気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」幸せの秘訣はこれです!

幸せの秘訣はこれです!

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せについて」

「No.189 幸せの秘訣はこれです!」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

何度でも克服する

几帳面にやること、そして何度でも克服すること。

それがおそらく幸せの秘訣だろう。

アラン先生「幸福論」より引用

こんなことない?

 

こんなことないですか?

あれすると面白そう!kirakira_manと思っても

 

でもなあ、
ちょっと面倒くさい!pose_kubifuri_man

なんて避けてしまうことです。

実はこれ、とってももったいないことなんです。

 

幸せの秘訣を試さずにドブに捨ててます。

ふくカエル

捨ててますよ!

アラン先生の言葉

 

アラン先生はこんな風に言っているようです。

遠くから

眺めるだけなのは、

ほんとうに

もったいないねん。

実際に中に入ってみな

アカンねん。

 

中にはいってみて

はじめて

幸せが見えてくるねん。

幸せの秘訣は、これ!

 

未だ他人に知られていない

とっておきの幸せになる方法は、ずばりこれです!

何度でも克服する!

ところで、なぜ何度でも克服しないとダメなのかな?

知識は眺めていても面白くないから

知識は遠くからみていてもおもしろくない。その中に入り込まなくてはいけない。

 

なぜなら、知識というものは、

遠くから眺めているだけでは全然面白くないからです。

 

知識は、その中に自分から入り込んで、はじめて面白くなります。

 

たとえば、遊園地のアトラクションを遠くから眺めて「おもしろそう~~!」と思うのと、

pose_kiri_woman

実際に乗って「ぎゃ~~~!」と叫ぶのとでは全然違うからです。

rollercoaster

お料理もそうです。

遠くから見ていると「なんだかむずかしそう?」なんて思うのと、

nozokimi_man

実際に習ってみて「これは、これは面白すぎる!!」なんて思うのとでは全然違うのです。

料理して、
食べるなんて極楽じゃん!manpuku_syokugo_woman

最初は制約があるから

 

また、最初はどんなものでも制約があるからです。

 

お料理の場合も、

初心者はむずかしいことはさせてもらえないです。

 

初心者マークをつけられます。car_syoshinsya_mark

揚げ物をするときは「危ないからそばで見ててね!」なんて言われるもんです。cooking_ageru_korokke

何度もチャレンジして克服することでコロッケをうまく揚げられるようになるのです。

困難はつきものだから

 

さらに、最初はある程度の困難はつきものだからです。

 

お料理の場合も、

包丁の扱い方は慣れないと怖いもんです。

 

かつらむきなんておっそろしいくらい怖いです。

 

なので何度でもチャレンジして技を習得しないとダメなのです。

かつらむきは
これです。

でも、どうして何度でも克服すると幸せになれるのかな?

最高の幸せを引き出すきっかけになるから

 

何度でも克服することによって、最高の幸せを引き出すきっかけになるからです。

  1. 仲間をつくれる
  2. 知識を分かち合える
  3. 一緒に楽しめる

1.仲間をつくることができる

 

まず、仲間をつくることができます。

 

何度でも克服してきたという経験が、

 

同じような経験をしてきた他の人たちと結びつく共通のアイテムになるからです。

 

この結びつきは深いものになるので、喜びと感動をもたらします。

あなたも
かつらむき練習したの?
指ケガしたでしょう?
分かるわ~~!kega_yakedo_manう~ん、でもそれは火傷ねっ!

知識を分かち合える

 

次に、克服した知識や経験を仲間たちと分かち合えることができます。

 

共通の話題は人と人を一番強く結びつけ興奮させます。

 

ふくカエル

共通の話題ほど親近感がわくからです。

実はこのときの興奮は、大きな喜びと幸せに直結します。

 

このことは他の場面でもあります。

 

たとえば初対面のときです。

 

お互いはじめて同士がお互いの共通点を見つけたときに、

 

興奮して大きく肩を叩きあってて喜ぶ光景は本当に良く見られます。友達

 

たとえば、

  • 同郷だったり、
  • 同じ苗字だったり
  • 同じ病気だったり
  • 同じことで悩んでいたり
  • 同じ経験や体験をしたり

 

分かち合える情報があると人は興奮して喜ぶのです。

 

いくら初対面でも、

えっつ!同じ料理教室!
偶然!
どの先生だったの?

ってすぐに打ち解けて、話題が盛り上がります。

じゃあ、どうすればいいのかな?

まず、知識を克服する

 

まず、知識を自分のものにするために克服します。

それには次の二つが必要です。

  1. 几帳面にやる
  2. 何度もする

1.几帳面にやる

 

とにかく几帳面にやってみます。

 

お料理なら、目分量じゃなくてきちんと調味料を量ってやります。

cooking_hakari

2.何度でもやる

 

何度でもやります。コツを覚えるまで何度でもやります。

 

家族がうんざりしても同じ料理を作り続けます。

次に、知識を分かち合う

 

次に、克服して身につけた知識を他の人たちと分かち合います。

そして、実践する

 

そして、一緒に実践します。一緒に作業し楽しみます。

 

一緒にお料理するのがベストです。

そうすると、どうなるのかな?

幸せが絶頂に達する

 

  1. 几帳面にチャレンジ
  2. 何度でもチャレンジ
  3. 知識を克服する
  4. 他の人と情報を分かち合う
  5. 他の人と一緒に楽しむ

すると幸せが絶頂に達します。

周期

これは、お料理も同じですが、

 

団体競技などのスポーツをすると絶頂を体感できます。

 

明けても暮れも練習して技を克服してきたチームメイトが一丸となって試合を戦い、

 

勝利したときのあの瞬間の喜びや興奮した瞬間が、

sports_soccer_hiza_sliding

まさしく幸せが絶頂に達した瞬間だと思います。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せの秘訣は、知識を何度でもチャレンジして克服することです。
  • 克服した知識を他人と分かち合い、実践すると幸せは絶頂に達します。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。