気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」過去をあてにしないほうがいい理由。

eye catching

過去をあてにしないほうがいい理由

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.70 過去をあてにしない」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

過去をあてにしない

過去をあてにするには、過去に文句をつけるのと同じだ。

アラン先生「幸福論」より引用

過去をあてにする

 

自分の過去をあてにする、言い訳にすることってないですか?

たとえば、

あ~あ、もっと
勉強しとけばよかった!pose_kuyashii_man

とかです。

でも、これって、

自分が「今でも十分怠け者やで!」という証拠になるんです。

 

もし、過去の「勉強不足の自分」を悔い改めて、その時点で勉強をやり直していたら、

 

そもそも今の時点で「もっと勉強していたらよかった~!」なんて後悔しないですもの。

ふくカエル

後悔する暇があるなら、さっさと勉強しろ!なんです。

 

それに、勉強は、

誰にも迷惑がかかるわけでもないし、今すぐでも始めることができるからです。

ふくネコ

それでも始めないのは、自分に甘いだけなんです。はい。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

と、いろいろと想像してみました。

 

過去の自分を

あてにしたらアカン。

世の中、

自分が想像しとるよりも

進んでるぞ!

過去に習得した知識や能力は

役立つことあるけど、

ブラッシュアップや

アップロード

してないと

時代遅れなっている

ことあるねん。

なぜ、過去をあてにするとダメなのかな?

まず、「過去の自分」に文句を言うのと同じだから

 

過去をあてにすることは、「過去の自分」に文句を言うのと同じになるからです。

 

ちょっとイメージつかないかもしれませんが、自分で「過去の自分」をけなすことになるのです。

 

「現在の自分」の不甲斐なさを全部「過去の自分」に押しつけることになるんです。

ふくカエル

まあ、ぶっちゃけると「過去の自分」を言い訳にするねん。

ふくネコ

「過去の自分」に罪をなすりつけることやねん。

 

「現在の自分」に不満足な人が、陥りやすい「落とし穴」です。otoshiana

じゃあ、どうすればいいのかな?

「過去の栄光」を過大評価しない

 

まず、自分の「過去の栄光」を過大評価しないことです。

 

自分が思っているほど「過去の栄光」はすごくないからです。

 

どんなに素晴らし学歴があったとしても、今現在に活きる知識でなければ何の役にも立たないのです。

ふくカエル

おごりは、足元すくわれるよ

ふくネコ

慢心はピンチを招くからねっ!

 

どんなに有名な資格を取ったしても、その資格で現在も活躍してないければ何の役にも立たないのです。

ふくカエル

どんなに医師の資格を持っていても、

ふくネコ

日々の医学の進歩を考えると、お医者さんとして活躍していない人に、診てもらうのは怖いです。

 

「過去の不幸や不名誉」で卑屈にならない

 

次に、自分の「過去の不幸や不名誉」に対して必要以上に卑屈にならないことです。

 

自分が思っている以上に、他人は意識して問題視していないからです。

 

それに今現在の自分の不甲斐なさは、何も「過去の自分」の不幸や不名誉が直接の原因ではないです。

 

直接の原因は、これまでの自分の努力不足です。

自分が不幸や不名誉を帳消しにするための努力をしてこなかっただけです。

「現在の自分」をあてにする!

 

そして、「過去の自分」よりも「現在の自分」をあてにします。

具体的に、どうすればいいのかな?

