気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」人生を台無しにしないコツとは?

eye catching

人生を台無しにしないコツとは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.68 目の前の現実に集中する」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

目の前の現実に集中する

持てる知識と力のすべてをかたむけて、

目の前の現実に集中すべきである。

アラン先生「幸福論」より引用

自分のことは棚の上にあげる

 

人は、他人の問題に首を突っ込みたくなる性癖があります。

 

「あれや、これや」と勝手な評価をしたがるのです。

kageguchi_uwasa

ふくカエル

まことに迷惑だよね。

自分もそれほど立派なわけないのに、自分の問題は棚の上にあげて、

 

偉そうな顔をして、上から目線で言うのです。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんな思い上がっている状態に、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

と、いろいろと想像してみました。

 

あかんぞ~~!

そんなことしとったら、

人生を台無しにするぞ。

他人のことをとやかく言うよりも

せなあかんことがあるやろ?

はよ、気づかなあかんで。

人生は長いようで、短いねん。

もったいない使い方せえへんと

頑張ってや!

おっちゃんな、

台無しにしとる人を見ると

悲しなるねん。

自分の人生を台無しにするものとは、なにかな?

これです!

慢心

心の中でおごり高ぶることです。

ちなみに、こんな顔してることが多いです。

これよ!これ!
どや顔をする男性

なぜ、慢心が台無しにするのかな?

動揺するから

ふくネコ

ほんま気をつけて欲しいねん!

慢心していると、結構動揺するからです。

 

自分は大丈夫、人生の問題になんかにつまづかずに行けるはずだという思い上がりが、人生を台無しにするのです。

ふくカエル

ほんまに、見苦しいくらいジタバタするねんよ。

ところで、なぜ慢心が生まれるのかな?

勘違いから生まれる

 

実は、慢心が生まれるのは「勘違い」からです。

 

どんな「勘違い」かというと、

「他人の問題」のように「自分の問題」を同じように考えて、

サクサク解決策が見つかるはずだ!

と勘違いしてしまうことです。

 

どうも、「他人の問題」にあれこれと首をつっこんで評価しているうちに、

  • サクサク問題解決できている自分
  • まっとうな評価を下している自分

といった、一見「賢そうな自分」がいることに気づいてしまうのです。

 

この勘違いが、自分自身の「人生の問題」についても動揺せずに、

  • 良識的にサクサク解決するにちがいない!
  • 無様な態度をとらずにすむ!

と決めつけてしまうのです。

 

ぼくって賢いやん!
どんな人生の問題でも、
自分はサクサク解けるに違いない!pose_kiri_man

と、つい勘違いするのです。

この勘違いが慢心を生み出し、人生を台無しにするのです。

でもこんなに違うぞ!「他人の問題」と「自分の問題」

 

でもです。

  • 「他人の問題」
  • 「自分の問題」

は、実はこんなに違うのです。

 

「他人の問題」と「自分の問題」は、問題を分析するポイントが違うのです。

ふくカエル

質がちがうねん。

「他人の問題」

 

「他人の問題」は、分析するときに

  • ものごとを客観的に見ることができる
  • 感情的にならない

ので、「問題の解決策」が簡単に見えてきます。

 

ふくカエル

感情的にならないから判断の目も曇らへんねん。

ふくネコ

さくさく解決策が分かるねん。

 

だから、次のようなことも平気で言えちゃうのです。

恋人と破局になった友人に

 

さっさと別れて、次の恋をすればいいよ!

 

なんて偉そうに

それも上から目線で言っちゃうのです。

「自分の問題」

 

一方「自分の問題」は、分析するときに

  • ものごとを主観的にしか見れない
  • 非常に感情的になる

ので、「問題の解決策」が一向に見えないのです。

 

ほんまに
見えへんようになるねん!allergy_me_kayui

ほんで、
ひどく動揺するねん!
sick_panic_man

なので、次のようになってしまいます。

恋人と破局になった友人に対して、

 

さっさと別れて、次の恋をすればいいよ!」「未練なんて捨てな!

 

なんて、上から目線で偉そうなことを言っていたくせに、

 

いざ、自分が破局して同じ目に合うと、

 

さっさと別れられず、未練ばかりで

非常にややこしくてうっとおしい奴

になるのです。

 

カムバック~~!
ぼくの恋人~~!
pose_oisugaru_man

 

じゃあ、自分の人生を台無しにしない方法とは?

これです!

 

自分の人生を台無しにせず、有意義にするためには、次のことを心がけます。

目の前の現実に集中すること

とにもかくにも、自分の目の前にある現実に集中することです。

これが一番です。

なぜ、集中するといいのかな?

まず、ムダな問題を考えずにすむから

 

まず、目の前の現実に集中して取り組むと、考えてもムダな問題を考えずにすむからです。

 

考えてもムダな問題とは次のようなものです。

  • 自分の死について(自分の問題)
  • 不幸の加減について(他人の問題)

 

ふくカエル

これは、よ~く考えると、めっさムダやね~~ん。

たとえば、「自分の死」について

 

「自分の死」について考えても、

 

「自分の死」が分かった瞬間に自分が死人になっているからです。

 

あっ!わかった!hirameki_woman

と思った瞬間に、

 

自分は幽霊になっているねん!yurei_youngwoman4_laugh

ふくカエル

これってムダでしょう?

