気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」上機嫌の種まき方法 その4。

上機嫌の種まき方法 その4

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.183 上機嫌の種まき方法 その4」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

上機嫌の種をまく 4

うれしそうな表情は、だれにとっても気持ちいいものである。

アラン先生「幸福論」より引用

しつこいようですが、上機嫌を種をまきます!

flower_seichou1

上機嫌の種をまくその1」では、なぜ種まきが必要なのか?

その2」では、いろいろな種まき方法のパターンについて

その3」では、種まきの効果について

それぞれお伝えしました。

今回は、上機嫌の種の真実についてお知らせします。

flower_seichou2

ふくカエル

今回がこのシリーズの最終回となります! 残念。

アラン先生の言葉

 

アラン先生はこんな風なことを言っているようです。

 

上機嫌の種まきの

奥深い真実とは

嬉しそうな表情の中にある。

どうして、嬉しそうな表情の中にあるのかな?

誰にとっても気持ちがいいから

 

他人の嬉しそうな表情は、誰にとっても気持ちいいものだからです。

 

よこしまな気持ちが起こらないのがいいです。

この野郎~~!
ぼくも嬉しくなりた~い!
pose_kuyashii_manというのは起こらないです。

 

なので、これは上機嫌の種まきの究極の方法なのです。

笑顔をそのまま受け取ればいいから

 

それに、笑顔の意味を深く考えずそのまま受け取ればいいからです。

 

余計なことを考える必要がないのがいいです。

 

はたして、
このうれしそうな表情には
意味があるのか?shinpai_manな~んて悩まずにすみます。

本人が一番うれしくなるから

 

なんと言っても、うれしそうな表情をしている当本人が一番うれしくなるからです。

 

このあたしが
一番うれしい!jump_girl

では、奥深い真実とはなにかな?

恩恵を、本人が一番受けてること

 

実は、嬉しそうな表情による恩恵を、本人が一番受けていることです。

religion_keiji_man

与えているのに、与えられているという事実が、

とても奥深い真実になるのです。

 

これが、上機嫌の種をまくことでわかる「真実」です。

 

種まきの張本人が、実は一番ご機嫌になるのです。

えっ!そうなの?nouka_hiryou_sehiはい。そうなんです。

じゃあ、奥深い真実をつかむにはどうすればいいのかな?

自分も見習ってみる

 

まず、「うれしそうな表情」を見習ってみます。

 

こんな感じやったかな?
あれ?ちょっとちゃうかな?narcissist_narushisuto

実際にしてみる

 

次に、実際に喜びに満ちた表情をしてみます。

 

ここは恥ずかしがらずにやってみます。

 

怖がらんといてな!
これでも笑顔やねん!hangan

コツは、本当に嬉しかったときを思い出すことです。はい。

そうすると、どうなるのかな?

上機嫌は必ず戻ってくる!

flower_seichou2

自分がまいた上機嫌の種は花を咲かせて、必ず自分の元に帰ってきます。

 

ついでに
チョウチョもつれてくるよ!

flower_seichou8

キレイに咲いた花をみて上機嫌になれるのです。

本当に幸せになる

 

そして、上機嫌の種は自分を本当に幸せにしてくれます。

 

これもまた真実です。

 

その場ですぐに上機嫌になることもあれば、

時間が経ってから上機嫌にもなれるのです。

まとめてみたkerokero

 

  • 上機嫌の種まきの究極の方法は、うれしそうな表情です。
  • 喜びに満ちた表情は人を気持ちよくさせますが、当本人が一番上機嫌になれます。
  • 自分が一番上機嫌になれることが上機嫌の種まきの奥深い真実なのです。

 

ふくカエルは、このような打ち震えるような上機嫌の種をバラバラとまかれてしまったのは、次の方々です。

  • 2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さん
  • 2014年の冬季ソチオリンピックでのフィギュアスケートのフリーの演技の浅田真央さん(4:10頃から)
  • 2019年の最後の引退試合のイチローさん

いろいろな笑顔なのですが、わたしの中ですくすく育ってます。

頑張ろう!って気持ちを上向きにしてくれるなのです。


ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。