気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」明るい未来をつくるものとは?

eye catching

明るい未来をつくるものとは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.85 未来をつくる希望を持つ」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

未来をつくる希望を持つ

自然に生まれる未来と、人がつくる未来がある。

アラン先生「幸福論」より引用

実は、2つある未来をつくるもの

 

実はです。

未来を構成するものは、2つあるのです。

  • 一つは、自然に生まれる未来です。
  • 他方は、人がつくっていく未来です。

この2つがミックスされて、実際の未来ができています。

自然に生まれる未来とは?

ちょっと暗い未来になる

 

自然に生まれる未来とは、台風、地震、洪水などの自然がつくる未来です。

 

とくに、大きな「自然災害」は大きな爪痕を残し、いろいろな悪い影響を及ぼします。

 

なので、自然に生まれる未来は、ちょっと暗い未来になることが多いです。

台風、地震、洪水など
自然に生じるものです。arashi

なぜなら、希望が役に立たないから

tenki_boufuu

なぜなら、この自然に生れる未来は、わたし達の「希望」が全く役に立たないからです。

ふくカエル

酷いものになるとしばしば「絶望」してしまねん。

たとえば、台風や地震

 

たとえば、台風や地震です。

 

どんなに「台風や地震に来ないで!」と希望を持って、

必死に祈っても何の役にも立ちません。

 

自然の猛威の前では
誰でも無力です。pose_inoru_woman_hisshi

たしかに、台風などの「自然現象」は、

 

今では一定の範囲であれば予想できるようになりました。

 

でもです。

 

予測できたからといっても、

 

発生した台風そのものを消滅させることは未だにできないのです。

なので、冷静に理解して、耐える

 

なので、

ただただ、人は、台風が発生したことを冷静に理解し、

なるべく感情的にならないように努めて、

過ぎ去るのをじっと我慢して耐えなければならないのです。

そして、法則や規則性を見つける努力をする

 

そして、冷静に観察する中で、

未来に起こりうる「自然災害」に備えて、

何らかの「法則や規則性」を見い出そうと努力するしかないのです。

たとえば、

 

長年のデータをもとに

地震の予測をしてみようと努力したり、

 

人工衛星を打ち上げて、

より鮮明な気象情報を得ようと努力をしてるのです。

ふくカエル

あきらめて、努力するしかないねん!

つまり、まとめると・・・

 

つまりです。まとめますと・・・

 

こうして、人々は自然に生まれる未来から

  • あきらめと忍耐
  • 法則や規則性を見つける

ことによって、

ひたすら酷い現実を克服するための「生き残る知恵」を築き上げてきました。

一方で、人がつくる未来とは?

明るい未来になる!

 

人がつくる未来とは、人々の発見や発明によってつくられる未来です。

 

人がつくる未来は、明るい未来になることが多いです

なぜなら、希望が非常に役立つから

 

なぜなら、人がつくる未来は、わたし達の「希望」が非常に役立つからです。

  • きっと便利になる
  • きっと有効活用できる
  • きっといい方向へ踏み出せる

といった「希望」は、

新たな発見や素晴らしい発明を見い出し、未来の可能性が広げていくのです。

たとえば「火」

 

たとえば、有名なところで言うと「火」の発見です。

takibi

他の動物と同じように「火」をただ恐れるものとせずに、

 

「火」をコントロールし「道具」として使えることに気づいたおかげで、未来の可能性が広がってきました。

 

まず、「火」を道具にできたことで、人類は、寒い環境を克服し、激寒の地域への移動することができました。

 

対立する人間との争いを避け、絶滅せずにすんだのです。

 

また、「火」によって、さまざまな宗教や文明や発明も生み出しました。

 

そして、今現在の生活においても、「火」を「光や熱などのエネルギー」として利用しています。

 

「こうなったらいいなあ」という、古(いにしえ)の人の「希望」が、わたし達の未来をつくっています。

 

そして、さまざまな「希望」から、いろいろな発明につながっています。

 

たとえば、

蒸気機関車や船の発明!train_kikansya_kemuri

それから、
暖かいスープも作っちゃた!soup_minestrone

つまり、まとめると・・・

 

つまりです。まとめますと・・・

 

こうして、人々は人がつくる未来から

  • 新たな発見を見い出す
  • 素晴らしい発明を見い出す

ことによって、

いろいろな「変化」をもたらしてきました。

というわけで、明るい未来をつくるものとは、これ!

