気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」先を読む方法について。

eye-catch

先を読む方法について

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第7章 成功について」

「No.210 先を読む方法について」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

先を読む

明日の計画、さらにその先の計画を今立てておこう。

起こりうる問題点の予防策を講じておけば、かわせるかもしれない。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

 

「賢人の知恵」について
その他のテーマはこちらです!

 

前回のお話

 

STEP.1
計画を着実に練る!
アタマを うん!うん!使って計画を立ててみるよ。
STEP.2
ゆっくり急ぐぞ!
人と比べないぞ。問題をみつけたら、立ち止まるよ!
STEP.3
重要なことから始める!
能力が衰えないうちに、むずかしいことにチャレンジしてみるよ。
STEP.4
失敗を恐れない!
失敗を「成功のヒント」として有効活用してみるよ。
STEP.5
実行する!
断固決断したら、後は実行し続けるよ。

問題は「やるか」「やらないか」で「思いついた」は問題ではないのね。

STEP.6
チャンスを逃さない!
チャンスは2度と訪れてくれないことを肝に銘じるよ。
STEP.7
大きな野望を持つ!
大きな野望を持っていると、モチベが低くなったときにエネルギーチャージすることができるよ。
STEP.8
方法よりも結果にこだわる!
究極の目的は「目標を達成する」ことで、方法にこだわることじゃないのね。
STEP.9
見せかけだけじゃなく結果を出す!
結果を出す人は自慢しないの。結果を出せない人が自慢するのね。
STEP.10
未知の領域は慎重に!
未知の領域は何があるか分からないから慎重にすべき。ここで運に任せると全てを失うよ。
STEP.11
順調なときに備えておく!
順調なときにこそ逆境に備えるのが一番だよ。
STEP.12
競争は避けたほうがいい!
競争はしないほうがいいよ。競争に理想を求めてはダメだよ。エライ目にあうからね。
STEP.13
戦うのなら立派に戦うべし!
避けられない戦いに挑む場合は正々堂々と戦うこと。決して卑怯なことして勝ってはいけない。失うものが多すぎるよ。

突然ですが!

あなたは次のうちどちらのタイプですか?

  1. 2、3日分、なんなら1週間分ぐらいを「ちゃんと計画する」タイプ
  2. 計画を立てても、明日の計画ぐらいで「あまり計画しない」タイプ

ふくカエルは寝る前にちょこっとイメージして「明日を夢みる」タイプです。

うふっ!

pose_burikko

って言ったら、怒号のように野次が飛んできそうです。

お前はあほか~~~!
夢見とらんと
ブログ書け~~!namahage_aka

バル先生の言葉

 

実は、バル先生もこんな風に言っているようです。

夢見とらんと

先を読め!

計画を立てたら

その上で先を読むんだ!

成功するには

2本柱がいるんだ。

なぜ、先を読んだほうがいいのかな?

うまく避けられるから

 

まず、先を読んで危険や問題を察知できたら、うまく避けられるからです。

otoshiana

ふくカエル

落とし穴を知ってたら、当然さけるよね?

ふくネコ

わざわざ落ちる奴はいないよね?

備えがあれば不測の事態はなくなるから

 

それに、先を読めば予防策を考えることができ、

備えがあれば不測の事態そのものがなくなるからです。

hashigo_wood

ふくカエル

前もって、落とし穴があるのを知ってたら、

ふくネコ

はしごを用意していたら渡れるよね。

 

このように、

  1. 先を読んで
  2. 先手を打つ

ことを徹底できると、どんな障害があっても大丈夫になります。

じゃあ、どうすればいいのかな?

常に先を見すえること

常に先を見すえることを心がけます。

先々の計画を立てる

まず、直近の計画だけでなく先々の計画を立てるようにします。

前もって計画する?

  • 何にどれだけ時間を要するか?
  • 自分の能力では、どれだけのことができるのか?
  • どの順番ですることが効率がいいのか?

