気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」幸せに生活するコツとは?

eye-catch10

幸せに生活するコツとは?

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@バルタンカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第5章 人とのかかわりについて」

「No.135  幸せに生活するコツとは?」

礼儀正しさを学ぶ 6

その一方で、たしなみとは、態度と所作の調和がとれていることである。

アラン先生「幸福論」より引用

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

幸せに生活したい!

 

「なんとか、幸せな生活を送りたい!」と考えたときって、

 

具体的にどうすればいいのかに悩んでしまいませんか?

 

ふっと考えると答えが見えそうで、見えないんですよね。

darui_woman

アラン先生の言葉

 

こんなときに、アラン先生がいてくれたら、

 

こんな風に言ってくれたかもしれません。

 

幸せに生活したいのかい?

だったら、

たしなみある態度を

おろそかにしちゃ

いけないよ。

自分の態度が

幸せに生活できるかどうかの

大切な要素なんだ。

ずばり!幸せに生活するコツとは?

たしなみを持つこと

 

幸せに生活するコツとは、

 

ずばり!

 

「たしなみ」を持つことです。

ここでの「たしなみ」とは、控え味に振舞うことです。

慎むことだす。
お辞儀をする女の子

たしなみある態度とは?

こんな感じ

 

たしなみある態度とは、おどおどした態度気取った態度のほぼ中間に位置する態度です。

 

図解にするとこんな感じです。

tasinami1

「大丈夫か?」と不安がられたり、目障り・耳障りにならない程度で、

 

ほどよく態度と所作の調和がとれている態度のことです。

つまり、幸せに生活するコツとは

 

つまりです。

 

幸せに生活するコツは、「自分の周囲に荒波をたてずにいかに暮らせるか?」なのです。

 

他人からの干渉を避けたり、他人からの嫌悪感に惑わされずに生活することなのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

おどおどしない

 

まず、おどおどしないことです。

 

つい、おどおどしてしまう背景には、

  • こんなこと言ったら、みんなから疎んじられる
  • こんな行動したら、みんなから変に思われる

と過剰に意識してしまう自分がいることが多いです。

 

なのでちょっと臆病になってしまいます。

 

いつも緊張して固くなっているので、余計におかしくなってしまうのです。

 

他人は自分が思っているほど、自分に関心がないです。

ない!ない!pose_kubifuri_man

ちょっと肩の力を抜いて生活すると楽になれます。

 

大丈夫、大丈夫sun_yellow2_character

気取らない

 

次に、気取らないことです。

 

何でもかんでも仰々しくてわざとらしい態度をとらないようにします。

 

とくに、「これは常識からはずれてるんじゃないか?」と、周囲がびっくりするような態度はつつしみます。

突飛な態度はアカン!
ほんま迷惑やねん。pose_tomeru_keibiin

eye-catch 「幸福論」わざとらしい態度が失礼になる理由。

 

態度と所作の調和を保つ

 

そして、自分の態度、ふるまい身のこなしの調和を保つように、普段から心がけることが大事です。

 

つまるところ、礼儀正しく生活すると幸せな生活を送れます。

そうすると、どうなるのかな?

幸せに生活することができる

 

たしなみがある態度で生活すると、幸せに生活することができます。

 

幸せに生活しようと思ったら、たしなみある態度をおろそかにしちゃダメなのことに気づきます。

 

自分の極端な態度が原因で、

周囲に人達の気持ちを害してしまい後悔したり、

pose_nakineiri_man

深く傷つけて猛烈に反省することが少なくなるからです。

pose_zetsubou_man

人間関係を調整するものに気づく

 

そして、人間関係を調整するものこそ、「礼儀正しくふるまう」ことであることに気づきます。

 

礼儀正しくしとったら、
人間関係に苦しまんですむよ。omoi_man_ningen_kankei

人間関係で苦しむことが少なくなることは、確かです。

わたしも実感してます。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せに生活するコツは、たしなみを持つことです。
  • たしなみは、態度と所作の調和がとれていることです。
  • 周囲の気持ちも害したり、傷つけたりしないことです。
  • つまるところ人間関係を調整するものは「礼儀正しさ」であることに行きつきます。

幸せな生活を送りたいと考えたとき、

どうしても自分の環境にばかりに目を向けてしまいがちです。

でも、幸せな生活を送るために真剣に考えたいときは、

自分の中身に目を向けてみると、

意外に早く「幸せに生きるコツ」がつかめるかもしれないです。

 

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。