気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

嫌な感情・不安に困っているときは、〇〇管理が必要だよ!

幸福論アイキャッチ1

嫌な感情・不安に困っているときは、〇〇管理が必要だよ!

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第1章 不安と感情について」

「No.11 感情や不安は、病気の一種にすぎない 3」

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

感情や不安は、病気の一種にすぎない3

しかし実は反対である。

体内活動が感情をつのらせているのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

感情は、人生を豊かにも、地獄にもするよね

 

感情って、いろいろありますよねえ。たとえば、

  • 喜び
  • 悲しみ
  • 驚き
  • 失望
  • 怒り
  • 嫌悪
  • 恐怖 など

他にもいっぱいあります。

 

この感情ですが、うまく作用すれば「人生を豊かにする」ありがたいものになります。

happy_schoolboy

でも、悪く作用してしまうと、「人生を苦悩の地獄にする」厄介なものになるのです。

pose_zetsubou_woman

なので、嫌な感情・不安が頭をもたげると、すごく悩むのです。

 

どうやって
コントロールしたらいいねん!darui_man

カエル風アラン先生の言葉

 

こんなときにアラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!kirakira_man

 

という言葉を想像してみました。

 

うむ。そうやねん。

感情は、人生を左右するねん。

でも、実は、

これってもう一つ

「カラクリ」があるねん。

わかる??

 

ほとんどの人は

まったく気づいてへんねん。

 

これに気づけは、

感情もコントロール

できるかもしれんよ。

「カラクリ」とは、なにかな?

カラクリとは!

 

カラクリとはですね。これです!

感情に作用するもの5

実は、感情が、人生を左右することもあるのですが、その感情も【】に左右されているのです。

 

】とは、

体内活動です!

感情に作用するもの6

そして、次の場合も同じ

 

そして、これは次の場合にも同じです。

感情に作用するもの2

感情が、体内活動を左右するのですが、その感情も【】に左右されているのです。

 

そうです!

体内活動です!

感情に作用するもの7

たいがいの人は気づいてない

 

この「カラクリ」ですが、たいがいの人は気づいていません。

 

逆に、こう思っています。

1感情に作用するもの

感情は、何にも左右されていなくて、感情のみが体内活動を左右していると考えてしまっているのです。

でも、実は違うのです。

 

でも、実はこれは違うのです。

これって、

逆なのです!

逆なのです!

逆なのです!

というか、こうなのです。

感情に作用するもの4

感情は、体内活動に左右されるのです。

 

というか、本当はこうなのです。

 

というか、本当はこうなのです。

感情に作用するもの3

体内活動の良し悪しが、感情に左右して、

 

左右された感情が、さらに体内活動を左右するのです。

なので体内活動を整えると、嫌な感情をコントロールできる!

以上のことから・・・

 

以上のことから、感情を牛耳っている体内活動を整えれば、

感情を整えることができる!

ことに気づけます。

 

なので、嫌な感情もコントロールできる

 

なので、体内活動を整えれば、

 

頭をもたげる嫌な感情をコントロールできることになります。

 

これは、理性で感情をコントロールするよりも、ずっと簡単なことです。

 

このことに気づいている人って、少ないと思います。

 

何を隠そう、ふくカエルもびっくり仰天しました!

 

もう、びっくりしたよ!驚くブタ

具体的には、どうするのかな?

まずは、体内活動を良好にする

 

まずは、体内活動を良好にします。

それには、体調管理をする!

 

それには、自分の体調管理を徹底します。

理性で感情をあえこれ抑えるよりも

たとえば・・・

自分の体内活動に敏感になってみる。

 

まず、自分の体内活動に敏感になってみます。

  • 体温
  • 血圧
  • 心拍数
  • 血液
  • 排泄
  • 体重

などを自己管理してみるのがいいです。

 

今では、活動量計を自己管理できるスマートウォッチがたくさん出ているので、おすすめです。

体調管理をしてみる

 

次に、積極的に体調管理をします。

 

体内活動を意識しながらするとモチベーションが維持できます。

 

たとえば、

  • 血液はサラサラか?
  • 血圧は大丈夫か?
  • 内臓の調子はどうか?
  • 頭は冴えているか?
  • 休息・睡眠をとっているか?

などに気をつけて、体調管理してみます。

 

体調管理に集中すればするほど、余計なことを考えないようになります。

鏡で全身を見てみる!

 

さらに、鏡で全身を見てみます。

 

ふくカエル

これは、とってもお勧やねん。

 

自分の全身を映して見るのがいいです。

 

別にナルシストをお勧めしているのではないです。

  • 顔色が悪くないか?
  • 姿勢が歪んでいないか?
  • 肩や骨盤の位置は水平か?
  • 身体の軸(体幹)が整っているか?

などをチェックするのです。

 

外見を鏡にうつして、自分の目で確かめる行為って、実は体調管理にもってこいなのです。

そうすることで、どうなるのかな?

実は、理性も体調管理でコントロールできる

 

体調管理を整えることを心がけていると、

理性も体調管理によって、かなり左右されることに気づきます。

理性に作用するもの

元気なときは、サクサクと理性がはたらいて問題を解決できますが、

 

疲れているときは、どうしても理性も曖昧になり、問題解決がうまくいかないことに気づくからです。

嫌な感情・不安が除去できる

 

体調管理を徹底して、感情を整えていくと、

嫌な感情・不安を除去できていることに気づきます。

 

ふくカエル

不思議に思うくらい軽減できるねん!

体調が整っていると、ストレスに対する耐久がつくからです。

 

わたしの場合は、

 

嫌な感情になりやすいのは、嫌な出来事があるからではなく、

 

むしろ、睡眠不足からくる「理解力の低下」であることに気づきました。

pet_neko_sleep

それから積極的に睡眠をとるように心がけています。

 

しっかり睡眠をとるように心がけると、たとえ嫌な出来事が起きても、はねのける自分がいます。

 

必要以上に、嫌な感情に動揺することが少なくなってきました。

いつの間にか、不摂生もなくなる

 

そして、もうひとつ気づくことがあります。

 

それは、いつの間にか不摂生なことをしなくなることです。

 

体調管理が、日々の感情を左右することが実感できると、

 

あんな面倒くさい感情に毎日を浸食されるのが嫌になるので、

 

自然に体を整えようと意識がはたらくようになります。

まとめてみたkerokero

 

  • 嫌な感情・不安で困っているときは、体内活動を整えることです。
  • 感情は体内活動に左右されます。
  • 自分の体内活動を知って、体調管理をすることが大事になってきます。
  • 体調管理できれば、嫌な感情や不安をコントロールできます。

「あの人が嫌い!」「なんだかウツウツする」と思ってしまうのは、自分自身の体調が悪いからです。

 

体調が悪いことが、引き金になって、マイナス思考になってしまうのです。

 

健康体で体調の調子がいいときには、

 

自分の嫌いな人を「あの人が嫌い!」などと、わざわざ再確認したりしません。

 

嫌いな人のことは、全く気にならないからです。

 

調子のいいときは、嫌いな人よりも夢中になっていることがあるからです。

 

嫌いな奴のことで、
構ってられるか!genshijin_fightってなるねん!

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。