気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」大きな悩みを解決する方法とは?

eye catching

大きな悩みを解決する方法とは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.67 今ある状況を、新しい観点でとらえる 2」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

今ある状況を、新しい観点でとらえる 2

自然の流れは止められないが、ありがたいことにその変化の取り消しもできない。新しい状態が生まれるたびに、次の状態がまた可能となる。

(中略)

次の瞬間を生みだすのは、ほかならぬ今ある逆境なのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

大きな悩みあるねん!

こりゃ、あかん

mokuhyou_mitatsu_woman

大きな悩みを抱えたときは深刻です。途方に暮れてしまいます。

 

中には、どんどんがんじがらめ状態になって、身動きとれなくなります。がんじがらめの女性

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

と、いろいろと想像してみました。

 

大きな悩みがあるときは、

身動きとれなくなるよね。

でもだ!

考え方ひとつで

劇的に変わるぞ。

大きな悩みがあるときの解決方法とは?

解決方法とは、これ!

「新しい観点」でとらえる!

なぜ「従来の観点」ではダメなのかな?

「従来の観点」では通用しないから

 

大きな悩みを解決するには「従来の観点」では通用しないからです。

 

「従来の観点」が通用するのなら、そもそも悩みは大きくなっていないです。

 

ふくカエル

「従来の観点」で考えたから、悩みが大きくなったかも?

時の流れは止められない

 

それに、時の流れは止められないです。

 

「従来の観点」に固執していると、悩みがどんどん大きくなるかもしれません。

なので「新しい観点」が必要!

 

「従来の観点」にこだわっていては、悩みがどんどん大きくなるので、「新しい観点」が必要になってくるのです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

まず、考え方を変える

 

まず、今まで自分が考えてきた「従来の考え方」を変えます。

 

具体的には、次の二つをちゃんと頭に叩き込みます。

  • 自然の流れは止まらない
  • 起きた変化は帳消しできない・一旦変化が起きると止めれない

 

ふくカエル

「時間の流れ」と「変化」を理解します!

自然の流れは止めれない

 

自然の流れは止められないことを理解します。

ふくカエル

時間を止めれないのです。

どんなものも時間が経てば、姿かたちが変化し朽ちていきます。

「種」が芽吹けば、花が咲き、そして枯れるのです。

jikanjiku

変化は帳消しできないし、止めれない

 

自然は、起きてしまった変化を帳消しできません。

ふくカエル

「ちょっと待って!今のなし!」とは言えないねん。

ふくネコ

ゲームのようにリセットできないねん。

また、一旦変化し始めると止めれないのです。どんどん変化し続けてしまいます。

ふくカエル

どんどん変化し続けるねん。

 

「種」が一旦芽吹くと、もう二度と「元の種」には戻れないのと同じです。

ふくカエル

自分が、もう二度と「赤ちゃん」に戻れないのと同じだよ。

一旦芽吹くと種には戻れない

次に、当てはめてみる!

 

次に、以上の二つのこと(時間・変化)についての考え方を自分の悩みに当てはめてみます。

ふくカエル

すると、以下の通りになるねん!

今、自分が抱え込んでいる「いろいろな悩みの種」は、

 

なにも対処しなければ、どんどん無情に時間がすぎるけれども

 

何か一つでも解消すると、

 

どんどん「悩みの質」が変化していき、

 

時間が経つにしたがってバラバラに分散されて、

 

次第に解消されていくのです。

 

もっと砕けて言うと、

 

今抱えている「悩みの種」は、

 

時間が経てば、すべて解消するのです。

ふくカエル

時間が解決するのです。「時間がお薬だ」ということです。

 

たしかに、時間は容赦なく過ぎていきます。取り返しが使いないです。

 

でも一方で、

 

その間に、「悩みの種」はバラバラに分散され、

その都度変化して、次第に解消されていくのです。

悩みの種分散される

それぞれの「悩みの種」は、

  1. 時間の流れに沿って一つ一つ分散される
  2. 分散されると同時に変化していく
  3. 変化し続け、ついには解消される

というステップを踏んでいきます。

 

このことを意識すると、「新しい観点」を持つことができます。

ふくカエル

小さい「悩みの種」から潰していけば、いつの間にか悩みも変わってきてなくなります。

タイムラインで理解してみる!

 

以上の「悩みが解消できるプロセス」をタイムラインで理解してみます。

 

STEP.1
まず、大きな悩みを「小さく」する
「大きな悩み」を「小さい悩み」に分割してみます。

tane-bunkatu2

STEP.2
「小さい種」から蒔く
次に、今の自分の実力なら解決できるような「小さい悩みの種」から取り組んでみます。
STEP.3
品質改良する
さらに「小さい悩みの種」を少しずつ克服して、「小さい希望の種」に品質改良していきます。
STEP.4
育てていく
また、「小さい悩み」を「小さい希望」に改良する作業をコツコツやっていきます。

tane-bunkatu3

STEP.5
他の「種」も蒔いてみる
他の「悩みの種」にも同じように取り組んで、

「小さい悩み」を「小さい希望」にすべて変えます。

STEP.6
ひたすら繰り返す
以上の工程を繰り返していき、「悩みの種」を減らしていきます。

すると、ある日「悩みの種」が激減していることに気づくことになるのです。

悩みの種が減っている

あれま~!
あんなに大きな悩みが
こんな小さい悩みに
なってるやんか!

