気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」運命の袋にも不純物が入っています。知ってましたか?

eye catching

運命の袋にも不純物が入っています。知ってましたか?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.73 運命の袋にも不純物が入っています。知ってましたか?」

人は運命の袋を背負って生きる

野心に満ちた袋を選んだ人は、

自分がさもしい追従やねたみや不正を選んだつもりはなかった。

しかし、そうしたものは同じ袋の中に入っていたのである。

アラン先生「幸福論」より引用

そもそも「運命の袋」とは? エルの物語

 

「不純物」のお話をする前に、そもそも「運命の袋」とはなにかについてお話します。

 

これは、哲学者プラトン先生の「国家」という対話篇に出てくる「エルの物語」に登場してきます。

 

プラトンのおとぎ話

 

プラトン先生という哲学者がいます。

nigaoe_platon

古代ギリシアのエライ哲学者です。

 

プラトン先生は、同じく有名な哲学者のソクラテス先生の弟子で、

 

わしの弟子じゃ!nigaoe_socrates

そいでもって、アリストテレス先生を教えた先生という

 

僕の先生ね!nigaoe_aristoteles

哲学者をサンドイッチにしたら、具に当たる人です(かなり乱暴)。

food_sandwich_blt

プラトン先生は、西洋哲学の主要な源流を作った人と評価されています。

 

とにかく賢い賢い哲学者です。

 

その賢くて有名なプラトン先生の「おとぎ話」をご紹介いたします!

 

ふくカエル

おとぎ話が始まるよ!

 

死者の国から戻ってきた、エルのお話だよ!

 

なんと、死者の国から奇跡的に戻ってきたという軍人さんのお話です。

 

名前は「エル」さんと言います。

 

エルです!よろしくね、monban_heitai_seiyou

このエルさん、不幸にして戦争中に戦死してしまいます。

 

でもです。

なっつ、なんと、

 

死んだはずなのに、死んでから12日後に生き返っちゃうのです。

 

それも火葬する直前というから、驚きもの!

 

ふくカエル

自分だったら、すげー、冷や冷やするよね~。

ふくネコ

棺桶の中だよね。ドキドキ。

 

えっつ12日間も?
そいも火葬直前?
最初から、ビックリ!

 

ふくカエル

臨死体験?

ふくネコ

身体が腐らなくてよかったねえ。

 

で、息を吹き返したエルさんが、

 

まいったな。

いろいろなことを

経験しちゃったよお!

 

と語り始めるのです。

 

エンマ大王さんとの出会い

 

まず、エンマ大王さんに出会ったそうです。

enmadaiou

「魂」だけになったエルさんは、最初に裁判所みたいなところに連れていかされたそうです。

 

ちなみに、これは、
「魂」のエルさんです。youkai_hitodama

そこでは、生前の行いによって「魂」達は裁かれていました。

 

裁かれた「魂」は、「天国行き」と「地獄行き」のスタンプを押されていました。

stamp_rally

ペタペタ押されるのね。たぶん背中かなあ?

 

ふくカエル

でも、魂の背中ってどこよ?

 

「魂」達は、スタンプを押されたら、

 

「天国行き」のスタンプの人は上に、「地獄行き」のスタンプの人は下に落とされるのです。

 

きゃ~、落ちる。
まじ、こわい!jiko_rakka

 

地獄行きは怖いよお

 

で、「地獄行き」ですが、そうとう怖いらしいです。

 

そらもう、生前に悪行の数々をしてきた人は、それ相応のお仕置きが待っているはずです。

 

殺人を行った人は、同じような目にあいます。

 

ここでは、あまりにも残酷なので割愛します。もう、省略させてください。

苦笑いの女性

ふくカエル

だって、拷問なんだもん!

 

天国行きは、うひょひょひょ

 

で、「天国行き」のスタンプを押された「魂」達は、

 

喜びや幸福、そして計り知れない美しいものに囲まれて過ごします。

bg_heaven_tengoku

 

ふくネコ

もう、天国だけに、毎日パラダイス!

 

といっても、その日はくる!

 

といっても、「魂」は、再度、地上舞い降りる日が来ます。

youkai_hitodama

なにやら、人間は一生を「100年単位」に見立てて、10回分繰り返さないとダメらしいのです。

 

1000年間は、地上と天空を行ったり来たりすると決められているようです。

 

ふくカエル

なんや、そうらしい。知らんけど。

 

その日がきたら、牧場に集合!

 

地上に降りる、その日がきたら、「魂」は大草原の牧場に集合させられます。

bg_natural_sougen

 

ふくネコ

はい!地上バスツアーご参加の方は、集合してください!

って感じです。

ouen_woman

集合がかかったら、7日間のうちに準備して、8日目に旅に出ることになります。

 

ふくカエル

早すぎっ!