明るい未来をつくるには・・・

 

というわけで、わたし達の明るい未来とつくるために、

必要なものは、これなのです。

現実にくさらず、希望を持つべし!

思い通りにいかない現実に気が滅入って、元気を失うのではなく、

 

「希望」をもって、元気を出すことをお勧めしたいのです。

希望はこんな効果があるよ!

 

ちなみに、「希望」には次のような効果があります!

希望は、発想力や光を生む

 

自然に生まれる未来の前では、人類はまったく無力ですが、

 

人がつくる未来は「希望」を持ちさえすれば、人類がもつ「発想力」を発揮できる効果があります。

 

また、「希望」がもたらす変化は「希望の光」を生み続ける効果もあるのです。

ふくカエル

希望は人を勇気づけるねん。

 

果敢に攻めていけるねん!tachiagaru_man

そして、可能性を広げる!

 

そして、この「希望の光」によって、未来の可能性をどんどん広げる効果もあります。

ふくネコ

希望があると、いろんな発想を生み出せるねん。

ふくカエル

そして、人に可能性を与えて、救えるのも「希望」やねん。

じゃあ、具体的にどうすれば希望を持てるのかな?

希望を持つには、「小さな変化」や「小さな成功体験」を集める!

 

まずはです。

希望を持つには、

  • 小さな変化
  • 小さな成功体験

をとにかく集めるのが効果的です。

ふくネコ

ほんまに、これがとても効果的やと思います。

 

どんな小さな変化でも、どんなに小さな成功体験でも、こと細かく記録しておきます。

ふくカエル

変化ノートや成功体験ノートをつくるねん。

bunbougu_memo

というのは、

小さな成功が、
次の新たな「希望」を
生み出すからです。
kibou-umu-sikumi

大事なことは、小さなことでも否定しない

 

大事なことは、どんなに小さな成功でも否定しないことです。

 

小さな否定は、
次の新たな「希望」を
潰すからです。

 

小さなことでも否定しちゃうと、その時点で、人はあきらめちゃいます。

 

あきらめちゃうとその時点から、

何も新しい発明や発見は起こらなくなるのです。

ふくネコ

これは、ほんまに惜しいです。

ふくカエル

だから要注意でっせ。

そうすると、どうなるのかな?

どんどん未来が変化する

 

客観的な見方にこだわらず、「希望」を見失うことさえしなければ、人がつくる未来はどんどん変化していきます。

 

たとえばです。

人間には翼がない。

ゆえに、空を飛べるのは鳥だけだ!

 

客観的な見方にこだわってあきらめずに、

 

ひょっとしたら、飛べるじゃね?

 

とドキドキ希望を持てば、こんな風に鳥になれちゃいます!


出典:https://www.youtube.com/user/zapykrys

 

他にも、

人間にはエラがない。

ゆえに、自由自在に水中を

泳げるのは魚だけだ!

 

客観的な見方にこだわってあきらめずに、

 

ひょっとしたら、泳げるじゃね?

 

と希望にワクワクすれば、こんな風に泳げるかもしれません。


出典:https://www.youtube.com/user/GoProCamera

まとめてみたkerokero

 

  • 未来には、2つの要素があります。ひとつは、自然に生まれる未来です。
  • もうひとつは、人がつくる未来です。
  • 自然に生まれる未来は、あきらめるか冷静に観察して研究するしかありません。
  • 一方、人がつくる未来は、さまざまな変化をもたらします。
  • さまざまな変化を生み出す原動力は「希望」です。あきらめずに「希望」を見失わないようにすることです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。