気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」故人を思い出してつらいときに、考えてほしいこと。

eye catching

故人を思い出してつらいときに、考えてほしいこと。

 

こんにちは!ふくカエルです。

 

 

【お伝えしたいこと】

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

 

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

 

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11アランの「幸福論」について

 

「幸福論」他については
こちらです!

思い出してしまう…

 

人はいろいろなことを思い出します。

  • 楽しかったこと
  • 悔しかったこと
  • つらかったこと

などいろいろなことを思い出します。

 

でもです。

中には思い出したくないものもあります。

 

亡き人の面影です。

 

直後などは本当につらくて、胸が張り裂けそうになります。

 

道を歩いていると、雰囲気のよく似た人や、同じ背丈の人、同じ香水をつけている人などに出会ったときには、胸をかきむしられます。

 

ふくカエル

心が痛くて、涙がどんどん出てくるねん。

 

どうして、いないの?hankachi_naku

 

こんなつらいときに、考えてほしいこととはこれ!

これです!

 

故人はみんな生きている

アラン「幸福論」より引用

思い出せば、思い出すほど

故人はみんな生きていると考える

ことです。

 

安心してください。

無理して忘れる必要はないのです。

ふくカエル

思い出せば、思い出すほど、

ふくネコ

元気やねん。

安心したらいいよ!

 

あなたが、今、故人を思い出して、

 

どうしようもなくつらい日々を送って苦しんでいるのなら、

 

ふくカエル

ちょっと次からお話することを聞いて欲しいです。

 

あのね、大丈夫。

 

あなたの大事な人は、死んでないからね。

 

思い出すことで、あなたの中にちゃんと生き続けています。

 

ふくネコ

側に寄り添っているねん。だから安心して。

ふくカエル

それもかなり近くにいると思うねん。

ふくネコ

苦しんでいるあなたが心配やから。

 

たしかに、亡き人を思い出すとひどく動揺します。

 

こんなときは、次のように考え直すことをお勧めしたいです。

思い出すことはツラいけど、

 

思い出せば思い出すほど、亡き人は自分の中で、

 

元気で生き続けてくれている!

 

と思うのです。

そうすると、素直に悲しみを受け入れて、どんどん気持ちも落ち着いてきます。

 

どんどん気持ちが落ち着いていくにしたがって、亡き人も安心していると思います。

 

ふくカエル

最初は、悲しんでいるあなたを見て、亡き人はハラハラしていると思うけど・・・

ふくネコ

安心したら、ちゃんと心の中に生きていて、居続けてくれます。

なぜ、生きていると言えるのかな?

自分達が生きているから

故人たちは死んでいない。はっきりと言えるのは、わたしたちが生きているからある。

まず、わたし達が現に生きているからです。

 

生きている限り、亡き人は生き続けます。

記憶として残っているから

 

なぜなら、わたし達の記憶に残るからです。

 

ふくカエル

ずっと残っとうねん。

 

記憶として存在するねん。body_nouha

自分の脳みそがこの世に存在する限り、故人は生きていることになるのです。

 

つまり、自分が忘れない限り、自分の中でいつまでも生き続けてくれます。

それに実感するから

故人は頭をはたらかせ、ものを言えば、行動もする。忠告したり望んだり、そうだと認めたり批判したりすることもある。

 

それにです。

 

いろいろと日々の暮らしの中で、亡き人の存在を実感するからです。

 

そして、亡き人の考えや過去の言動などが、自分の日々の暮らしにリアルに影響を及ぼします。

 

まるで生きている人のように、自分の日々の「思考や行動」に影響を及ぼしてくれるのです。

ふくカエル

ほんまにかなり影響されるときは、

ふくネコ

生きてるんとちがうか? と思うねん。

たとえば、

 

一緒に、困っている問題を考えてくれます。

 

助けてくれたりします。

肩をかしてくれるねん。figure_tasuke

アドバイスをくれたりします。

 

時には、一緒に行動してくれます。

円陣も組んでくれる!enjin_figure

期待してくれたり、勇気や後押しをしてくれます。

応援してれる!
誉めてくれる!
figure_hakusyu

GO!サインも出してくれるねん!figure_goodjob

時には、耳の痛い忠告や批判をしてくれるのです。

figure_fighting

だからこそ、実感したときにすべきことはこれ!

