気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」幸せになりたい人は、合図をつくってみるのも一つの方法です。

幸せになりたい人は、合図をつくってみるのも一つの方法です

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.179 幸せになりたい人は、合図をつくってみるのも一つの方法です」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

笑って楽しむ

幸せだから笑うのではない。

わたしに言わせれば反対で、笑っているから幸せなのだ。

アラン先生「幸福論」より引用

ところで、なぜ合図が必要なのかな?

呼び起こすために必要だから

 

合図2

 

合図は、幸せや喜びを呼び起こすために必要だからです。

 

眠りこけて一向に目を覚ましてくれない幸せや喜びに起きてもらうためです。

ふくカエル

ホイッスルを思いっきり吹いて、たたき起こします。

お~い!わたしはこっち!
集まって~~!ouen_woman

じゃあ、合図ってなにかな?

合図はこれ!

 

合図とはこれです。

笑うこと

あじゃじゃ!
これだけのよ~~!oowarai_woman

ふくカエル

期待させてゴメンよ~~~!お尻ぶってもいいよ。

 

つっ!ごめんなさい!mother_oshiri_penpen

なぜ、笑顔が合図になるの?

なぜなら、最初のきっかけだから

 

なぜなら、笑顔は幸せになる「最初のきっかけ」だからです。

 

実は、笑顔になるから幸せになるのです。

合図1

 

突き詰めて考えると、幸せだから笑顔になるのではないのです。

笑顔になれたから幸せになったのです。

ニワトリが先か、タマゴが先か

 

こうなると、

  • 幸せが先か?
  • 笑顔が先か?

と、ニワトリが先がタマゴが先かの問題になるのですが、

  • 幸せだから、笑顔が絶えないのか?
  • 笑顔が絶えないから、幸せになるのか?

の問題については、笑顔が先です。

ハッキリいいます。

ふくカエル

と言うのはですね!

 

人が生まれて初めて笑った時、

「幸せが何たるか」をも理解できずに笑っているからです。

 

なんて言ったって、赤ちゃんだからです。

 

赤ちゃんの仕事は
笑うことですが、
深く考えずに笑ってます。akachan_nango

赤ちゃんは、何も分からずお母さんの笑顔を真似ることによって笑い始めます。

 

赤ちゃんは、幸せを理解できたから嬉しくて笑っているのではなく、

 

笑うことによって、幸せをだんだんと理解していくのです。

ねっつ!!
だから、
笑顔が幸せよりも先なの!akachan_geppu

それに、いつもしかめっつらだとダメ

 

それに、いつもしかめっつらだと幸せになれません。

 

試しに笑うことを止めて、いつもしかめっつらをしてみるとよく理解できます。

ganko_oyaji

どんどん周りから笑顔が消えていきます。

どんどん周りから人が去っていきます。

幸せはどんどん逃げていくし、

笑うことの少なくなるので、喜びがなくなってきます。

 

やっぱり合図になる「笑顔」が必要なのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

 

合図を2つ作ります。

まず、笑顔の合図をつくる

 

まずは、笑顔の合図をつくります。

 

とびっきりの笑顔を習得して、幸せや喜びを呼び起こすようにします。

合図3

次に、笑顔の素になる合図をつくる

 

次に、自分の笑顔の素になる合図をつくります。

ふくネコ

自分が思わず笑顔になる合図です。

 

この図解でいうと、合図1のことです。

合図4

 

たとえば、こんなことを合図にする!

  • これを見ると笑顔になること
  • これを聴くと笑顔になること
  • これを匂うと笑顔になること
  • これを食べると笑顔になること
  • これを触ると笑顔になること

必ず自分が笑顔になることを合図にするのがポイントです。

 

  • 恋人の写真、ペットの写真
  • 自分のテーマソング
  • 大好きな香水やアロマの匂い
  • 大好きなケーキ
  • 触ると気持ちよくなるタオル

とかです。

そして、いつも実践してみる

合図3

そして、いつでも自分が決めた「合図」を実践してみます。

さらに、笑顔以外にも当てはめてみる

 

さらに、笑顔以外にもこの合図を当てはめてみます。

 

たとえば、いろいろなことを理解して、幸せになるために、

  1. 言葉の合図
  2. 理解する合図

をつくります。

合図5

合図をつくると、不可解だった自分の気持ちが理解できたり、

ごちゃごちゃに絡んでいた考え方はスッキリ整理できます。

ずい分と幸せになれます。

 

たとえば、

いろいろなことを行動して、幸せになるために、

  1. 体験や経験の合図
  2. 行動の合図

をつくります。

合図6

楽しかった過去の体験や経験を通して行動すると、

楽しかった気持ちを再現できるので、

より一層幸せになったり、喜べたりできます。

 

たとえば、

いろいろな演奏したり、描いたり、制作して、幸せになるために、

  1. 表現方法の合図
  2. 演奏・描く・制作の合図

をつくります。

合図7

いろいろな表現方法を知った上で演奏したりすると、

自分の表現の幅が広がるので、喜びや幸せを実感できます。

そうすると、どうなるのかな?

合図を決めれば、いつでも呼び起こせる

 

自分の中で「これだ!」という合図が決まっていると、いつでも幸せや喜びを呼び起こすことができます。

力強い味方になる

 

そして、この合図が自分を今後を支える「力強い味方」になってくれます。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せや喜びを呼び起こすには、「笑顔の合図」を作ることが一番です。
  • 人は幸せだから笑うのではないのです。笑えるから幸せなのです。
  • 合図をたくさん送って幸せになりましょう。

「これは幸せを呼び起こす合図だ!」と思って笑顔になっていると、笑顔の意味が深くなっていいです。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。