気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「幸福論」幸せになると誓うこと。

「幸福論」幸せになると誓うこと

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(Twitterアカウント:ふくカエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

アラン先生の「幸福論」を勉強しています。

今回の勉強のテーマは、

「第7章 幸せついて」

「No.200 幸せになると誓うこと」

 

「幸福論」について
その他のテーマはこちらです!

 

幸せになると誓う

悲しくなるような考えは、すべて間違った考えである」と思いなさい。

アラン先生「幸福論」より引用

幸せになるには?

 

実は、今回で「アラン先生の幸福論」が最後のテーマになります。

 

幸せになるいろいろな方法を今まで学んできたのですが、今回が最後になると思うとちょっと寂しいです。

 

最後のテーマは「幸せになるためには、幸せになると誓うこと!」です。

アラン先生の言葉

 

アラン先生は、こんな風に言っているようです。

 

あなた、幸せになりたいのね。

だったら、誓いなさい!

神さまでも自分自身でもいいわ。

とにかく絶対に幸せになります!

必ず実行します!

と固く約束するのね。

これぐらいの強い意志を

持った方がいいわよ。

そうすれば、

自分で幸せを作り出るし、

幸せになるわよ。

なぜ、幸せになると誓ったほうがいいのかな?

すぐに不幸せになろうとするから

 

まず、人は何もしないでいるとすぐに不幸せになろうとする傾向があるからです。

ふくカエル

何かあると、すぐに凹んじゃうのよね。

ふくネコ

すぐに不安になっちゃうよね。

ちょっとした不具合でも「これは良からぬ前兆に違いない!」と考え込んでしまいます。

 

ちょっと体の調子が悪いだけなのに「これは大きな病気に違いない!」と落ち込んでしまいます。

 

とにかく、人は不幸せを当然のようにつくり出す特徴があるとても不安定な生き物なのです。

 

これは、自分がいずれ死ぬという逃れようもないを「運命」をあらかじめ知っていることに起因しているような気がします。

たとえば、退屈

 

たとえば、退屈です。

 

人はすぐ退屈してしまいます。

 

もちろん、最初は無我夢中ですが、時間がたつと次第に飽きちゃうのです。

ふくカエル

持続性がないのです。

たとえば、
集中力が継続できません。
すぐに寝ちゃうのです!pose_inemuri_woman

壁にぶち当たったところで、

 

もう一度自分を奮い立たせて、仕切り直して前向きに行動すれば、新たな楽しさを見い出せるのですが、

tachiagaru_man

どうもそうならないのです。

ふくカエル

経験ないですか?

ふくネコ

新学期に、新しい教科書にワクワクするけど、

ふくカエル

でも、教科書の半ばになるともう嫌になっちゃったこと。

 

もう少し頑張って勉強すれば、理解も深まって面白くなるのに、

 

難しくなるとすぐに退屈して嘆いちゃうのです。

 

ちょっと視点を変えてみたら、とても幸せになれることでも

そうしようと思わずに、

「退屈だ~!」
「何もすることがない!」manner_tsuba

と文句を言ってしまうのです。

習慣を直すには強い意志がいるから

 

それにです。

 

いったん身についた習慣を直すには、強い意志がいるからです。

 

何でもかんでもすぐに飽きてしまい、退屈する思考パターンは習慣化されてしまっています。

 

ふくカエル

自分の中に根強く組み込まれてしまってます。

 

一旦、習慣化されたものを取り除くには、本当に強い意志と努力がいるのです。

なので、誓いが必要になる!

 

なので、「誓い」が必要になるのです!

 

「誓う」ことによって、自分から強い意志と努力を引き出せるからです。

 

ふくネコ

自分の「誓い!」を全うするには、強い意志と努力がいるからです。

 

そうすれば、すぐ不幸せになろうとする思考パターンを取り除き断ち切ることができます。

誓いとは?