すべきことがある!

 

だからこそです。

 

故人を感じたときにすべき大事なことがあるのです。

 

それは、

  • ちゃんと意味を理解すること
  • 偲んで、感謝すること

です。

ちゃんと意味を理解する

 

まずは、亡き人を感じたときに、意味することは何なのかをちゃんと理解することが大事です。

 

ふっと自分の頭の中に思い浮かんだ

  • 言葉や考え方
  • 行動
  • アドバイス
  • 批判

を読み解き、意味を理解します。

 

たとえば、

  • 何かを暗示してないか?
  • 何かを気づかせようとしてるのか?
  • 意味合いがあるのか?
  • 直面している問題に当てはまることがないか?

など一生懸命に当てはめて考えてみます。

 

よくよく考えてみると、亡き人からのアドバスなどが、いろいろと生きるヒントや問題解決の突破口になったりするのです。

偲んで、感謝する

 

次に、何よりも大事なことは、亡き人を偲んで感謝することです。

  • ふっとよみがえった記憶
  • ふっと思い浮かんだアイデア
  • ふっとした言葉

などを大切にして、感謝します。

 

ありがとうね。
ほんま、今でも愛しているで。religion_keiji_manと感謝します。
これは、絶対に大事やねん。

そうすると、どうなるのかな?

みんな生きていることに気づく

 

ふっと浮かんだ亡き人との思い出や言動が意味することを、丹念に理解していくと、亡き人は、みんな自分の中で息づいて、生きていることに気づきます。

 

そして、自分が死なない限り、イキイキとして元気であることに気づきます。

ふくカエル

だから、自分は亡き人の分まで

ふくネコ

長生きしようと思えるねん。

自分の糧になる

 

また、

  • 「あんなことを言っていた!」
  • 「こんなことをアドバイスしてくれた!」
  • 「一緒に悩んでくれた!」等々が

など、ひとつひとつの「故人の言葉」が、これから先の「自分の人生」の大きな糧になってくれます。

 

エネルギードリンクみたい!drink_energy

自分を大切にすることにつながる

 

さらに、亡き人との日々を思い出し、大切にすることが、自分、自分の人生を大切にすることにつながることにも気づきます。

 

亡き人の鮮明な記憶は、自分の人生にとって大事な、心強い

  • 音声ガイド
  • 映像ガイド

となってくれます。

 

間違ったところに
行ったらアカンで!job_guide_tourちゃんとついてきてや。

ふくカエル

そして、一番近くで自分を守ってくれるねん。

ふくネコ

ほんま、心強いで

同じ本をお持ちの方へ

ちなみに・・・・

 

同じ本(アラン「幸福論」出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)をお持ちの方へ

 

 

「第3章 人生について」

「No.083 故人はみんな生きている」

になっています。

 

お持ちの本とあわせて、ご覧いただけると本当に嬉しいです。

 

ご自分のお立場で考えてみると、また違った「オリジナルな考え方」を発見できると思うのです。

 

それはもう、キラキラ光って
こういうことか!
と納得できると思います。

 

アイキャッチ画像11アランの「幸福論」について

まとめてみたkerokero

 

  • 故人は死んでいません。自分の中にイキイキと生きています。
  • 問題に直面したときに、ふっと「故人の生前の記憶」がよみがえって、解決策が浮かんだりして、助かるものです。
  • 大事なことは、ふっと思い浮かんだ「故人の言動」の指す意味を理解することです。
  • そして、ふっと思い浮かんだアイデアに、故人を忍び感謝することです。

わたしも、よく「おば達」に助けてもらっています。

 

最近になって、幼い頃に不思議で仕方がなかった「おばの行動」の意味を理解しました。

 

ふくカエル

あっ!そういうことだったんだ!

と気づきました。

 

おばは何も語らずに、天国に行ってしまいましたが、わたしの中に生き続けています。

 

日々感謝の毎日やねん。

fukukero

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。