気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」すぐに幸せになる方法は、これです。

すぐに幸せになる方法は、これです。

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸福について」

「No.184 幸せを願う気持ちがあれば、すぐに幸せになれる」

 

 

この記事は、あくまでもわたしの個人的な解釈に基づくものです。

中には、「これ違うんじゃないの?」という箇所もあるかと思います。

そのような場合は、温かい目でお見逃しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

もっと、きちんと
くわしく理解したいぞ~~~!musimegane_girl

という方には、下記の書籍をご覧いただけるとありがたいです。

アイキャッチ画像11アランの「幸福論」について

 

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

幸せを願う気持ちがあれば、すぐに幸せになれる

合図がどういうものかを理解したら、あなたは自ずと、こう固く決意するはずだ。「今後は悪意にみちた合図も、人の喜びをそぐようなどんな知らせも、いっさい伝えないようにしよう」と。

アラン先生「幸福論」より引用

朗報!

 

今すぐにでも幸せになりたい!pose_inoru_woman_hisshi

という方に朗報です。

これを守れば、すぐに幸せをつくり出すことができます。

カエル風アラン先生の言葉

 

アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれない!

 

と、いろいろと想像してみました。

すぐに幸せになる方法とは、これ!

これです!

 

幸せを願う気持ちを持つ

です。

おのれは、
ふざけとるんか~!
kenka_karamu_man

と言われそうですが、ほんまに真実です。

ふくカエル

だから信じてほしいねん。

 

具体的には、

  • 合図を理解すること

です。

合図を理解するとは?

合図とは?

 

合図とは、ものごとを伝えるときに、あらかじめ取り決めておいた言葉以外の共通の手段のことです。

たとえば、

 「のろし」
takibi_noroshiとか、

「スターターピストルの音」starter_manとかになります。

合図の性質とは?

 

合図には、独特な効果と影響力があります。

 

「幸福論」「上機嫌は賢い!」と思う理由について。

 

合図を受けた人の気分が変化する効果があります。

 

はっ!そうなんや!bikkuriと気づいたり、

あっ!ストライクやん!
heart_inuku_manとときめいたりします。

 

合図を受けた人がさらにその合図を広める影響力があります。

 

言葉よりも合図の方が、
意外と簡単に早く広まるねん。internet_influencer_woman

ここでの合図とは?

 

ここでの合図とは、喜びや幸せを呼び起こすときの合図になります。

 

喜びや幸せを呼び起こすために必要な言葉以外の共通の手段が、

 

笑って楽しむことpose_dance_ukareru_woman

になります。

 

ふくカエル

喜びや幸せを呼ぶ「合図」が、

ふくネコ

笑って楽しむことやねん。
「幸福論」喜びを呼び込むための「合図」とは、これです。

合図を理解したら、何に気づくのかな?

逆の意味の合図

 

喜びや幸せを呼び起こす合図が「笑って、楽しむ」ことであると理解できたら、逆の意味の合図もあることに気づきます。

 

逆の意味の合図とは、悲しみや不幸を呼ぶ合図のことです。

 

さらに具体的に言うと

  • 悪意に満ちた合図
    pose_kage_warau_man
  • 人の喜びを削ぐような合図uwasa_warui

などです。

驚愕の事実に驚く!

 

そしてです!

 

驚愕の事実があることに驚きます。

 

実は、世の中には、このようにちょっと恐ろしい合図の方が、目に付くことが多いという事実です。

じゃあ、どうしたらいいのかな?

まず、固く決意する

 

合図には

  • 喜びや幸せを呼ぶ善意に満ちた合図
  • 悲しみや不幸を呼ぶ悪意にみちた合図

があることを理解できたら、

 

次にあげる3つのことを今後一切しないことを固く決意します。

 

  1. 悪意に満ちた合図は一切伝えない
  2. 人の喜びを削ぐような知らせも一切伝えない
  3. 何でもない悲しみを大げさに言わない

 

1.悪意に満ちた合図は一切伝えない

 

悪意に満ちた合図は一切伝えないようにします。

 

悪意に満ちた合図とは、人の幸せを邪魔したり悪意を持ってつぶそうとする反応です。

 

