気持ちが落ち着けばいい暮らしができそう。知恵があるとうまく生きれそう。

「賢人の知恵」友情を大切に育てること

賢人の知恵アイキャッチ1

友情を大切に育てること

ふくカエル

こんにちは!ふくカエルです(ふくカエル@知恵カエル)。

ご訪問いただきましてありがとうございます!

「第1章 人とのかかわりあいについて」

「No.31 友情を大切に育てること」

についてです。

教科書は、バルタザール・グラシアン先生(これからは、バル先生と呼びますね)「賢人の知恵」です。

よろしくお付き合いのほどお願いします。

バルタザール・グラシアン先生の「賢人の知恵」

全240テーマを自分になりに味わおうと試みています。

時々理解することに苦しんでいる時もありますが、

どうか笑ってお見逃しくだされば、幸いです。

 

友情を育む

友は自分の一部であり、分身である。

友人同士、積極的に知恵を分かちあおう。

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」より引用

友情ってなに?

友情ってなに?

なんです。Wikipediaで調べてみました。

Wikipediaの友情とは?
共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。

友達同士の間に生まれる情愛。

しかし、それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。【出典】Wikipedia

だそうです。

 

友情といえば「走れメロス」を思い出しちゃいます。

 

友情って、はかないもんです。永遠に続く「友情」はあるのかどうかが分かりません。

 

学生のときの大親友だった人が、社会人になったり、家庭を持ったりすると、だんだんと疎遠になる現象が出てきます。

 

それぞれ大切なものが増えてくるので仕方がないです。

 

でも、「友情」を本当に突き詰めて考えると、悩ましい問題なのです。

 

バル先生の言葉

 

「友情」について悩んでいるときに、

 

もしも、バル先生がそばにいてくれたら、こんなことを言ってくれたんじゃないのかなあと思います。

 

友情ははかないもんだ。

それでも

あきらめるな。

友情を大切に生きたほうがいい。

人生を豊かにするからだ。

なぜ、友情を大切にしたほうが、いいのかな?

自分の分身だから

 

友人は自分の分身だからです。

 

お互いの知識や経験を分かちあえるからです。

 

互いの知らない知識や経験を取り入れ、切磋琢磨して向上することができます。

 

なので、友情を大切にしたほうがいいのです。

 

切磋琢磨(せっさたくま)
学問をし、徳を修めるために、努力に努力を重ねること。

また、友人同志で励まし合い、競い合って、互いに向上することをいいます。

【出典】コトバンク

よき人だと認めてもらうため

 

「よき人」だと世間から認めてもらうためです。

 

実は、本人が「よき人」であることをどんなに自認していても、世間が認めなければ「よき人」ではないのです。

 

「よき人」とは、世間から望まれてはじめてなれるものです。

 

世間から「よき人」と望まれるためには、世間の人達と良好な友情関係を築いておいたほうがいいのです。

group_people

敵よりも味方だから

 

生きていく上では、敵を多くするよりも、味方を多くしたほうがいいいからです。

 

人はひとりでは生きていけません。

 

少なくとも「生まれたとき」と「死ぬとき」は人の手を借りなくてはいけません。

 

なので、なんらかの形で他人と助け合って生きていかなければならないのです。

 

そうであれば、敵よりも味方に囲まれて生きたほうが、人生を生きやすくなります。

 

味方を増やすためにも、友情を大切にすることが必要になってくるのです。

じゃあ、どうすればいいのかな?

友情の種をまいて、育(はぐく)む

 

友情の種をまいて、友情を育むのがいいです。

 

友情の種をまくとは、「友人になってください」と伝えることです。

 

でも、これは非常に照れ臭いので気後れしてしまいます。

 

なので、ここは「愛想よくする」のがいいです。

 

誰に対しても「敵対心」は持っていないことを表現してみるのです。

 

そうして、友情の種をまいて、友情の芽吹いて、友情の花を咲かせてみるのです。

友情の咲いた花を見て、また、人が集まってくるかもしれません。

「友人の選び方」についてはこちらです。

賢人の知恵アイキャッチ1 「賢人の知恵」友達の選び方はこれ!

そうすると、どうなるのかな?

新しい友が増えてくる

 

新しい友達が増えてきます。

 

友達が友達を連れてきます。

friends_woman

友達が増えるしたがって、自分の人生が豊かになってきます。

 

いろいろな友達の知識や経験や知恵を共有できるので、世界が広がってきます。

 

人生を有意義に過ごせる術を手にいれることができます。

知恵のない人、知恵のある人の違い

知恵のない人

 

友情の育む必要性に目覚めていません。

 

知恵のある人

 

友情の育むことが、どれほど人生を左右することになるかに気づいています。

まとめてみたkerokero

  • 友人は、自分の一部であり、分身です。積極的に知恵を分かち合う関係です。
  • 人の評価は、他人の評価に支配されてしまう面があります。
  • 他人の評価を良くするためには、良い友人に周りにいてもらうことです。
  • 良い友人を見つけるには、出会う機会をたくさんみつけ、ゆっくりと長い時間をかけて友情を大切に育てることです。

【お知らせ】

バルタザール・グラシアン先生「賢人の知恵」に出てくる言葉の厳選を試みてみました!

ご興味のある方は、こちらへどうぞ!

「賢人の知恵」

言葉厳選集
ふくネコ

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

またのお越しをお待ちしております。

ふくカエルでした。

なお、バルタザール・グラシアン先生の引用文は、齋藤慎子さん訳『賢人の知恵』によりました。