 

「誓い」は、あることを成し遂げようとする固い決心や約束のことです。

 

願掛けともいいます。

 

願掛けは、最後の最後まで努力して達成しないと神様に怒られちゃうというやつです。

 

「誓い」は、ちまたで取り交わす約束よりも、もっと強い意志と努力がいる決心や約束のことです。

 

ふくカエル

願掛けして、頑張らないとバチ当たると思うと、

ふくネコ

ちゃんとしようと思うよね。

おう!何が何でも
幸せになってやる!

じゃあ、誓うとは、どうすればいいのかな?

必ず守ると固く約束する

 

まずは、次のことを必ず守ると固く約束します。

自分は、何がなんでも幸せになる努力は惜しまないぞ!

と誓うのです。

 

ふくネコ

なんなら、怠けたら天罰が下ってもいいぞ!くらいの気持ちで誓います!

 

バカらしく思えるかもしれませんが、「誓い」をするのとしないのとでは大きく違います。

 

お正月の誓う「今年一年の抱負」ぐらい自分に縛りがかかります。

 

あっつ!誓ったから、
ここで逃げずに頑張ろう!pose_ganbarou_man

もう一丁頑張ろう!business_plus_manと思えちゃう!

いつも絶えずどこかで自分の中に、

幸せになる努力は惜しまない!」という意識が浮上しているのであきらめないようになります。

悲観はすべて間違った考えだと思う!

 

次に、悲しくなるような思考は、すべて間違った思考だ!と考えます。

 

たとえば、ちょっとだけ自分の思い通りにならなかっただけなのに、

 

大げさにとらえて「ツイてない!」と悲しむことは間違った考えだと思うのです。

 

そんな悲観思考はお断りじゃ!okotowari_shimasu_man

人間は、上手くいっていないときほど、

自分が出来ていないところばかりに目がいく

生き物なんだ!

と悟ります。

信念を持って行動する

 

そして、代わりに「自分は、幸せになれる人間だ!」と信念を持って行動します。

pose_kiri_man

たしかに信念を持ってだけでは、幸せにならないかもしれません。

 

でもです。

 

「自分は、幸せなれる人間だ!」という強い信念を持った上で、努力なり行動なりしたほうが、

 

「現状維持よりも、明確に幸せになる!」と分かるのであれば、

 

信念を持って努力した方がいいです。

そうすると、どうなるのかな?

困難を楽観することができる

 

「幸せになる努力は惜しまない!」と誓うことで、目の前にある困難を楽観することができます。

 

ふくカエル

楽観と言っても、パッパラパ~になるのではありません!

youkai_nopperabou_kozou

幸せになるために、目の前の困難を深刻にとらえても、悲観しなくなるのです。

 

ふくネコ

悲観すればするほど、どんどん現状脱却の努力の仕方を間違えちゃうよね。

自分の悪いところばかり、失敗したところばかりに目を向けるのではなくて、

 

自分の良いところや、達成したところ、成果のあったところに目を向けられるようになるのです。

 

まずは、どんなことも

  • 小さいけど成果があるぞ!
  • 自分の実力を試す機会なんだ!
  • 乗り越えない壁はないんだ!
  • 自分の嘆き悲しみが自分の壁を高くしているんだ!
  • どこかに活路があるはずだ!
  • 絶対に幸せを誓ったんだから、くじけないぞ!
  • 発想転換できるところを探すぞ!

pose_arasagashi

と楽観してみます。

まとめてみたkerokero

 

  • 幸せになるには「幸せになる!」と誓うことです。
  • 深く根差した悲観する思考パターンの習慣を排除するには、必ず幸せになると固く約束することが必要です。
  • これぐらい強い意志がないと一旦習慣化されたものを直すことができないからです。

今回で、アラン先生の「幸福論200テーマ」すべてが終了することになりました。

 

パチパチパチhakusyu

今まで読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

 

感謝しても感謝しきれません。涙がでそうです。

涙で訴える女性

これからの生活の中で、いろいろなことに触れる中で、

 

 

さらに、お伝えしたいことができたら加筆していこうと思います。

 

 

これからも、どうぞ仲良くしてください。

ふくネコ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、アラン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『幸福論』によりました。