チャンスを見つける

 

まずは、過去の事実よりの現在のチャンスを活かすようにします。

 

今現在がツイてないなら、

チャンスというものは、幸運なときよりもツイてないときに落ちているものだと思うようにします。

今すぐ行動する

 

次に、思い立ったら即行動するようにします。

どんなことでも、すぐに行動できるように心がけると自分に自信がついてきます。

 

自信は「過去の自分」をあてにするような弱気を消し去ります。

時代遅れを自覚する

 

また、どんなに必死に学んだ「過去に学んだ知識」であっても、

「時代遅れの知識である」かもしれないことを自覚します。

 

自分の持っている

  • 知識や能力
  • 方法や技術

は「時代遅れで、現在では通用しないのかも?」と自覚するのって大事です。

 

「自分の過去」の栄光ばかりにあぐらをかいていると、時代から取り残されることに気づかず、そのうち足元をすくわれるからです。

とはいっても、温故知新をベースにする

 

とはいってもです。

基本は、「温故知新」をベースにすることです。

 

「過去の知識」をほったらかしにせずに、常にチェックして磨きたおしておきます。

ふくカエル

過去の知識も大切だからです。

 

温故知新

過去に学んだことをもう一度調べ直して、新しい知識や見解を導くことです。

 

「温故知新」に励んで、いろいろなことに常に興味を持つようにしていると、

 

ある日、ふっと「今現在に学んでる知識」と「過去に学んだ知識」とリンクする瞬間が生まれます。

 

もっと言えば、

「新しい知識」が、水面下の膨大な「自分の知識と経験」につながる瞬間です。

 

自分の知識が、非常に奥行きが深く幅が広いものとなります。

hyouzan1

ふくカエル

ビビって!電気が走るかも?

kanden_gaikotsu

たとえば、

自分が過去に悩んでいた「問題」が、現在の「新しい知識」とつながることで、

一挙に氷解したりするのです。

 

ふくカエル

たぶん、応用力や当てはめ力が、格段にアップするからだと思うねん。

そのためにも、学ぶことをやめない

 

そのためにも、常に学ぶことをやめないことです。

 

どんなに大人になっても、あきらめないことです。

 

大人になって、いっぱい経験を積んでから、分かることもいっぱいあるからです。

ふくネコ

「愛情の機微」は大人になればなるほど分かるらしいよ。

過去をあてにせずにいると、どうなるのかな?

一生現役でいられる

 

過去をあてにせず、学びをやめずにいると「一生現役」でいられます。

どんな時でも、アンテナ、ビッビビ!antenna_memo_man

いつもキラキラしている人になれるのは、嬉しいです。

過去にすがる自分を捨てられる

 

どんなことでも、興味を示すようにしていると、「過去の栄光にすがる自分」を捨てることができます。

 

「学歴」や「地位」を振りかざすことが、いかにバカげたことかに気づくからです。

チャンスを活かすことができる

 

そして、チャンスを活かすことに貪欲になれます。chance_tsukamu_man自分の知識を広げようと、自分の道を究めようとする気持を維持できるからです。

まとめてみたkerokero

 

  • 過去をあてにしないことです。
  • どんなに過去に勉強したからと言って、学ぶことをやめてしまったら、その時点で知識は怪しいものになってしまします。
  • 今現在にも通用する知識にするには、常に学ぶ姿勢を崩さないことです。
  • 過去をあてにすると結局過去の自分の勉強不足に嘆くことになります。

 

世の中には、

  • 学歴を免罪符のように使う人
  • 過去の不幸を現状の正当化に使う人

もいます。

どこどこの学校を出ました。
だから偉いでしょ!jiman_hanashi_man

こんなひどい目にあったらから、
今も荒れているのは
仕方ないねん!
ほっといて!animal_kowai_kaba

そんな人に出会ったら、

この人は、
「過去の自分」をあてにして、

「現在の自分」で勝負できない人や!

と思うのがいいです。

 

そして、そっと見守ってあげるのです。

 

でも、自分が「過去の自分」をあてにしそうになったら、ちょっと踏みとどまってね。

 

そして、自分の胸に手を当てて、次のようなことを考えてほしいのです。

  • 「今の自分」で勝負できひんで、「過去の自分」で自慢して何になるねん?
  • 「今の自分」を立て直さないで、「過去の嫌なこと」を理由にして何になるねん?

 

実は、この瞬間こそが「現在の自分」を

ちゃんと真正面から見れる「大事なチャンス」になるからです!

ふくネコ

そうやねん!

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。