ふくネコ

嫌な言葉を使うと、現状が嫌なものになるからねっ!

楽観主義を貫く

 

そして、怒りや悲観するよりも楽観主義を貫きます。

  • なるべく信じる
  • 期待する
  • 希望する
  • 出来るだけ微笑むようにする

などを心がけて、あとは自分のすべきことを必死に努力します。

 

自分の将来を明るく楽しく見ることを、日々の暮らしの中での

一番大切なルール

にするのです。

 

ふくカエル

あとはいっぱいバナナを食べてみます!

ふくネコ

へっ!バナナ?

ふくカエル

身体を幸せホルモンの「セロトニン」だらけにするの。

 

ちなみに、

「微笑みのパワー」は、

「宿敵」の悲観を撃退するにはもってこいの武器になります。

 

鏡を毎日見て、一日一回でも自分に「微笑み」かけるのがお勧めです。narcissist_narushisuto

怒りや悲観などで「苦渋の表情」がその瞬間から消えますし、「微笑み」は「笑い」を誘発します。

osyaberi2

だんだんと気分が楽になってきて、悲観することが少なくなってきます。

楽観すると、どうなるのかな?

最悪の事態を回避できる

 

怒りや悲観する習慣をやめて楽観を貫くことで、最悪の事態を回避することができます。

まとめてみたkerokero

 

  • 怒りや悲観する習慣は、宿敵です。
  • この習慣を続けると悲観したことが現実のものとなり、最悪の事態を招きます。
  • 悲観する習慣を排除するには、意識的に楽観することです。
  • 自分を信じ、期待し、微笑み、そして努力することです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。