気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」どうしても幸せになれない人にお知らせしたいこと。

どうしても幸せになれない人にお知らせしたいこと

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.196 どうしても幸せになれない人にお知らせしたいこと」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

自分の幸せを願い、自分でつくり出す

ただ、これ以上ないほどはっきりしているわたしたちの義務は、自分から負けたと思う前に全力で戦うことである。

アラン先生「幸福論」より引用

幸せになれない?

 

どうして、あたしは幸せになれないのだろう?」って思ってませんか?

 

実はそれって、ひょっとしたら大事なことに気づていないのかもしれませんよ。

 

資格がないなんて思ってないですか?

そんなこと思っちゃダメですよ!

そもそも、人間は誰でも幸せになる権利はあります。

 

えっつ!知ってる!
それでもなれないの?耳済ます女性

う~む。
それは大変!

あっつ!ひょっとしたら、
このことに
気づいてないのかも?hirameki_woman

アラン先生の言葉

 

アラン先生はこんな風に言っているようです。

 

幸せは権利やけど

義務やねん。

権利があるから

幸せになるって

主張できるねんけど。

そんなんだけじゃ、

幸せにならへんねん。

義務があるねん。

だから

自分から幸せになる

努力せんとアカン。

権利でもあるけど

義務でもあるってところを

押さえてない人多いねん。

おじさんは、

そこんところに

気づていて欲しいねんよ。

お知らせしたいこととは、これ!

 

どうしても幸せになれない人にお知らせしたいこととは、これです!

 

幸せになるのは義務なのです!
自分で努力する義務があるのです。

ふくカエル

だから、幸せになれるので、頑張ってね。

お願いよ。涙で訴える女性

なぜ、幸せになることが義務なのかな?

不幸せ、不機嫌になることは簡単だから

 

まず、不幸せや不機嫌になることは、本当に簡単だからです。

 

ふくカエル

ほっといたら、すぐに不幸になりまっせ!

ふくネコ

あっという間に不幸人間です。

 

ただ座って「自分は今とっても不幸せだ!」と思いさえすれば、即効に「不幸な人」になります。

 

どんどん気が滅入り、眉間にはシワが深く刻まれ、どんどん憂うつになっていきます。

 

わたしも現にそうなりました。

 

本当に自他とも認める史上最強のおブスになります。

みんな、逃げていくねん!
ほんまツライねん!mukiryoku_woman

幸せになるのは難しいから

 

それに引き換え、本当にむずかしいことが幸せになることだからです。

 

「幸せになりたい!」と願うだけではなれないのです。

 

手をこまねてい待っているだけじゃダメで、ちゃんと自分のその手で自分の幸せと作り出さなくちゃダメなのです。

絶えず戦うことだから

 

そもそも、幸せになるためには、本当にいろんなことに戦わないといけません。

 

まずは、自分との戦いです。

 

幸せになりたいと願うばかりで、全然行動せずに殻に閉じこもってばかりの自分を引っ張り出します。kara_toikomoru_man

これは、自分でしなけれならない義務です。

 

幸せになるために殻を破る努力をするという義務があるのです。

kara_waru_man

それだけじゃないです。

 

殻をやぶったら、

今度は、いろいろ待ち受けている出来事に打ち勝っていかなくちゃなりません。

body_punch_hand_red

これも、自分で打ち勝っていくという義務です。

 

あるいは、人と戦うこともあるかもしれないです。

syudan_stalker

この世の中には、何らかの事情で自分の幸せを邪魔してくる人たちがうようよいるからです。

 

足を引っ張ってきたり、意地悪をしてきたりする人が必ずいます。

 

まれですが、お互いが望んでない不本意な事故もあります。

 

お互いが戦うことから逃げれない状況もでてくるのです。

克服できない障害や災難があるから

 

さらに、克服できない障害や災難に遭遇することもあるからです。

 

どうしても避けることができない「運命」です

 

どうしても避けられない「自然災害など」です。

 

これらは、誰も助けてくれない状況であることが多いです。

 

なぜなら、みんなが各々の命を自分で守らなくちゃいけない状況だからです。

 

ふくカエル

みんな自分の幸せを守るために必死なのです。

そんな時に「たすけてくれ~!」と甘えることは許されません。

 

そんな過酷な状況でも、くじけずに自分から自発的に幸せになる意志の力が必要です。

tachiagaru_man

自分で、自分を奮い立たせて、幸せに自分を向かわせる義務があるのです。

 

これは「究極の義務」です。

 

ふくネコ

自分の尊厳は自分で守るという義務です。

じゃあ、どうすれば義務を果たせるのかな?

