気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」理想の仕事は自分で求めないと、誰も与えてくれないよ。

eye-catch

理想の仕事は自分で求めないと、誰も与えてくれないよ。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第4章 行動について」

「No.94 自ら求める」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

自ら求める

この世の中は、自ら求めようとしない人には、なにも与えてくれない。

アラン先生「幸福論」より引用

やりたい理想の仕事にありつけない!

 

やりたい理想の仕事があるのに、なかなかありつけない場合があります。

 

どうして、こうもありつけないのか悩みませんか?

 

中には、

これが自分の限界かな?shinpai_manなんて、思ってしまうことも・・・・。

 

こんなとき悩みますよね。

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

あかんで、

自分がやりたい

理想の仕事を

自分で求めないやつは

誰も何も与えてくれへんで。

欲しいなら、自分で求めなあかん!

それも粘り強く、

途中で投げ出さずに。

そうすると理想の仕事は

いつか与えてくれる

なぜ、仕事は自ら求めないとダメなのかな?

世の中はそんなに甘くないから

 

実は、世の中はそんなに甘くないからです。

 

何もアクションを起こさず、無気力な態度の人間を誰も重宝しようと思わないからです。

 

たとえ、仕事をするために重要な

  • 教養・礼儀
  • 才能

があったとしても、それだけじゃ足らないからです。

 

たとえ、仕事をするために必要なすぐれた

  • 知識
  • 判断力

あったとしても、やる気がない人間に期待してもムダだからです。

 

  • すぐに辞められたり
  • いい加減な仕事をされたり
  • いやいや仕事をされたり

されるのはたまったもんじゃないからです。

 

ふくカエル

途中で止められると元も子もないし、

ふくネコ

いい加減にやられると、たまったもんじゃないから、

ふくカエル

避けるに越したことがないねん。

と思われちゃうのです。

気づいてもらえないから

 

それにです。

自分から必死なってやりたい仕事を求めない人は、誰からも気づいてもらえないからです。

 

仕事をしたくない人間だとレッテル貼りをされ、関心を払ってもらえなくなります。

 

自分から求めて積極的にアクションを起こさないので、そこに熱量を感じられないからです。

ふくネコ

それに、熱量の少ない人より、熱量の多い人の方に気づくねん。

じゃあ、どうすればいいのかな?

粘り強く求める

 

まずは、自分がやりたい理想の仕事を粘り強く求めることです。

 

自分から「こうしたいのです!」という気迫を持つことが大事です。

ふくカエル

猛烈にアピールして、振り向いてもらうねん。

途中で投げ出さない

 

次に、どんなに困難が待ち受けようが、「仕事を求めること」を途中で投げ出さないことです。

ふくカエル

これは必須です。

 

途中で投げ出すような人間に対して、世の中はその存在をなかなか認めてくれません。

 

そのような人間には信用できないし、またこれから先を信頼しようと思わないからです。

 

だから、どんなことがあっても粘り強く途中で投げ出さないようにします。

やる気を育てる

 

また、

  • 粘り強く求める
  • 途中で投げ出さない

ためには、自分の中に「やる気を育てる」ことも大事です。

 

「やる気」は

 

仕事をするぞ!

というモチベーション維持に役立つからです。

もっと好きになる!

 

「やる気」を育てるためには、やりたい理想の仕事をもっと好きになることです。

 

好きになればなるほど、ますます熱中するからです。

 

熱中すればするほど、自分の中で熱量が継続します。

ふくネコ

熱い気持ちは簡単に消えないもんね。

 

熱い人には、世の中の関心が集まりやすくなります。

具体的には、ノートを作成する

bunbougu_note

やりたい理想の仕事をもっと好きになるためには、小さな成功体験ノートを作成するのがお勧めです。

ふくカエル

このノートは「やりがい」が育つねん!

 

  • 成功したこと
  • 達成したこと
  • ほめられこと(特に重要)

などをこと細かく書くようにします。

study_woman_normal

コツは、どんなことでもプラスのことしか書かないようにします。

  • 怒られたこと
  • 注意されたこと
  • 失敗したこと
  • がっかりしたこと

は絶対に書かないようにします。

 

ふくカエル

書き留めるのなら、別ノートにするねん。

 

徹底して自分の成功したこと達成したことほめられたことだけを忠実に書きます。

 

このようなプラスのことだけのノートは、自分の好きな気持ちをより育てます。

そして、読み返す!

 

そして、

  • あきらめたくなった
  • つまづいた
  • やる気がなくなった
  • 何が好きなのか分からなくなった

ときに、いつでも読み返します。

ふくネコ

つらくなったときに読み返すのが秘訣!

 

このノートは、やる気が失せて自分が弱気になったときに、

誰よりも、何よりも、

  • 自分を励まし
  • 失ったやる気を奮い立たせ
  • 好きな気持ちを思い出させる

といった大きなサポートをしてくれます。

ふくカエル

ほんまに、このノートは大事な存在になるねんで~~!

ふくネコ

下手したら、コンビニの栄養ドリンクよりも効果あるときあるねん。

そうすると、どうなるのかな?

本当に仕事が与えらえる

 

自分から、積極的にやりたい理想の仕事を求めるようにしていると、

 

やりたい理想の仕事がいつかは与えられます。

 

たしかに、最初は自分のやりたい理想の仕事からほど遠いかもしれませんが、

 

どんなことがあっても粘り強く、途中で投げ出さずにいれば、

 

時が経つにしたがって、自分のやりたい理想の仕事にどんどん近づいてきます。

 

ひょっとしたら、生きていくうちに、新たな別の魅力的な仕事が出てくるかもしれません。

 

そうなれば、そのときに、

自分のやりたい理想の仕事はどれなのか?

と原点に立ち戻って、

  • 本当に自分に適している仕事はどちらなのか?
  • 楽しい仕事はどちらなのか?

を判断すればいいだけのことです。はい。

 

ふくカエル

そのときは、そのときで考えるといいねん。

ふくネコ

そのときの自分は、今の自分よりも経験と知識が豊富になっているから、

ふくカエル

頼りがいがあると思うねん。

まとめてみたkerokero

 

  • 自分がやりたい仕事があるのなら、自分から積極的に求めたほうがいいです。
  • 自分から求めないと世間は誰も認めてくれませんし、何も与えてくれません。
  • 自分の才能や教養に高をくくっていてはダメです。やる気のない人間だと評価されます。
  • 途中で投げ出さず求め続けることです。
  • モチベ維持をするためには、仕事を好きになることです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。