世の中には、人の幸せに嫉妬し、邪な(よこしまな)気持ちを抱く輩がいるのです。

ふくカエル

人の幸福を潰そうとする悪意丸出しの人やねん。

ふくネコ

人をけり落としてやろうとするねん。最悪やで。

 

  • 平気で足を引っ張る
  • 人の幸せを平気で踏みにじる
  • 悪意から秘密を暴露する

など、はではでしく振舞います。

 

たいがいは、こんな顔してる。
niyakeru_takuramu_ayashii_man

このような輩は、いっぱい悪意のある邪悪な合図をいっぱい出します。

 

ですが、

 

合図に気づいたとしても、一切自分の口から伝えないようにします。

2.人の喜びをそぐような知らせも一切伝えない

 

次に、人の喜びを削ぐような知らせも一切伝えないようにします。

 

たとえ、それが真実であっても、一切自分からは伝えないようにします。

 

人の喜びを削ぐような行為はほめられるものではないし、

 

あの人、
人の不幸を喜ぶようなろくでなしやでkageguchi_uwasa

というような反応や誤解を招くような真似は、しないほうが賢明だからです。

3.なんでもない悲しみを大げさに言わない

 

最後に、本当はなんでもない自分の悲しみを大げさに言わないことです。

pose_nakineiri_man

たまに、世の中には、自分の「小さな不運」を大胆に脚色して、大げさに表現する人がいます。

 

このような人は、小さな不幸を大げさに言うことで、余計に不幸になる合図(反応)を集めることに気づいていません。

 

ふくカエル

近い未来に必ず本物の悲劇が襲ってくるねんで。

ふくネコ

不幸を舐めとったら、エライ目にあうねん

 

自分から不幸を呼び起こすような合図(反応)は封印して一切送らないほうが、賢いと思います。

その代わり、幸せの合図に敏感になる

 

antenna_memo_man

その代わりです。

 

幸せをつくり出せそうな合図(反応)には敏感になります。

  • 楽しくなる合図(反応)
  • 幸せになる合図(反応)
  • 成功する合図(反応)
  • 喜びの合図(反応)
  • 笑顔になる合図(反応)

そうすると、どうなるのかな?

直ぐに幸せになれる

 

まず、幸せを願う気持ちを持った時から直ぐに幸せになれます。

 

悪意や不幸の素になる合図を一切封印することができるからです。

 

臭いものに蓋やねん。pose_kusai_woman

自分にとってプラスに考えられる

 

次に、自分にとって何でもプラスに考えらえるようになります。

 

他人の喜びを自分の喜びとして称賛できます。

 

たとえば、身近な人が成功すると成功に水を差すのではなく、

  • これは自分にも成功が近づいている合図なのかも?
  • この合図は、自分のすぐそばに来てるぞ!きっとそうだ!
  • もっと合図を増やそう!

と興奮できます。

 

合図やんか~~~!happy_schoolboyあやかるでえ!

と素直に喜べるねん。

小さな不幸に強くなれる

 

また、小さな悲しみを大げさにすることを避けるので、小さな不幸に強くなれます。

 

たいがいの不運を無視できます。

  • これぐらいは不運じゃないよな!
  • こんなことで大きな不運を引き寄せたらエライことやん!

って思えるようになります。

 

へっちゃら!へっちゃら!pose_kiri_man無視や! 無視やで!

まとめてみたkerokero

 

  • 直ぐに幸せになれる方法は、幸せを願う気持ちを持つことです。
  • まず、幸せを願う気持ちを持つことを合図にして送ることです。
  • 次に、封印すべき合図に気づき、絶対に送らないことです。

 

ちなみに、自分にも邪悪な気持ちが起きたときには、次のように思って対処してます。

 

  • 自分は隠せてもすべてお天道様が見てる。nozokimi_man
  • 自分の悪意が、世間に悟られると自分の成功が確実に逃げる。pose_oisugaru_man
  • 自分の悪意がさらされると好きな人達が自分の元から去っていく!
    mushi_kids

真剣に考えます。

 

そうすると、自分の悪意を悟られたらマズイと思うし、出来るだけ合図を出さないようになっています。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』(出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン)によりました。