気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」過去や未来に縛られないようにする方法。

eye catching

過去や未来に縛られないようにする方法

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第3章 人生について」

「No.78 過去や未来に縛られないようにする方法」

過去や未来にとらわれない

過去と未来が存在するのは、人がそれについて考えるときだけ。

アラン先生「幸福論」より引用

過去や未来に縛られちゃう!

 

どうしてなんでしょうか?

 

過去の失敗にいつまでもこだわってしまいます。

挫折している男性

未来の行く末に不安が見えて仕方がなくなります。

モヤモヤ男性

過去や未来にどうしても縛られちゃっている自分がいるのです。

がんじがらめの女性

アラン先生の言葉

 

過去や未来に縛られちゃっているときに

 

そばにアラン先生がいてくれたら、こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

過去や未来に縛られているのかい。

かわいそうに。

でも、縛られていると

思うのも

イメージだぞ。

 

現実に

自分を悩ませているのは

紛れもなく、

現在だけだ。

現在だけが、有害なのだ。

過去や未来は全くの無害だ。

 

だって、

過去も未来も

存在していないからね。

 

よくよく考えると

そうなんだ。

別の視点から見てごらん。

分かってくるぞ。

なぜ、過去や未来にとらわれないほうが、いいのかな?

無害だから

 

過去や未来は自分にとって無害だからです。

 

実は、よくよく考えると無害なのです。

 

たとえば、過去は、「有害だった事実」があるだけです。

trauma_woman

それに、未来は、「有害なのかどうかはまだ分かっていない状態」なのです。

 

ひょっとしたら「順風満帆の未来」なのに、取り越し苦労しているだけかもしれないのです。

wakaremichi_man

となると、本当に自分を苦しめて有害なのは、今現在だけなのです。

baikin_genki

そもそも、実体がないから

 

また、そもそも、過去も未来も実体がないからです。

 

過去は、もう過ぎ去っているので、もう存在していないのです。

 

未来は、これから体験するもので、まだ存在していないからです。

 

このことに、「あっそうだ!」と思って過ごしている人って少ないかもしれません。

hirameki_woman

イメージにすぎないから

 

それに、過去が自分を苦しめるとか、未来が自分を不安にさせることは、すべてイメージに過ぎないからです。

 

お化けも怖いと思うと
「怖い!」のといっしょだよkowai_obake_boy

イメージすることをやめてみると、

 

実際に耐えなければならないのは、やはり、現在だけだということが浮かび上がってきます。

 

本当に、苦しくて痛いのは、今現在なのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

わざわざ作り出さない

 

過去や未来に縛られないようにするには、まず、わざわざ考えるようなことをやめます。

 

積極的に、「過去のこと」を振り返って、必要以上にわざわざ「後悔」を量産しないのがいいです。

 

こんなに「後悔」を抱えて
どうしよう?multi_syouhou_zaiko

「未来のこと」もあれこれと考えて、必要以上にわざわざ「不安」を量産しないのがいいです。

 

うわ~。
不安の「在庫」だらけだよ。multi_syouhou_zaiko

これらのことはすべて、自分のイメージが、自分を縛って苦しめているのです。

 

今現在の害だけに耐える

 

そして、今現在、目の前にある「害」だけに耐えます。

figure_fighting_pose

現実に耐えてクリアしないといけないのは、

 

目の前の「有害な問題」だけだと、シンプルに割り切るのがいいです。

 

シンプルに割り切れば、割り切るほど、解決しなければならない問題が浮かび上がってきます。

 

あとは、「解決すべき問題」のみをサクサクと解決するだけになります。

 

そうすると、どうなるのかな?

耐えるのは、現在だけだと気づく

 

そうすると、耐えなければならないのは、現在だけだ」ということに気づきます。

 

「今現在が良ければ、すべて良し」に気づくのです。

 

今現在が幸せなら、

 

過去の「苦い経験」「後悔」をジメジメ暗くイメージするのではなく、

 

「教訓」として前向きに明るくイメージできます。

figure_goodjob

今現在が充実しているのなら、

 

未来の漠然とした「不安」をモンモンとイメージするのでなく、

 

「希望」としてワクワク明るくイメージできます。

figure_ta-da

まとめてみたkerokero

 

  • 過去や未来に縛られないようにしましょう。
  • 過去や未来はイメージにすぎません。
  • 実際に耐えなければならないのは、現在だけなのです。
  • むやみやたらにイメージして過去の後悔や未来の不安を量産してはいけないのです。

 

よく過去や未来にこだわる人がいますが、ちょっともったいないです。

 

生きている自分が存在している現在が一番大切だからです。

  • 過去の苦痛
  • 未来の苦痛

を考える必要なんて本当はいりません。

 

だって、この二つの苦痛はどれも痛くないからです。どちらも存在してないからです。

 

そやから、今現在、リアルに感じている苦痛忘れることだけに専念することが大事なのです。

 

過去の苦痛も未来の苦痛も本当は痛くないねん。

 

自分が「痛み」を想像してるだけやから・・・。

 

本当に痛いのは、現在の苦痛だけやねん。

 

だから、「現在の痛み」だけに向き合って、いかに軽くできるのかを考えるのが一番いいねん。

 

みんなも考えたらあかんよ~~~~。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。