自分から負けたと思わないこと

 

まずは、どんな状況においても「自分から負けた!」と思わないことです。

自分から白旗を
振っちゃダメだよ!pose_shirohata_man

どんな仕打ちをうけても、どんな困難に出会っても、自分から「もうダメだ!」と幸せを放棄しないことです。

 

どんなときもです。

 

ここは、弱気になる自分をぶっ潰して、一歩足を進めてください。

弱気になる自分を
まずぶっ壊す!undou_sports_family_haha_musume

その前に全力で戦うこと

 

次に、「自分から負けた!」と思う前に、自分の中の力を振り絞って戦ってください。

toubyou_punch

目の前の困難に立ち向かって戦うことは義務だと思います。

 

そして、「自分は幸せになる義務がある!から戦うのだ!」と信念を貫いてください。

 

自分は幸せになる!
邪魔する困難は許さない!figure_tatakai_kakutou

自分の幸せを願う 自分でつくり出す

 

そして、自分の幸せを願います。

 

自分の幸せを祈ることは、決してやましいことではないです。

 

まずは自分から幸せにならないと、他人を幸せにすることなんてできないからです。

 

自分は何もしないで他人の幸せを祈ることでは、確実に他人を幸せにできません。

 

それよりも、自分が幸せになって、自分の力で何かを施したほうが確実に他人を幸せにできます。

 

なので、自分がまず幸せになって、他人を幸せにできる余力をつくることは何らやましいことではないのです。

 

ここは、必死になって自分の幸せを作り出すのが正解です。

ふくカエル

まずは幸せになる行動です。

そうすると、どうなるのかな?

幸せになりたいという願望がなければ、幸せになれないことに気づく

 

幸せになることは義務であるという問題を突き詰めていくと、

 

行き着く先は、「幸せになりたい!」という願望がなければ、義務を果たすことができないことに気づきます。

 

「幸せになりたい!」と願ってこそ「幸せを作り出そう!」という気になることに気づくのです。

権利でもあるけど、義務でもあることに気づく

 

幸せになることは権利でもありますが、自分から幸せになる義務でもあることに気づきます。

 

たしかに、誰もが幸せになる権利があります。

 

だからと言って、じっとしていても永遠に天から降ってきません。

 

誰もが自分で幸せになる努力しなければならない義務があるのです。

ふくカエル

だから、一生懸命に自分で幸せになる努力をしないとダメなの

ふくネコ

権利行使だけじゃ不十分なのです。

ふくカエル

努力する義務も果たす必要があるのです。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せになることは権利でもありますが、義務でもあります。

 

とは言っても、わたしも「頼むから、幸せにしてくれ!」と願ってばかりの人間です。

 

 

幸せにしてくれ!

 

 

と、何度祈ったことか!

 

 

学生の頃、自分ではろくすっぽ勉強もしてないくせに、「どうか単位をください!」といつも願ってました。

 

 

pose_inoru_woman_hisshi

 

 

はたから見ると「そりゃアカンやろ!」のていたらくです。

 

 

「そんな都合のいい幸せなんかない」とずいぶんと揶揄されました。

 

あいつ、バカじゃね!

でもです。

 

 

ろくすっぽ努力してないのに、どうしてこうも神仏に願うわたしのような人間が多いのでしょうか?

 

 

やっぱり、幸せは神様がぽいっとくれるものだと思っちゃうからなんですよねえ。

 

神様

 

なので、自分の思い通りに幸せが舞い降りてこないと分かると、嘆いては大騒ぎするのです。

 

 

fish_fugu_haku

 

これは神様から見りゃ、

 

 

お前はあほか?

義務を果たさんやつには、
幸せなんかやらんぞ!神様

 

 

と言っていると思うのです。はい。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。