気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」亡き人のアドバイスは貴重だよ。

eye catching

故人のアドバイスは貴重だよ

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.84 故人のアドバイスに耳をかたむける」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

故人のアドバイスに耳をかたむける

故人は、かつて自分が望んだことが、あなたの中で生きつづけることを望んでいる。

アラン先生「幸福論」より引用

真剣に考えてないのよね!

 

たいていの人は、真剣に考えていないのです。

ふくカエル

なにを?

 

自分自身のことです!

 

自分自身のことを正確に観察して、的確に考えるのは、

とてもむずかしいからです。

 

自分自身のことを正確に見ようすると、

  • あまりにも弱々しい
  • 不安や恐怖ばかりである

自分の姿が見えてきて、とてもげんなりします。

 

だから、できるだけ考えないようにしちゃうのです。

ふくネコ

それか、適当に考えちゃうねん。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

 

そやな。

自分自身のことは

一番身近にいるのに、

一番よく見えへんねん。

いつも心細くてオロオロしてたり、

不安でイライラしたり

恐怖でドキドキしてる

自分自身しか

見えへんねん。

こんなときにこそ、

耳を傾けるべき人がおるねん。

ほんとうに身近におるねん。

耳を澄ますと気づくよ。

耳を傾けるべき人物とは?

この人です!

亡き人

亡き人です。亡き人のアドバイスには耳を傾けなくちゃいけません。

でも、なぜ、亡き人なのかな?

敬虔な気持ちになれるから

religion_keiji_man

まず、亡き人からのアドバイスに対して、人は敬虔な気持ちになれるからです。

 

この人はもうこの世にはいないのだ!

 

というすでに亡くなっている事実が、人の気持ちを謙虚な気持ちにさせるのです。

 

謙虚な気持ちなれると、厳かな気持ちで素直に聞けます。

アドバイスは現実の世界でも通用するから

 

次に、たとえ亡き人からのアドバイスであっても、

 

今現実に生きているこの世界でも、リアルにちゃんと通用するからです。

ふくカエル

通用する力を持ってるねん。

私情を挟まないから

 

それに、亡き人のアドバイスには、一切私情が絡まないからです。

 

亡き人がこの世に生存していれば、

抱えたであろう、

いろいろな問題やストレスは、一切関係ないものになっているからです。

 

いろいろな憶測や問題を絡めないアドバイスは、非常に的確で妥当なものになっているはずなのです。

自分の声でもあるから

 

そして、亡き人のアドバイスには、

自分の心の底から発した、無意識である自分自身の声があるからです。

 

  • 本当の自分はどう考えているのか?

 

を知るチャンスなのです。

じゃあ、具体的にどうすればいいのかな?

注意深く耳を傾ける

 

まず、亡き人からのアドバイスかもしれないと感じた「言葉や考え」をスルーしないで、注意深く耳を傾けます。

 

素直な気持ちになって理解するようにします。

何度も考える

 

そして、何度も考えてみます。

 

次のようなことを念頭に置いて考えます。

亡き人は「私利私欲」のために、

 

アドバイスしているのではなく、

 

かつて亡き人が望んだ「夢や希望」が、

 

自分の中でも純粋に生き続けることだけ

 

望んでいるのだ。

発展させる

 

そして、アドバイスを自分の言葉として発展させます。

 

  • 今の自分に当てはまる「言葉や行動」があるのでは?
  • 今の自分にうまく作用するのでは?

と真剣に考えてみます。

そうすると、どうなるのかな?

頼りになる人物だと気づく

 

亡き人からのアドバイスに注意深く耳を傾けるようにすると、実に亡き人は頼りになる人物であることに気づきます。

ふくカエル

ほんとんど神さまからの「啓示」に近いねん。

 

生前どんなにケンカしていようが、仲たがいしていようが関係ないです。

 

亡き人の生前の「考え方や言動」が、

 

自分のこれからの人生を広げ、発展させていくことにはっと気づくのです。

 

亡き人こそ、神さまの次に「頼りになる人物」だとひしひしと感じてくるのです。

ふくカエル

ほんまにひしひしと感じるねん。

ふくネコ

でも、ありがとうと感謝しても、伝えられへんねん。

ふくカエル

これまたツライねんけどね。

まとめてみたkerokero

 

  • 自分が弱って迷ってばかりのときは、故人が生前に残した「言葉や行動」を思い出すことです。
  • そして、そのまま「アドバイス」として、謙虚に耳を傾けることです。
  • 「自分の人生」にとても役立つ「啓示」になります。
  • 神さまの次に「頼りになる人」であることに気づいてきます。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。