などを具体的に考えてみます。自分のやるべきことをまず自覚します。

 

どうすることが、自分にとって一番正しいのかをシミュレーションしてみます。

 

計画することに慣れてくると、次第に「先を読む」ことが楽しくなってきます。

それに、

  • 何が問題か?
  • 危険はあるのか?

が薄っすらとみえてきます。

先手を考える

 

次に、先手を考えます。

あらかじめ準備しておく回避方法や予防策のことです。

【図で書くとこんな感じです】

先手障害クリア

このように、あらかじめ「先手バネ」を仕込んでおくと、

 

いざ問題や危険が起きたとしても、そのバネで飛び越えることができます。

 

「先手」を打つことに慣れてくると「正しい道」を考えることが普通にできるようになります。

いつでもよく考える

 

また、いつでもよく考えるようにします。

 

特に何か新しいことに挑戦するときにはよく考えた方がいいです。

 

たしかにすると決めたらすぐに実行ですのが望ましいですが、

 

実行するにしてもどのように実行するのか?を熟考することは大事です。

yamanobori_couple

実行する方法やルートをよく考えるのは省略できないからです。

ひと晩かけてよく考える

 

さらに、新しいことに取りかかる前には、ひと晩よく考えてみます。

 

気がかりなことを今一度リストアップして、総点検してみます。

 

ふくカエル

今夜が最後のシンキングタイムだと思って臨みます。

先に行動を起こさない

 

気をつけることは、

 

自分の根拠のない直感やノリで先に行動して、

後から考えるようなことを絶対にしないことです。

そうすると、どうなるのかな?

夜がちゃんと安心して眠れる

 

なんと言っても、夜が安心して眠れるようになります。

 

これから先に遭遇するであろう問題や危険に対する予防ができているからです。

ふくカエル

予防策は万全!

寝ても覚めても不安だらけの毎日がなくなります。

うわ~!
こんなことに
なるなんて~~!hair_nukege_stress

というのがなくなります。

言い訳せずにすむ

 

また、言い訳ばかりを考えずにすみます。

  • どうしてそんなことをしたのか?

についての自分なりの意見もあらかじめ熟考できているからです。

 

あとはこう計画を実行していかに結果をだせるかに集中することができます。

 

ふくネコ

言い訳に費やす時間は、本当にムダです。

正しい道に進める

 

さらに、先を読むように心がけると自分にとってどの道が「正しい道」なのかが分かります。

 

分かれ道にたったときに迷うことが少なくなります。

wakaremichi_man

人生に自由が生まれる

 

そして、先を読めるようになると、

  • 問題や危険を回避できる
  • ムダな選択やムダな行動がなくなる

ので、人生に余裕が生まれます。

 

自分のおかした失敗に自分の人生を縛られることから解放されます。

 

自分の人生に自由が生まれます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

「先を読む」ことを面倒くさいと思う人です。

 

「先を読む」ことをしないので、いつの間にか「不安」や「言い訳」にがんじがらめになっています。

がんじがらめの女性

知恵のある人

 

「先を読む」ことは、人生に自由を与えてくれることにつながることを知っています。

 

「先を読んで」自分にとって「正しい道」を選択することによって、

 

「不安」や「言い訳」の束縛から解放されます。

喜び舞の殿様

まとめてみたkerokero

 

  • 先を読むことは大事です。
  • 先を読むことをしないと、不安に駆られたり、言い訳に始終したりします。
  • 先を読む方法は2つあります。「熟考すること」「常に先を見すえること」です。
  • この2つを習得することで、人生の自由を手に入れられます。

 

 

取り越し苦労?

「取り越し苦労」とバカにされこともあります。

 

でも、どうやらこの「取り越し苦労」の積み重ねが「先を読む」力になります。

 

ひょっとしたら予知能力は、先の祖先の「取り越し苦労」の積み重ねが「DNAの情報」として残っていたのかもしれません。

 

と想像たくましくロマンを広げるふくカエルです。

kaeru_seitai

と、ただのカエルが申しておりまするする。

 

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。