 

でも、準備するって言っても、「魂」だけなので、もちろん洋服や歯ブラシは要らないです。とっても簡単です。

haburashi_kirei

ここで、「運命の袋」選び

 

牧場に集合させられた「魂」達は、来世の「運命」を決める「運命の袋」を選ぶように言われます。

 

必ず、「運命の袋」は選ばないといけないのです。

 

「運命の袋」には、来世で役立ついろいろな「才能」が入っています。

 

重要なのは、ここで「運命の袋」を間違えてしまうと、自分の来世が酷くなることです。

 

なので、ほとんどの「魂」達は、間違えないように「運命の袋」を必死になって選びます。

 

 

この時点での「魂」は、「生前の記憶」や「前世の記憶」をまだ覚えています。

 

なので、来世の「運命の袋」を選ぶときには、

 

今までの、いろんな体験や経験によって手に入れた、あらゆる能力、知識、知恵を活かすことができます。

 

「運命の袋」選びで失敗しないように、

 

常日頃から、この能力や知識などを磨ていたほうがいいのです。

 

たとえ、天国に行けたからと言って、浮かれていないで、せっせと磨きたおしていたほうがいいのです。

 

ふくネコ

天国に行っても、ちゃんと自分磨きをしてね。

たとえば・・・。

 

お金に苦労した「魂」は、「次こそは大金持ちだ!」とお金がいっぱいある「運命の袋」を選びます。

 

肉欲におぼれた人の「魂」は、「もっと快楽が欲しい!」と快楽だらけの「運命の袋」を選びます。

 

野心家の人の「魂」は、「何が何でも天下じゃ!」と天下人になる「運命の袋」を選びます。

 

この中に
来世の「運命」が
入っているのね。rucksack_backpack

そして、めいめいが、それぞれが気に入った「運命の袋」を選んで、背負うのです。

 

ふくカエル

「運命の袋」って、大きい目のデイバックだよ。

 

そして、忘却の水を飲まされる

 

そして、最後に「魂」たちは、「レーテ河」に連れて行かれて、そこで「忘却の水」を飲まされます。

 

えらく、美味しいらしいよ。amount_water_glass3

実は、この水、今までのことをすっかり忘れてしまう、恐ろしい「水」なのです。

 

必要以上に忘れないように、ちゃんと決められた容量があるそうです。

 

ふくカエル

処方箋ありきの水。

 

でもです。あんまりにも「水」が美味しいので、

 

たいがいの「魂」達は、じゃんじゃか、じゃんじゃか

 

たくさんの量をついつい飲んでしまうらしいです。

 

げっふ。飲みすぎちゃったよ!

manpuku_kurushii

ふくカエル

バカだよねえ。

ふくネコ

と、かく言うわたしも、飲みすぎた口です。

ふくカエル

前世のことなんて、ぜんぜん覚えてないもん。

 

これと一緒かも?yopparai_businessman

ふくネコ

ほりゃ、ありゃ、すっからかん。

 

寝ている間に・・・。

 

で、「忘却の水」を飲んで「魂」達がぐーすかぐーすか寝ている間に、

 

雷が鳴って、流星のように、地上にバラバラまかれて、散らばるらしいです。

 

ぐーぐー寝てる間に・・・。sleep_nezou_warui

魂の袋通りの人生を歩む

 

地上に散らばったそれぞれの「魂」は、生身の身体を手に入れて、

 

自分の選んだ「運命の袋」通りの運命を生きていくらしいです。

 

エルさんのおとぎ話【完】

ここで、アラン先生の言葉!

気をつけるんだ!

 

アラン先生は、「ここで気をつけろ!」と注意喚起しています。

 

「運命の袋」の中身には、

自分が選んだもの

ばかりじゃないぞ。

不純物も入っている。

 

たとえば野心の袋だ。

立身出世のアイテム

ばかりじゃない。

 

いやらしいゴマすり

ねたみや不正という

不純物も入っているから

気をつけろ!

お待たせしました、不純物とは?

運命の袋の中の不純物

 

「運命の袋」の中には、必ず「不純物」が混じっています。

 

「不純物」とは、「人生の落とし穴」のことです。

 

たとえば、代表的なものとして「誘惑」があります。よこしま気持ちがついつい出てしまうのです。

tenshi_akuma_man

これは、大事な「運命の才能」を汚して、台無しにしてしまいます。

 

たとえばこんなことをしてしまう!

  • 心が汚くあさましいお追従(ゴマすり、おべっか)をすること
  • ねたみ嫉妬に燃えること
  • 不正を働いたりすること

 

この「不純物」ですが、どんな「運命の袋」を選んだとしても、必ず入っています。どんな袋でもです。

 

これも自分が選んだ「運命の袋」の中身なんだと納得して、「人生の落とし穴」にハマらないようにするのが肝心なのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

運命を背負って生きていることに気づく

 

それには、「運命の袋」を背負っていることに気づくことです。

 

いろいろな「運命の才能」を背負っていることに気づくことです。

 

生きていると「あれっ!」こっちの方が、どうやら「才能」があるみたいだと気づく瞬間があります。

 

気づいたら儲けものです。

 

その「才能」が自分にとって不快感を感じなければ、「運命の才能」です。

 

突き進んでみるのが正解だと思います。

 

でも、どうしてもいろいろな「誘惑」が出てきます。

 

そんな時は、この「誘惑」は「運命の袋に入っていた、残念なおまけだ」と思ってみます。

 

「誘惑」を一歩離れて観察することができます。

 

この一歩離れて観察することで、「誘惑」の質が冷静に判断できます。

 

後は、負けないようにするのがベストです。

まとめてみたkerokero

 

  • 人には、それぞれ「運命の袋」を背負っています。
  • 「運命の袋」には、人生で発揮できる「才能」が入っています。
  • でも、「誘惑」という不純物も必ず入っています。
  • 「誘惑」に負けて、「才能」を台無しにしないように気をつけます。
  • それには、「運命の袋」の中には不純物が混じって当然なのだと納得し、負けないようにするのがいいです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。