 

「死ぬ瞬間がどんな風だったのか?」を生き返ってから、みんなに説明できるのなら意味があるけど、

 

 

基本は、死んだら、

死の世界から自分が生き帰って来ることは、二度とできないのです。

 

 

だから、まったくもって

 

ムダなんよ!

たとえば、「他人の不幸の加減」について

 

  • あの人は不幸で、あの人は不幸じゃない
  • 不幸とはこんなものを言うのだ

 

な~んて「他人の不幸の加減」について、

あれこれ考えてみても、全くもってしてムダなのです。

 

 

だって、不幸の真っ最中にいる人は、そんな悠長なことを考えている暇なんてないです。

 

 

今日一日を過ごすことが精一杯なのです。

 

だいたい不幸の加減をあれこれ考えることができるのは、

 

今とても幸せで余裕のある人だけです。

 

 

だから、ほんまに

 

余計な

お世話やねん!

次に、「自分の問題」に専念できるから

 

自分の目の前にある現実に集中すると、純粋に「自分の問題」だけに専念できるからです。

 

「自分の人生の問題」に取り組むときは、余計な雑音が入らへんので集中したほうがいいのです。

また、集中すると、大事なことを見落とさないから

 

またです。

自分の目の前の現実に集中できると、大事なことを見落とさなくてすむからです。

 

「他人の問題」ほど「自分の問題」は簡単に解決できないという大事なことです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

自分の問題を意識する

 

まずは、自分が今「直面している問題」や「するべき課題」を意識することです。

 

また、自分が「今現実逃避をしていないか?」をチェックしてみることは大事です。

 

自分の人生を台無しにしないコツとは、このようなチェックから始まります。

持てる知識と力のすべてを傾ける

 

次に、「問題や課題」がチェックできたら、

自分が持っている知識と能力のすべてを傾けて、解決することのみに集中します。

 

思い上がりなどの慢心を脱ぎ捨てて、

「ひょっとしたら間違えているかもしれない可能性」を頭のすみに置きつつ集中します。

人の問題にかまけない

 

大事なのは「他人の問題」ばかりにかまけないことです。

 

「他人の問題」は好き勝手に評価でき、

自分は傷つかないので、好奇心をかき立てられる側面があることに気をつけます。

 

この種の好奇心は「人が困っている姿を見たい」という不埒(ふらち)な欲求が入っています。

 

ふくカエル

ちょっと怪しい、こわい、醜い、残酷な好奇心やねん。

ふくネコ

人間は誰でも持ってるねんけど、気をつけてな。

人と比べて、悲劇ぶらない

 

それと、

そして人と比べて、悲劇ぶらないことです。

ふくカエル

自分は不幸だ、可哀そうだと必要以上に思わないことが大事だよ。

自分以外の人間は世の中にわんさかいます。

ふくネコ

地球規模で言うと今現在で76億人です。

こんなに人間がいるのです。上を見ればキリないし、下を見ればキリがないのです。

 

人間をランク付けでみる「癖」をやめてみます。

比べるのなら、過去の自分

 

どうしても比べたいのなら「過去の自分」と「現在の自分」を比べてみるのがいいです。

 

「過去の自分」と比べると、頑張っていればいつも進歩している自分を発見できます。

figure_goodjob

そうすると、どうなるのかな?

人生に対して間違った見方をしなくなる

 

目の前にある現実に集中して「自分の問題」に必死に取り組むことができると、

 

少なくとも「自分の人生」について、間違った見方をしなくなります。

うぬぼれなくなる

 

次に、うぬぼれなくなります。

評論家きどりで「他人の問題」ばかり評価することや

job_hihyouka_commentator

いかにも「われこそは、世相や人情の機微を知り尽くしている人間だ!」と豪語することが、

 

とっても恥ずかしいことに気づくからです。

自分をごまかさずに生きれる

 

そして、自分をごまかざずに生きれるようになります。

 

「自分の問題」に向き合えば、向き合うほど、「問題が難問になる」ことが分かってくるからです。

自分で自分をだましたり、ごまかしたりせず、

 

ありのままの自分を受け入た上で、

 

「自分の問題」に向き合って生きることが、先決だと分かってくるからです。

まとめてみたkerokero

 

  • 人生を台無しにしないコツは、目の前の「現実の問題」に集中することです。
  • 「自分の問題」は思っている以上に難問であることが多いです。
  • 自分が持っている知識と気力、能力のすべてをかけて、「自分の現在の問題」を解決することに集中したほうがいいです。

 

「よくこんな小さいことで悩むなよ!」

「もっと世の中にはツライことで悩んでいる人がいるねんぞ!」

クヨクヨしている他人に言っている人がいますが、

 

これって、

「ちょっと待った!」

なのです。

 

言いたい気持ちも分かるのですが、

「当の本人」の境遇や感情になれないことに気づくほうが大事だと思います。

 

「当の本人」は、信じられないくらい苦しんで、アップアップしている状態なのです。

 

こればっかりは、「当の本人」の実感なので、誰も理解できないです。

ふくカエル

あたしも理解できひんかってん。

こんなときは、

自分もこうなるかもしれんな!

他人の「人生の問題」は、自分の「人生の問題」よりも簡単に見えるもんな!

 

と思って、そっと見守るのが一番やと思います。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。