 

  • 時間の流れは止めれないこと
  • 起きた変化は帳消しできない、変化が起きると止めれない

を理解できると「新しい観点」から考えることができて、悩みも変容し解消していきます。

ふくカエル

ぶっちゃけて言うと、悩みも時間と共に風化するねん。

今回のことから、何がわかるのかな?

時間は止めれないこと

 

まず、時間の流れは止まらないことが分かります。

逆境が「次のステージ」を生み出すこと

 

次に、逆境が「次のステージ」を生み出すことが分かります。

 

逆境を救うことができる「新しいステージ」に引き上げてくれるのは、紛れもなく逆境にある自分なのです。

ふくカエル

逆境で必死なるから、当然なんやけど。

ふくネコ

やっぱり、頼れるのは「自分」よねっ!

悩みを抱え込んでしまい逆境に苦しんだときこそ、

次の「新しいステージ」を生み出すきっかけになるのです。

変化すると止まらない

 

また、一旦変化すると、変化が止まらなくなることが分かります。

逆境や深刻な悩みで、

人生が一旦変化すると、

次から次からと変化が止まらなくなるのです。

変化すると必ずいつも新しい

 

さらに、人生の変化がひとたび始まると、毎回毎回いつも必ず新しい変化が生まれることが分かります。

 

新しい変化がいつも更新され、新しい状態が維持されていくのです。

逆境や深刻な悩みが

少しずつ解消していくと、

どんどん新し状態が生み出されてきます。

変化は取り消せない

 

さらに、変化は取り消すことができないことが分かります。

 

悩みが少しずつでも解決しだすと、

どんどん悩みの本質が変化し、その変化は取り消されることはないことに気づきます。

悩みがぶり返すことはないのです。

ぶり返したと思っているのは、

勘違いか、

まったく新しい悩みを抱え込んだかどちらかです。

小さい変化は大きな変化につながる

 

そして、小さい変化は大きな変化につながることに気づきます。

小さな悩みの変化は大きな悩みの変化につながります。

 

どんどん小さな悩みを解決していくと、やがて大きな悩みを解決することにつながります。

 

最初は「小さい変化」ですが、時間が経つと「大きな変化」につながっていくのと同じです。

最初は「小さい木」を飛び越えていたのが、

毎日飛び越えるようにしていたら、

「大きな木」を飛び越えられるようになっていたのと同じです。

 

ふくカエル

ある日、すごい自分に気づいちゃうのです。感動的です。

kokufuku

変化は事実として残る

 

変化のプロセスは事実として残ることに気づきます。

悩みがどのように解消されて、

自分が立ち直ったかは事実として残ります。

自分も変化している

 

自分もまた変化していることに気づきます。

10年前の自分と現在の自分とでは、全然違うことにビックリすると思います。

でも確実に自分自身を変化し続けているのです。

変化することを恐れない

 

変化することを恐れないほうがいいことに気づきます。

自分が新しくなるためには、変化を恐れないことは大切です。

 

自分が執着している「いくつかのこと」を手放してもいいかなあと思えます。

「新しい自分」に出会えるのなら、楽しいことで、幸せなことです。

kara_waru_man

まとめてみたkerokero

 

  • 深刻な悩みを解消方法は「新しい観点」でとらえることです。
  • 「新しい観点」で考えるには、まずは、悩んでいるからといって、時間は止めれないことを理解することです。
  • 次に、悩みや逆境などで人生が、一旦変化し始めると、絶えず変化し続け、新しい状態を繰り広げることを理解し、変化を恐れないことです。

 

大きな悩みを抱えて苦しんでいる人は、次の二つの点に気づくとちょっとは楽になれます。

 

  1. 自分は、日々刻々と変化し続けていること
  2. 悩みも、全く同じではなく、刻々と変化し続けていること

 

自分も、悩みも、刻々と変化しているのです。

 

今現在苦しめている悩みは、数年後は全然違う悩みになっています。

 

だから、「もうダメだ!」と自分を決めつけないでください。

 

悩みなんて、悩まへんかったら、ただの「おなら」と同じやねん。

我慢してガスをためるから、お腹が痛くなるねん。

ぷっとしてしまえば、ちっとは臭うかもしれんけどスッキリする!

臭いも空気にまぎれて無くなる!

と思うねん。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。