気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」もう一つの幸せに生きるコツ。

実は、もう一つの幸せに生きるコツがあります

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.185 実は、もう一つの幸せに生きるコツがあります」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

いつでも人を楽しませる

「幸せに生きるコツ」のひとつとして、「楽しませる」ことを挙げたい。

アラン先生「幸福論」より引用

幸せに生きるコツ

 

「幸福論」であるだけあって、今まで幸せに生きるコツをあーじゃこーじゃとお伝えしてきました。

ですが、ですが、

まだお伝えしていない幸せに生きるコツがあります。

アラン先生の言葉

 

アラン先生もこんな風に言っているようです。

 

おじさんなあ、

まだ言ってへんかったことが

あるねん。

幸せに生きるコツ、

実はもう一つあるねん。

誰にでもできることやねんけど、

中にはしない人もいるねん。

そんなことやってられるか~!

ってゆうて、せえへん。

でもしといた方がいいねん。

絶対自分も幸せになるからね。

もう一つの幸せに生きるコツとは、これ!

 

お知らせしていないもう一つ別の幸せに生きるコツとは、

これです!

人をいつでも楽しませること

です。

なぜ、楽しませるといいのかな?

いつでもできるから

 

人を楽しませることはいつでもできるからです。

 

と言っても、別に漫才をしなければならないわけではないです。

ふくカエル

できたらスゴイですけど!

owarai_manzai

大掛かりな準備も資金も一切いりません。

簡単にさあっくとできます。

 

たとえば

  • ニッコリ笑う
  • ほんのちょっぴり肩もみする
  • 背中をさすってあげる
  • ご機嫌になる、気の利いた言葉を言う
  • 相手が楽しくなったらOK!

 

絶対、自分に戻ってくるから

 

また、相手が楽しくなった感情は、必ず自分に戻ってくるからです。

 

現実に目の前の人が自分の言葉や身振りで楽しそうにしている様子を見ると、本当に嬉しくなります。

うそ~!
ひょっとしてウケてるやん!pose_kiri_woman

それだけでも、自分の感情もぱあっ!と明るくなります。

 

ふくカエル

これは体験すると分かります。

じゃあ、どうすればいいのかな?

できるだけいつでも楽しませること

 

まずは、できるだけ、いつでも、どこでも、

を楽しませることです。

pose_yubi_pacchin

喜んでもらえるように心を砕いてみます。

 

ほんのちょっぴりだけウケることを期待して、あとは相手が楽しくなることを想像してみます。

欺かないこと

 

もっとも、相手を欺かないことが大事です。

 

相手をだましたり、罠にかけたりするのは絶対に慎みます。

 

とくに、ドッキリを仕掛けるのはダメです。

figure_hand_batsu

たしかに仕掛ける側は愉快で楽しいですが、仕掛けられた本人は実は全然面白くないからです。

 

たいがいの人はドッキリだったと安堵して笑いはしますが、心の中では複雑です。

 

ドッキリは心臓に悪いねん!pose_dokkiri_daiseikou

ふくカエル

でも、心の底では面白くないです。

ふくネコ

ちょっぴり残念な気持ちがあるのです。

businesswoman4_cry

自分が楽しいだけで、相手が傷つくなら止めておくのがいいです。

下品にならない

 

さらに、楽しいからと言って下品にならないことです。

 

品格がない笑いは通じる人と通じない人がいます。

 

忘れてならないのは、嫌悪感を感じる人が必ずいることです。

 

これではせっかく良かれと思ってした行動でも、かえって誤解を招くことになります。

 

なので注意します。

 

「これは万人に通用するから!」とけっして傲慢にならないのがいいです。

 

笑いを理解できない奴の方が悪いんじゃ!」なんて思っちゃダメです。

 

楽しませたいと思っている目の前の人が不快感を示すなら、

 

どんな笑いでも不正解なのです。

 

ふくカエル

理解しない方が悪いなんて思うのが、傲慢なのです。はい。

ふくネコ

品格のあるなしは、その人なりをさらけ出します。

人を楽しませると、どうなるのかな?

自分が独りぼっちでないことに気づく

 

人を楽しませることに心がけていくと、自分が独りぼっちでないことに気づきます。

figure_shakehands

STEP.1
他人の存在を認める
人を楽しませることは、他人の存在を認めることになります。
STEP.2
表情が見えてくる
人が楽しんでることを実感することは、その人の表情を理解していることになります。 
STEP.3
その人が見えてくる
人の表情を理解していることは、その人がどんな人間なのかを理解していることになります。
STEP.4
独りぼっちでないことに気づく
その人の人間性をみることは、その人との交流を通じて自分が独りぼっちでないことに気づくのです。

人を楽しませることは大切なことに気づく

 

自分が幸せになるのを実感できると、人を楽しませることは大切なことに気づきます。

自然と仏頂面がなくなる

 

そうなると自然と仏頂面がなくなります。

いつもご機嫌な顔になります。

 

人を楽しませると周囲の人の表情が明るくなるので、自然と自分の表情も明るくなるからです。

愛想がよくなる

 

そして、いつも愛想が良くなります。

 

これは外見がよくなるという意味ではありません。

 

自分が自分自身に対しても愛想が良くなるのです。

 

自分で自分を不機嫌に陥れるようなことをしなくなります。

ふくカエル

わざとぶすっとするようなことはなくなります。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せに生きるもう一つのコツは、人を楽しませることです。
  • 目の前の人を楽しませると必ず自分も幸せになるのです。
  • できるだけ、いつでも、どこでも楽しませるのがコツです。
  • そうするといつでも、どこでも自分が幸せになっています。

 

ふくカエル

わたしは、お笑い大好き人間です。

生粋の関西人なのでお笑いが大好きです。

物心ついたときから、目の前に面白いおじさんがいっぱいいました。

笑いが日常生活に普通にあったので、今から思うと贅沢な環境だったなあと思います。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。