気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」人が幸せを感じる時とは?

eye catching

人が幸せを感じるときとは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.77 さまざまな可能性を考えて決断する」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

さまざまな可能性を考えて決断する

人が幸せを感じるのは、決定するときと、考えだすときだけである。

アラン先生「幸福論」より引用

幸せを感じるとき?

 

あなたが幸せを感じるときとは、どんなときですか?

  • 何を達成したとき
  • 成功したとき
  • 願いがかなったとき
  • 予想もしない幸運が舞い込んだとき

考えるといっぱいあるのですが・・・・。

 

それでもです。

見落としている「幸せなとき」があると思うのです!

思うねん。pose_happy_businessman_guts

カエル風アラン先生の言葉

 

アラン先生がいてくれたら、

こんな風に言ってくれたかもしれない!interview

と、いろいろと想像してみました。

 

そうやねん。

幸せを感じる

スペシャルなときが

あるねん。

誰でも幸せを

感じてるはずやねん。

たぶん、

幸せだと自覚できないほど

幸せなはずやで。

幸せを感じるときとは、これ!

これです!

 

人が幸せを感じるときとは、

いろいろな可能性を考えて、自分の力で

 

  • 考え出すとき
  • 決定するとき

です。

人が一番幸せを感じるときとは、あらゆる可能性を考え出して、それを決定するときであり、それらができる自分の力を実感できるときです。

なぜ、幸せを感じるのかな?

自分の力を実感できるから

 

まず、自分の力を実感できるからです。

自分の力とは、

  • さまざな可能性を考え出す思考力
  • さまざまな可能性から決定するとき決断力

を備えてる力です。

この自分の力を実感できると、とても幸せな気分になれます。

 

普段のわたし達は、当たり前のように考えたり決定していますが、

 

よくよく考えると、

  • 自由に考える力
  • 自由に決定できる力

を持つことは、「非常に大切な自由」なのです。

ふくカエル

このような自由さえ認められなかった時代もあるんです。

ふくネコ

自由に考え、自由に決断でき、自由に行動できるのは、当たり前ではないねん。

夢中になれるから

 

次に、いろいろな可能性を考えるときに、人は夢中になれるからです。

 

自分の可能性についてあれこれ考えるときは、特別に夢中になれるもんです。

自由に決断できるから

 

また、いろいろな可能性の中から、

自分が好きなものを選択でき、好きなものを決定できるからです。

 

なんでも好きなものを選べるわけですから、かなり楽しいに違いないです!

ふくネコ

めちゃめちゃ楽しいに違いないです。

 

たとえばです。

 

いろいろな「宝石」が手元にあって、

jewelry_tiara

その中から

自分が好きな宝石を、自分が好きなだけ選んでいい

と言われたようなもんです。

 

えっつ、そうなん!
なに選んでもええの?kirakira_man

そりゃ、
誰でも夢中になれるよねpoze_unazuku_man

たとえば、いろいろな「スイーツ」があって、

cake_ya_building

その中から

自分が好きなだけ、食べてもいいぞ!

と言われたようなもんです。

 

そりゃ、夢中になって、目がギラギラして、好きなケーキを食べるよね。

えっつ、
どれでも食べてもええの?kirakira_woman

じっくり味わえるから

 

さらに、じっくり味わえるからです。

 

いろいろな可能性や夢を考え出し、

実現にむかって決定する過程を

ひとつひとつじっくり味わえるのは「至福の時」です。

 

「どれにしようか!」あれこれ迷いながら選ぶ過程は、誰でもじっくりと味わいたいものです。

 

ふくカエル

ワクワクしながら選べるのは、めっさ楽しいもんね

 

たとえば、

洋服好きな人が、自分に一番似合う洋服を選ぶときに感じる、

ワクワクした気持ちをじっくり味わうのと似てます。

じゃあ、どうすればいいのかな?

さまざまな可能性を考える癖をつける

 

まず、さまざまな可能性を考える癖をつけるようにします。

 

目の前にあることがらをそのまま受け入れるのもいいですが、

 

もっと良くするにはどうすればいいのか?」などいろいろ考えてみます。

 

いろいろな可能性を考える癖がつくと、自然と「自分の可能性」についてもいろいろと考える癖がつきます。

 

あれこれ「自分の可能性」ついて考える機会が増えると、幸せを感じるときが多くなってきます。

ふくカエル

「あれもこれも出来る!」となって非常にワクワクしてくるねん。

このワクワクは、幸せの中でも「極上の幸せ」になります。

楽しい可能性だけにする

 

ふくネコ

でも、注意することがあります!

もちろん、考えることは「楽しい可能性」だけにします。

 

「苦痛になる可能性」は絶対に避けます。

 

気持ちが落ち込み、不安が増長するだけで、ちっとも楽しくならないからです。

ふくネコ

それに優柔不断になるねん。

優柔不断になると、悪ことばかりを考える「負の連鎖」に陥るので、本当に要注意です。

そうすると、どうなるのかな?

あれこれ自発的に考えるようになる

 

人が幸せを感じるのは、

さまざまな可能性を考え出し、決定するときであることがわかると、

 

あれこれと自発的に考えるようになります。

 

「自分の可能性」や「自分の発想の柔軟性」を楽しむ「極意」をつかんじゃうのです。

人生の達人になれる

 

また、人が幸せを感じるときが分かると、人生の達人になれます。

 

あらゆる「人生の選択」を決断するときに、

いろいろな可能性を考えて、

幸せを感じながら決断できる

からです。

 

普通は優柔不断になりがちな「人生の選択」の場面で、

 

幸せを感じながら決断できることは、本当はすごいことなのです。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せな決断をするには、自分の可能性をよく考えて決断することです。
  • 人は、自分のいろいろな可能性を考えているときに、大きな幸せを感じます。
  • できるだけこの幸せを味わうようにすれば、人生のあらゆる選択を楽しんで決断できるようになれます。
  • 「人生の達人」になれます。

 

人は「やるぞ~~!」と思ったときが一番幸せを感じます。

 

パワーがみなぎり、精神的にも充実してます。

 

それといろいろと自分の可能性について考えるときも一番幸せを感じるからです。

 

自分の可能性をあれこれ考えて、どの自分でいけば成功できるかを考えると興奮するからです。

 

成功者の多くの人が、いつも何かしら考えているのは、きっとこの「極意」をつかんじゃっているからだと思います。

 

だから、常日頃から自分のことを大切にして、可能性を広げるためにいろいろなことを学んでおくのが大事やと思います。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。